ラン・オールナイト


こんばんは 
店長KYOKOの、映画に浸かったカフェブログっす!

大人の知りあわねいばーず」、
今回は申込者多数!
女子の枠10名は締めきりました♪すごい♪

BSであった「ランボー」の録画を
流しながら 
今日見てきた「ラン・オールナイト」の画像を
楽しく検索しました♪

ヒャー スタちゃん、かっこいい!!

さて。(ここくらいでスタネタをやめないと止まらなくなる・・・(笑))
今日、行ってきましたよ!!
リーアム・ニーソンの「ラン・オールナイト」♪

面白かった!!
96時間リベンジ」(2作目)、
96時間レクイエム」(3作目)より、
面白かった!

リーアム・ニーソン
今回は濡れないので 最後までかっこいいままでした!(笑)
(おじさんを濡らすべからず記事参照

舞台はニューヨーク
店長KYOKOは字幕を追いながら
次にアメリカ行ったときに ロケ地に行くぞ!視線で見ているので
映画中は真剣!(笑)
どうも、エド・ハリスのアジトは、
治安が悪い場所・・・。うーむ。

殺し屋で暗躍してきたジミーリーアム・ニーソン)。
実の息子のマイクとは長い間 
絶縁状態だった。
マイクは ある殺しの現場を
偶然目撃し、口封じのため、追われる立場になってしまう
息子マイクが襲われたため、
ジミーは その犯人を射殺・・・
その犯人とは、長年の友であり、ニューヨークを牛耳ってるマフィアのボス、
ショーンエド・ハリス)の息子のダニーだった。

ダニー(左)は、肝心な時はいつも親に頼ってばかりのバカ息子。
 ショーンエド・ハリス(右))は
 そんな息子に手を焼いていたが・・・。

切れ者マフィアの二代目がバカ息子って設定は
よくある話。
HONDAの創始者本田宗一郎や、
ソフトバンクの孫さん
息子いるのに 継がせない決断ってなかなか出来ないよね!
(これはバカ息子と言ってるわけじゃありませんよ、念のため・・・(笑))

バカ息子であっても
殺されたら 相手が長年の友だろうが話は変わる。

ショーンエド・ハリス)は
マフィアの総力をあげて
ジミーマイクの行方を追う。
その組織にたっぷりお金をもらってる汚職警官も
彼らを追う。

ヒャー!!カーチェイスも迫力!!

お正月にあった「96時間レクイエム」も、
警察と組織の両方に追われるという設定だったけど、
こっちの方が「汚職警官」だから、
よけいに面白い♪
マイク(ジミーの息子)なんか 何もしてないのに
警察にも通報できないし、
大変!!

誰も信じられない」っていう設定がいい♪
(変わった人なのよ、KYOKOさんは・・・(笑))

中学時代や会社時代に
そういう経験が豊富なので(笑)
ランボー魂がうずくのよね♪(アホ)

交渉人」や「16ブロック」とかオススメ♪

嫌でも頼るしかないのは、
長年嫌ってきた父親しかいない。

逃げていく間に
長年の親子のわだかまりが少しずつ
溶けていく見せ方がうまい♪

はーこういう腐った組織ものって大好き♪(アホ)
今まで見てきた映画にいっぱいあった、
自分たちが悪いくせに
逮捕するんじゃなくて
事故に見せかけて 犯人に仕立て上げて殺そうとする・・・。

正義はどこにあるんだーーーっ
ランボー」も見たからWでテンションあがっております♪

アンノウン」「フライトゲーム」の監督なので
リーアム・ニーソンをかっこよく見せるのが
超上手い♪

96時間レクイエム」では、
ちょっと疲れすぎてて?
あんまりかっこよく撮られてなかったけど、
この映画は、服のチョイスもいいし、
リーアムが最後までかっこいい!!!

くわえタバコで撃つ!!かっこえーっ

息子のマイクが、運転手のバイトをやってるんだけど、
頭が坊主な上に黒いネクタイ、スーツなので
なんだか「トランスポーター」のステイサムっぽくて
つい、ウキウキ♪

リーアムは、最近 娘に弱いお父さんが定着してたから、
息子との確執が新鮮でいい♪(笑)

嬉しかったのは、ハリウッドアクション映画でよくある、
せっかく持ってた武器をお互い捨てて 
素手で戦うクサイシーンがなかったこと♪(笑)

もう、あれ、スタちゃん以外はやめてほしいわあ(勝手なご意見

最近のアクション映画に言いたいのは
お願いだから 悪人は悪人らしく
最後まで冷酷でいてくれ~
80年代の不良じゃないんだから(笑)
卑怯でいいんです!
それが悪人なんだから!

リーアムエドが話す、このレストランに行きたいな!!
観察してたら、マジソンスクエアガーデンの向かい側だな!よし!記憶!(アホ)

知り合いのおっさん役で
変わり果てたニック・ノルティが出てた!!↓(驚)

74歳なんだあ!

エド・ハリスは リーアム・ニーソンのたった二歳上なんだけど、
そうは見えないよね。
エドスタちゃんより年下なのよ~
髪のせいだけじゃなく、
やっぱりアクションやってるといつまでも若いのかも♪ふふふ
リーアムよ、ちゃんと劇場に観に行くから
いつまでも がんばってくれ!

いつもいい人を演じているので
映画中も忘れそうになるけど、今回は政府に雇われた暗殺者じゃなくて
闇の組織の暗殺者という設定がちゃんと生きてて
それも楽しめた映画でしたよん♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 @「ラン・オールナイト」(2014 米)

  ジミー・・・・・・・リーアム・ニーソン

  ショーン・・・・・・エド・ハリス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー