ハリー・ポッター不死鳥のネイバーズ(映画の会ハリーポッター特集②)

こんばんは
スタッフ研修の夜のネイバーズカフェです♪

パソコンが「N」を強くうたないと
いけなくなって すらすらと
文章をうてないのが むっときます・・
・・意外にN打つの多い(ネイバーズもNからだし)

さて 今回の表紙は、
英国が誇る俳優、アラン・リックマン演じる
セブルス・スネイプ先生です♪

↑アラン・リックマン。

ほんと、最初から最後までいい人なのか
悪役なのか わからない謎の人物でした♪

映画の会で出た ネタでは、
作者のJ・Kローリングは、
物語の結末を誰にも 話してなかったし、
誰にも話すつもりもなかったけれど、

スネイプ役のアラン・リックマンだけには
教えたとのこと!!

「最後にいい人なのか 悪い人なのかわかっていないと
微妙な演技ができにくい」と
彼女にアランが言ったらしい

そんな 裏話も飛び交う、『隣人 映画の会』。
素晴らしい!!!!!

↑「ハリー・ポッター 死の秘宝パート1」

ハリーたちもこんなに
大きくなりました!!!

こんなにかわいかったのに・・・。

意外にハリーは背が伸びなかったし
ロンは、でかいけど、ちょっとずんぐり・・・・・。

ハーマイオニーだけが 小さいころの予想を
裏切らず、カワイイままだし、スタイルいいし、
頭もよく成長!!!
(ハーマイオニー役のエマ・ワトソンは
アメリカの名だたるアイビー大学に何校も
受かったらしい)

↑ 3人で分霊箱(魂を分割した箱)を探す旅に
出た時だったかな???
濡れたセーターをハリーとロンが脱ぐシーンがあって、
あれは 絶対、なくて よかった!!!(笑)

あんなにかわいかったハリーの胸毛やへそ毛なんか
見たくないし、(アホ)
ロンの若者らしからぬ、ダラけたボディも見たくなかった!!!(アホ)

↑ 闇の魔法使いヴォルデモート。(レイフ・ファインズ)

「ハリー・ポッター 謎のプリンス」で、
ヴォルデモートの幼少期を
ダンブルドアとハリーが探るというストーリーがあって、

ヴォルデモートがまだ闇の魔術師になる前が
トム・リドルという少年だった

↑ トム・リドル

そのトム・リドルを演じたのが、
ヴォルデモート役の
レイフ・ファインズの実の甥っ子なのだ♪

007同様、「ハリー・ポッター」シリーズも
全員、イギリスの俳優陣を使ってるのが
見どころでもあるよね♪

↑今や 彼らは億万長者!!ハリウッドのチャイニーズシアターの
手形を取って 大スターの仲間入り♪

ハリー・ポッターが始まったころ、
わたしの映画好きの後輩が、
イギリス土産にもらった「ハリー・ポッターキャンディ」だったかな???

「ハリー・ポッター 賢者の石」で、
ホグワーツ行きの電車の中で
売ってるお菓子♪

あれを二人で食べて 吐きそうだった・・(笑)

どの味もイヤだから 確か二人で
じゃんけんかなんかして 順番決めて
選んだような・・。

私は「鼻くそ味」で、後輩は「耳あか味」。(逆かも・・忘れた)
あとは、ゲロ味とか う○こ味とかあったような・・・(笑)

あまりにも耐えられなくて
全部はとても 食べれなかった(笑)

そんな楽しい思い出も いっぱい詰まってる
「ハリー・ポッター」シリーズ。

まだ 未見の人は、ぜひ、見てくださいねん♪
心温まって
明日からの元気がわき出る映画です・・・・!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@隣人 映画の会(次回)

3月18日(火)

20:00~

※ 1ドリンクオーダー

※ 要予約  092-552-8767

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー