ネイバーズスタッフと卒業式

明日は、お客様によると、大荒れの天気らしい。

「春の嵐」とまで言われているそうである。

いかん。
そんなことは あってはならん。

・・・だって、明日はこどもちゃんの「卒業式」なのである。

ネイバーズカフェのスタッフも
短大を卒業して
カフェも卒業していったスタッフがいた(泣)

好評の記事「イケメンNくんの真夏のミステリー」でも
書いていたが、
ネイバーズカフェでは
『辞める』ことを「卒業する」と言う(命名 スタッフNくん)
しかもオープン当時採用されたスタッフは
「ネイバーズ1期生」と言うらしい(命名 これまたNくん・・笑)

去年の今頃、カフェを卒業した1期生Yくんは
ミュージシャンの夢を叶えるため、
東京へ旅立ち、
1期生Yちゃんも 就職活動に専念するため、
カフェを旅立っていった

2期生の女の子たちも
正社員にチャレンジしたり、
夢の職業について カフェを卒業したりと。

ネイバーズカフェのスタッフ面接では、

「なぜ このカフェで働きたいと思いましたか?」

「長所は?」などの

フツーの質問以外に

必ず聞くことは、

「あなたの夢は?」

10代や20代の人に聞くと、だいたい
すぐ返事が返ってくるけど、
結婚してたり、
30代以上だと、
この質問に 「うーん」と考え込む人が多い。

ミュージシャンとか、ブライダルプランナーなんて
すごい夢を語る必要はなくて

「モン・サン・ミッシェルにいつか行こうと思ってます」とか

「村上 春樹を読破しようと思ってます!!」

とかでいいのです♪

やりたいことが常にある人というのは、
キラキラしてるから♪

結婚しても 年齢を重ねても
やりたいことがあるっていうのは
ステキなのに
みんなある程度の年齢になったり、
結婚したりすると、
「生活」の話だけになってくるのが 寂しい。

たぶん
「夢」や「やりたいこと」を話すと
バカにする人の割合が
年齢を重ねてくるに従って
増えてくるから
楽しそうに 言うことができにくい環境になってくるからなのかも

応募してくる子は
ほんと みんないい子で
人数をしぼるのが 毎回ツライ・・。

オープン当初からいてくれるTちゃんは、
うちのカフェを本当に好きで
仕事を心から楽しんでくれている(・・というのが態度でわかる)

明日の卒業式も
Tちゃんがいるから 出れるようなものだ

今は少ない時給だけれど、
いつか ぜったい恩返しをするぞ!と
毎日 誓う店長KYOKOであった

明日の卒業式の音楽は
EXILEの「道」らしい。

オーナーK氏と
「私たちの頃は何だったっけ?」という話をして

「・・オフコースのさよなら?」

「仰げば尊し?」

「菊池桃子の卒業?」

・・・・古っ!!!と大笑いしました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー