ずっと行きたかった「ブルーボトル 京都六角カフェ」ついに!【2020/京都カフェ旅-4】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

ついに!ブルーボトルコーヒーに行ってきた!!

ブルーボトルが日本初進出を決めた際のTVの特集を見てたので、ずっと行きたいと思っていた。

初出店した東京のお店もまだ行ったことはないけど、今回のカフェ旅の舞台である京都にあると知って、絶対行かねば!と意気込んでいた。

ブルーボトルコーヒーは、日本の喫茶店文化に感銘を受けたカリフォルニア州のジェームス・フリーマンさんが、一杯ずつドリップする方式を日曜のフリマのテントでやってみたら大ヒット!

そこからコツコツと店舗を広げて、ついに日本に!!という番組だった♪

コーヒーの第二次の波(セカンドウェーブ)である、マシンで淹れるシアトル系(スタバやタリーズ)が一通り流行った後に、一杯ずつ手で淹れる方式を逆に取り入れるというのもすごいよね。
(ブルーボトルはコーヒーのサードウェーブ(産地や淹れ方にこだわった波)の代表格)

地下鉄烏丸線の北大路駅から烏丸御池駅に戻って、コインロッカーに荷物を預けて身軽になり、いざ、「ブルーボトル 京都六角カフェ」へ。

意外にちっちゃかった「ブルーボトル 京都六角カフェ」

烏丸御池(からすまおいけ)駅から徒歩4分。

欧米かぶれで、ブルーボトルコーヒーが好きなミーハー2人は、もうテンション高め♪

それに日傘を差すくらいの天気にもなってきたから、気分は上々である。

私は今まで日傘をほとんど持ったことなかったから、友達の「日傘を差す、しまう」のスピードの速さに仰天!

私って折りたたみ傘たたむの、下手なんだよねえ(^_^;)。

もたつきながらも、六角通りを目指す。

目の前から、ブルーボトルの紙袋を持った女子がちらほら現れ始めた。

「あれじゃない、あそこから出てきたよ!」

ここだーーーーっ

・・・と思ったより小さかった。やっぱりHPはカメラマンさんの技なんだなあ。

でも雰囲気あるう。創業100年の自転車屋さんとコラボし、京都の北山杉を使ってリノベーションした素敵なお店である。(自転車やさんの創業もなにげにすごい)

もうカウンターに入っただけで嬉しくてキョロキョロ(はよ決めろ!)

残念ながら歩いてくるうちに暑くなり、アイスコーヒーにしてしまった。

ブルーボトルなのに、ホットが飲めないとは・・・。

「明日があるさ!」

ジョージアのCMみたいに、翌日行く予定のもう1つのブルーボトル京都(南禅寺近く)の方で飲めることを期待する(また行くのか!と言わないで笑)。


⇧ブルーボトルで食べれるスイーツ。

チョコチップクッキーが美味しそうなので、それを1枚食べることに。あんバターサンドもかなり気になったけど♪

午前中すべてのテンション集結!それぐらい嬉しかった


⇧ブルーボトルの2階にあるドリップするカウンター。ブルーボトルのロゴ入りの白い陶器のドリッパーが並んでるのが素敵♪

豆がどう、とか味がこう、とかコンセプトがどう・・・とかいうよりも、とにかくミーハー心から嬉しいのである笑。


⇧こんなきったない壁も(言うな!)ブルーボトルだとオシャレに見えるのはなんでだろう?

「なんでブルーボトルは福岡に来ないのか」で盛り上がる。

福岡は、アメリカかぶれに厳しい土地で笑、アメリカから上陸してきたものがことごとく撤退するのである。(クリスピー・クリームドーナツ、エッグスン・シングスなど)

クアアイナ(ハワイのバーガー)やバーガーキングも秒読み段階なくらいガラガラである(T_T)。

なのでブルーボトルもシェイクシャック(NY生まれのバーガー)も、様子を見てるのではないか?という意見に落ち着いた笑(お前たちは何者だ)。


⇧世界各国から取り寄せた、味のあるアンティークの家具を置いているらしい。

和と洋の融合が出来る人っていいなあ。私はその加減、配分がいまいち掴めない欧米かぶれ(T_T)。

いいよね、いいよね。

ブルーボトル京都六角カフェのHP

「ブルーボトル京都六角カフェ」を食べログで見る



ブルーボトルのコーヒーはカリフォルニアらしく軽めだった


⇧手前がコールドブリュー(水出し)500円、奥がニューオリンズというミルクコーヒーのアイス500円。

「カフェラテのアイス!」という注文はできなくて、アイスコーヒーの種類に「水出し」と「ニューオリンズ(ブルーボトル独自のミルクコーヒー)」があったのでそれを注文することに。

さて飲んだ結果、ブルーボトルは、ブランドが好きな割にはコーヒーにはあまり惹かれなかった(笑)。

深煎りが好きな私たちは、浅煎りのブルーボトルはちょっと薄くて、しかも酸味がけっこうあったので「惚れてまうコーヒー」の部類には入らなかった(T_T)。

カリフォルニアは暑いから、さわやかに浅煎りにしてるんだろうね♪

特に酸っぱいのは水出しコーヒーの方(⇧)が余計に感じたので、ニューオリンズ(ミルクコーヒー)の方がマイルド。コーヒー自体が薄いので、そっかーという感じ(どんな感じ?笑)。

でも美味しかったけどね。ゴクゴク飲みやすくはあります♪

クッキーは「チョコレートチップクッキー」300円。フランス産のクーベルチュールチョコをふんだんに使ったクッキー。

もうとろとろの贅沢なチョコがふんだんに入ってチョコチップという感じはしなくて生チョコーな感じがしました♪(もちろんここでもはんぶんこ笑)。

なんだかんだ言ってもここに来れたことがすごく嬉しくて、長年の憧れを実現した!ということがたまらなかった。

全部飲み干したら今後に差し支えるというのに、ミーハー心はつい全部飲み干してしまい、「あー飲んじゃったね、あははは!アホやん私たち」

実は、1軒前の「WIFE & HUSBAND」では、横にWIFEがいたので残しづらかったが、底1cmは残させていただいた。(美味しいんですよ、でもこれからがある・・許してーーーと心で叫びながら)

ブルーボトル京都六角カフェのHP

「ブルーボトル京都六角カフェ」を食べログで見る

【まとめ】ブルーボトルコーヒーは最高


⇧ブルーボトルの豆たち。

「豆」は買わなくてもいいなと思ったけど、ミーハーな私たちはグッズが欲しかった。

白いトウモロコシ原料の持ち運べるカップを購入♪(2段目の真ん中右)1,800円。

友達はリユース可能なストローも買ってた♪

ブルーボトルの羊羹(350円)は京都の老舗のあんこやさん「都松庵(としょうあん)」のあんこを使ってるらしい。

私はピーナツバターに目がないので、「ピーナツバタークッキー」500円を自分と空友Yに購入。


⇧オシャレなブルーボトル羊羹。

カフェのお兄さんに「紙袋はいりますか?」と聞かれ、「エコバッグ持ってます」とつい言ってしまったが、やっぱりブルーボトルの紙袋が欲しくなり会計後に「やっぱり欲しいです」といい、手をわずらわせました(ダサい笑)。

紙袋代の22円はクレジット・・・などとめんどいことは言わず、ささっと現金で出しました(恥)。

そんなめんどくさい私に眉間にシワが寄ることもなく笑顔で応対してくれたお兄さん・・素晴らしい!笑

トイレの手洗い場はオシャレすぎて、考えすぎとビビリの私は「この赤いツマミを回したが最後、管から水が吹き出すんじゃないか」

吹き出して大変な目に遭う前にまずは自動かどうかを先に試そうと思い手をかざしてみても水はでてこなかった(笑)。

恐る恐る赤いツマミを回すと、水が出た(ビビりすぎ笑)。

ブルーボトル京都六角カフェは、雰囲気バツグン、旅の休憩にもってこいのカフェです♪




旅メモ

ブルーボトル京都六角カフェ


京都市中京区三文字町東洞院通り六角上る226-1
地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」5番出口から徒歩4分

【open】09:00~19:00

【TEL】075-741-8189

【支払い】クレジットカード、現金可 (なんとかPAYはなし)

ブルーボトル京都六角カフェのHP

「ブルーボトル京都六角カフェ」を食べログで見る

旅のスケジュール

12:20 地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」に到着

12:25 コインロッカーに荷物を預ける

12:30 烏丸御池駅 5番出口を出る

12:36 ブルーボトル京都六角カフェ 到着

13:40 ブルーボトル京都六角カフェを出る

旅のMONEY

【前回までの合計】                14,295円

コインロッカー                  350円(700円をワリカン)

ブルーボトルコーヒー               500円

チョコチップクッキー               150円(300円をワリカン)

ブルーボトルエコカップ    1,800円

ピーナツバタークッキー2個   1,000円(1個500円)

紙袋                          20円

消費税                      約314円

【合計】          18,429円




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA