『オブリビオン』

スタローンの「バレット」を見に行くはずが、劇場と時間を入れ替えて覚えてて間違ったために 見ることになった、「オブリビオン」。

近未来やSFというだけで 面白いかなあとあやしむ私だけど、トム・クルーズだから また怪しい(失礼な・・・笑)

・・・でも 意外に楽しめた♪

ストーリー

物語は、2070年くらいの地球。
人類は、侵略したエイリアンと戦い、勝ったものの、地球はもう住めないほど荒廃した星になっていた・・・。

生き残った人類は土星の衛星タイタンに移住するという計画のもと、トム演じるジャック・ハーパーは、地球の最後を見守り、エイリアンの動きを監視する役。

上空にある、トムと、パートナーのヴィクトリアが暮らす、ハイテクの家♪

オシャレだけど、なんだか落ち着かなそう(笑)

猿の惑星が描いた衝撃のラストは、それから 監督を目指す若者にたくさん影響を与えたんだろうなあ

この映画もそんな感じで ニューヨークの象徴的な建物が、ボロボロになり、土に埋もれている。

この望遠鏡が見えた時↑
「あ!きっとエンパイアステートだ!!!」とすぐわかった♪

土地や建物を映画の中で当てるのは すごく好き♪

直感で「エンパイア」と思ったら トムが中に入ってゴリラのぬいぐるみがあったから「エンパイアにある、キングコングのお土産だ!!!」と確信♪

上の写真の女性は、謎の女性ジュリア
放射能で汚染された区域に 墜落した宇宙船の中にカプセルで眠ったままの謎の美女が・・・。

つい、反射的に助けたジャック。その謎の女性ジュリアは、なぜか、ジャックの名前を知っていた・・・・。

今回のトムの相手役はボンドガール

このジュリア役のオルガ・キュリレンコは、007慰めの報酬に出てた、ボンドガール。
ウクライナ出身って 美女が多いわねえ!!!!!(ミラ・ジョボビッチもウクライナ美人)

↑007慰めの報酬のオルガ。

007の時もオルガは黒髪だったけど、この映画の来日記者会見の時のような 茶色がステキなのになあ!!!↓

今回も思ったけど、やたらと トムの役名「ジャック・ハーパー」が飛び交う(笑)
名前を印象づけて シリーズものにでもしたいのかな、トムは。この前の映画も「ジャック・リーチャー」を連発してたし(笑)

ジェームス・ボンド」や、「ジャック・スパロウ」、役名=作品の代名詞を目指しているのかな???ふふふ

ジャスミンKYOKOの煩悩だらけの映画トーク

この丸い、無人偵察機ドローンがなんだか コミカルな動きで笑っちゃう

いい意味で 今までのSFのいいとこをミックスした面白さ。

無人偵察機VS人間は、ターミネーターだし♪
バイオハザードやアイランドみたいなシーンもあるし。

地下にこもるエイリアン?たちは、デモリションマンの反逆者たちみたいだしね

SFと言いながら ラブストーリーがけっこう重要な位置を占めてる感じ♪
アクションは苦手な女子でもこれは楽しめるかもね♪

どんなにハイテクな世の中になってもやっぱり人間くささが懐かしい・・

ヤンキースの帽子を大事に取ってるトムがステキです♪

ニューヨーク州にあるのが信じられないけど、ナイアガラの滝でのドローンとの対決も見もの♪

 

映画『オブリビオン』のキャスト

@オブリビオン (2013 米)

ジャック・ハーパー・・・・・トム・クルーズ

ジュリア・・・・・・・・・・オルガ・キュリレンコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー