アクション 映画は最高!(映画レビュー・映画関係)

タクシーに乗ると犯罪映画の妄想がひどくなるwith『TAXi』

出展:https://pc.video.dmkt-sp.jp/ti/10001440/TAXi%E3%80%803

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。おととい書いてた記事を修正しようとして文字変換キーがおかしくなり、いじってたら、大事な記事をすべて消してしまったようなのです。・・・なぜ???自動保存機能がついてるのにいい。

あと、少しでアップ出来たのに。やる気が失せた・・うううう(泣)。

さて、この映画と『ジャンヌ・ダルク』『レオン』などで、わたくしKYOKOの、固く閉ざしていた「フランス映画への門」が開きました(笑)。

面白いじゃないか!アクション映画作ってくれよ!フランスの監督さんよ!とリュック・ベッソンの貢献度は計り知れない。

その1つ『TAXi』。6年間待ち望んでやっとタクシー運転手になったダニエルサミー・ナセリ)は、ピザやを退職。




出展:http://rally5.com/3374.html

フランスはまっすぐ個人タクシーになれるんだー!ダニエルがタクシー協会に書類を受け取りに行った時、そう思った。

日本は二種免許受けて 無事故で何年か経ってから試験受けれるんじゃなかったかな??個人タクシーまで長い道のりだもんね。

それだけ安全に気を配ってるってことだよね(*^^)v

外国でタクシーに乗ると、日本のタクシーのおじさまたちの素晴らしさがわかる。

と、同時に、外国のタクシーの自由さに、規則にがんじがらめになったおじさまたちを少し気の毒に思う(笑)。

後ろにお客がいようがいまいが、携帯で友達とずっとしゃべってるし、パンなんかをかじりながら運転してる(笑)車内がキタナイ(笑)。

『コラテラル』ジェイミー・フォックスみたいにピッカピカにしてる人は、当たればラッキーって感じくらい( ̄▽ ̄)。

そこを「日本ならこうなのに!」といいだすと、外国はキリがないので 面白がる方が楽しい♪アメリカはすごく汚いのとまあまあキレイなのが半々くらいかな。

個人差があるし、まるで車内が家みたいになってるのもある。

シアトルは、全車ナビ装備でプリウスが大半で、車もキレイ、黄色じゃない。

ニューヨークは、もちろんイエローキャブで全車、客と運転手の間は防弾ガラス。。運転手がサボるのがバレるからGPSつけるのに組合が長年反対しててナビなし(笑)

今はどうだろ、ついたのかな。

90年代はフォードのレーザーなんかが多かったのに、最近はワゴンタイプの日本車が多くなり、がっかり。

アメリカはアメ車でいてくれよ!たとえ燃費が悪くても(笑)。

フィンランドは新車のベンツばかりでワクワクでした♪

シアトルのインド人のタクシー運転手にナンパされ、「僕は日本人女性と結婚するのが夢なんです」と言われ、目的地に行くまでしつこくアドレスを聞かれた。

すぐに『ボーン・コレクター』が浮かび(^^;)(タクシー運転手が連続殺人鬼)突っぱねて降りれなくなった方が怖いので 出された紙にニコニコしながら、デタラメの単語を並べて降りた。

妹から「あんなの渡して大丈夫やったと??」

君は何を今まで見てきたの?私は映画かぶれですよ!

しかも犯罪映画を見すぎてる人です(笑)。

フランスでは、絶対白のプジョーに乗らねば!とウキウキパリの空港に着いたものの、長旅で疲れ、危険スイッチが少しオフに(笑)。

空港のタクシー乗り場の標識を探してたら オマール・シーみたいなお兄さんが、「タクシーでしょ、こっちこっち」という。

タクシー乗り場に一緒に行くのかと思って一緒についてくと、エレベーターに乗ろうとしてた。K氏が乗ろうとしたところで、ジャスミンの脳内に『96時間』※がスイッチオン!

※(リーアム・ニーソンの娘がパリ旅行で空港からタクシーで相乗りした男の人身売買組織に誘拐される)

「なんで?エレベーター?どこに行くの?」

「・・・。駐車場だよ 乗り場は下にあるんだ」

違うぞ!タクシー乗り場は到着ゲートと同じ階のはずだ!!

「NO。サンキュー」と言ってエレベーターに乗らず、96時間にならずに済んだ(笑)。

人身売買じゃなくてただのボッタくりタクシーだったかもしれないけどね ふふふ。




出展:http://car-moby.jp/7808

↑お目当てのプジョーにシャルル・ド・ゴール空港からパリのホテルまで乗って大満足♪

もちろん、この映画の舞台、南フランスのマルセイユでも駅からホテルまで乗りました♪運転手はハンドルを走り屋仕様に変えてはくれなかったが(笑)。

マルセイユ空港に25分で着きたい客のために、スペシャル仕様に変身するシーンがいいよね!!スポイラーやバンパーが自動で出てくるやつ。

ダニエルは14分で空港に着いたものの、その後警察に目をつけられる。

ドジばかりのエミリアン刑事から免停取り消す代わりに、ドイツ人の連続強盗犯を捕まえる作戦を手伝えと頼まれる♪ベンツとプジョーの公道でのレースも見ものです!!

出展:http://blog.goo.ne.jp/livin_on_a_prayer

南フランスのマルセイユの港町の風景もオススメ♪

↑こういう街並みを駆け抜けていくのと、ダニエルの彼女、リリー役のマリオン・コティヤールの色っぽさも魅力(^^♪

出展:https://twitter.com/klaus_kinske/status/839859808245161984

↑映画によく出てくるけど、ガレージ兼家ってちょっといいよねえ~。

ここにジャバラの格子ドアがついたエレベーターがあったら完璧♪

マリオンの凛とした感じもありながら、このけだるさ。フランス人女優にしか出せないワザかも♪ カーチェイスとセクシーさも楽しめるオイシイフランスアクションをぜひ。

TVであったり、レンタルやさんで見かけたら観てみてね~

出展:https://movies.yahoo.co.jp/movie/TAXi/84202/


@『Taxi』(1998年 仏)

ダニエル・・・・・・サミー・ナセリ

リリー・・・・・・・マリオン・コティヤール

エミリアン・・・・・フレデリック・ディファーンタル

製作・脚本・・・・・・・・リュック・ベッソン

 

@マルセイユが出てきた映画

『Taxi』『ボーン・アイデンティティ』




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。