Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『ジョン・ウィック チャプター2』キアヌと巡るニューヨーク

こんばんは!!公開初日に天神まで行っておきながら、雨でキャナルへの移動が面倒くさくてとうとう行かなかったことを後悔しました、ジャスミンKYOKOです!

TOP画像:https://yoikagen.com/johnwick2-news

キャナルはもう、22時しかやってないから映画の会に間に合わせるために 本日(7月22日)大洋でお昼に行ってきました!!

キアヌはかっこよかったー!!

キアヌ・・・・は・・??(笑)

そう、キアヌは変わらずかっこよかった。

期待のハードルをあまり上げすぎないように気をつけてはいたが・・・(;^ω^)

わたくしKYOKO的には映画は「ちょいガッカリ」でした( ノД`)シクシク…

なんでしょうか。なぜガッカリしたのか。

明確に「応援したくなる事情」がなかった。

「カタギ」に戻りたいのに「仕事を続ける理由」の設定がイマイチだった(^▽^;)

それが1つと悪者に魅力がなかったのもある。

もうちょっと どうしようもなく仕事に戻らざるを得ない原因を作ってほしかった。

シリーズ第3弾『ジョン・ウィック パラベラム』のレビューはコチラ





ローレンス・フィッシュバーンの使い方もなんだか無駄遣いな感じが・・

出展:https://www.gizmodo.jp/2016/10/wick-chapter-two.html

⇧彼がした役どころは コンチネンタルホテルの支配人でも十分務められたような気が・・・(;^ω^)

闇のホテル、コンチネンタルホテルが、前作に引き続き、魅力的です♪

※闇を暗躍する者のためのホテル

コンチネンタル・ローマが魅力的

今回は、ローマに飛ぶのでその支店、コンチネンタル・ローマが素敵だった。

テロリストや殺し屋が 今から大仕事に取り掛かるという時、よく準備段階のシーンを見せて気持ちを盛り上げる演出がありますが、今回は、それが超かっこよくてゾクゾクした。

出展:https://cinema.ne.jp/news/johnwick2017052508/

⇧コンチネンタル・ローマの銃器のソムリエから 武器を調達するキアヌ

こういう調度品の中に武器が陳列されているのは『キングスマン』からクセになってますイタリアっぽく、重厚な家具が勢ぞろいのインテリアも必見♪。

『ジョン・ウィック』シリーズはニューヨークのロケ地も魅力

『ジョン・ウィック』シリーズはNYが拠点なので色んなNYの場所が出てきます♪ 

上のローレンス・フィッシュバーンのアジトはマンハッタンブリッジがあったので 位置から見ると対岸のブルックリンみたい。

メトロポリタン美術館で戦う

出展:http://www.webdice.jp/dice/detail/5435/

⇧悪者のアジト(隠れ家のこと)はメトロポリタン美術館のようです♪

アクションする時は撮影用のセットだろうけど、最初にその外観が出てきます(^^♪

出展:https://4travel.jp/travelogue/10195705

↑ここがメトロポリタン美術館ね(^^♪

 

ニューヨーク地下鉄で戦う

出展:https://theriver.jp/jw-chapter2-pencil/

キアヌが悪者と戦う地下鉄もニューヨーク

 

リンカーンセンターで追いかけっこ

最初に乗り込む駅は『ブラック・スワン』に出てきたバレエの会場、メトロポリタン国立劇場があるリンカーンセンター(総合芸術施設)の下。

出展:https://tourist-area.y-pl.us/

⇧このメトロポリタン歌劇場の地下に入って行ったから、

66st.lincoln Center駅だと思う。

それから電車の中で格闘している間にあっという間にウォール街の近くの、Rector St.駅に着いた♪(映画の中で車内放送あってた)

たぶん、①番線で正解だ♪(こういうのを予測するのが楽しい人)

↑同じく①番線(^^♪(笑)

 

おなじみ、コンチネンタル・ホテル

出展:https://twitter.com/ngsemcx/status/655723689242025985

⇧コンチネンタルホテルは 外と中と別撮りらしい。このビルにも行かねば!!

 

ニューヨーカーの憩いの場セントラル・パークは、裏組織の処刑場(^o^;)

出展:https://hikikomorinko.net/7378.html

⇧ホテルの規則を守らなかった者を、支配人が呼び出す場所は、セントラルパークのベセスダの噴水がある場所。

映画『身代金』でもメル・ギブソンの息子が誘拐される場所である。

ここね(^^♪ むふふふ 昼間はクラシック奏者がミニコンサートを開いてたりと優雅(^^♪

夜は闇の支配人の処刑場??(映画でしょ)

 

⇧中はこんな感じね♪ この向かい側にベセスダの噴水があるのだ。

⇧この噴水の縁に支配人が座ってたね 大興奮~♪

やはり私はロケ地に自分がいたと知った時が一番興奮するので、アメリカが一番テンション高いんだろうなあ(笑)

かぶれにはたまらない、アメリカの処方薬

⇧アメリカかぶれは、こういうのにもトキメキます(笑)

アメリカの薬入れ。「アスピリン(頭痛薬)ない?」というと、洗面所の扉を開けて裏から取り出す・・・・(妄想)。

この映画でも、キアヌが痛み止めを飲むとき、このオレンジです!!ひゃっほう!

『ダイ・ハード3』では このボトルのおかげで 犯人(ジェレミー・アイアンズ)の行方が分かるのです!!(興奮気味)。

こういう小物の画像を見ては映画の会のAちゃんとときめいているのです(笑)。

薬は日本製がいいけど、このボトルが欲しい・・。

通販でカラだけ売ってる(600円)・・・私のようなアメリカかぶれが買うんだろうね(;^ω^)

【まとめ】アメ車も最高だし、リアルなガンアクションに注目してほしい!

出展:https://www.youtube.com/watch?v=MhCuF2rV9so

もちろん、1作目から引き続き、ジョン・ウィックの愛車「黒のマスタング」も出てくるし、車屋さんのジョン・レグイザモ(下右)もでてきます♪⇩

出展:http://24-7cinema.club/main/johnwick-chapter2/

ガンアクションは、超かっこいいです!

昔の映画みたいに永久に弾が出続けるのと違い、徹底したリアルなガンアクション。

マガジンをその弾数撃ったらちゃんとその都度交換します♪ そこも計算された上でのガンフーアクション(カンフーとガンアクションのミックス)。

色んな銃を使いまくります~。

個人的にガンアクションのロケーションとして美術館の展示ホールはイマイチ(なんだかバイオハザードを思いだしてしまった)で、ローマで長くやっててほしかった。 

イマイチと書いたけれど、ガンアクション好きな人には十分見応えあります。

上位ランキングに絡んでくるかと思ったが残念でした(;´・ω・)

こういいながらもチャプター3はまた劇場に行くんだろうなあ(笑)。

もう3作目の製作は2016年に始まってるから来年見れるかもね!

次回のキアヌに期待!

シリーズ第3弾『ジョン・ウィック パラベラム』のレビューはコチラ





この映画の情報

@『ジョン・ウィック チャプター2』(2017 米)

ジョン・ウィック・・・・・・キアヌ・リーブス

サンティーノ・ダントニオ・・リッカルド・スカマルチョ

バワリー・キング・・・・・・ローレンス・フィッシュバーン

オーレリオ・・・・・・・・・ジョン・レグイザモ

初めてのデート・・・不向き(彼女による。私だったら最高に嬉しがる)

アクション・・・・★★★★

エロ度・・・なし 

難解度・・・★

キアヌが好きか、銃器やアクション好き女子なら大丈夫

【2017】 ジャスミンKYOKO映画私的ランキング

1位・・・・『ワイルド・スピード ICE BREAK』

2位・・・・『マリアンヌ』

3位・・・・『マグニフィセント7』

4位・・・・『T2 トレインスポッティング2』

5位・・・・『夜に生きる』

6位・・・・『パトリオット・デイ』

7位・・・・『ハクソー・リッジ』

8位・・・・『ザ・コンサルタント』

9位・・・・『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

10位・・・・『スノーデン』

11位・・・・『沈黙ーサイレンスー』

12位・・・・『LA・LA ランド』

13位・・・・『ローグ・ワン/スター・ウォーズストーリー』

14位・・・・『ジョン・ウィック チャプター2』

15位・・・・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

16位・・・・『バーニング・オーシャン』

17位・・・・『スプリット』

18位・・・・『ネオン・デーモン』

19位・・・・『バイオハザード ザ・ファイナル』

20位・・・・『雨の日は会えない 晴れた日は君を思う』




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー