【福岡市中央区大濠公園 タコス】「tacosco(タコスコ)」フリースタイルタコスで自分好みのタコスを味わおう

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

インスタで見つけてから、ずっと行こうと思っていたタコス屋さんにようやく行けたので記事にします。

カラフルな盛り付けを演出してるのは、店主の方が朝に仕入れる色とりどりな「糸島野菜(いとしまやさい)」※の数々。

※福岡市の北西に位置する糸島半島で採れる新鮮なブランド野菜。

とうもろこし100%のトルティーヤ※というのも本場メキシカンって感じで嬉しい。

※タコスの皮。最近は小麦粉で作ったものも多いが、本場メキシコはトウモロコシで作る。

メキシコ料理店では、最初から上に載せたものが運ばれてくることが多いけど、ここは自分で巻いて食べるフリースタイルのタコスです♪

色んな組み合わせを楽しめて、写真の撮り甲斐もあるタコス専門店ですよ♪



「tacosco(タコスコ)」の情報

※新型コロナウイルスの関係で営業時間が変更になる場合があります。

 店名
「tacosco (タコスコ)」
  住所  〒810-0074 福岡市中央区大手門1-8-15-1F
魔灯路場amberで間借り営業
 TEL  非公開
 店休日  不定休(Instagramで要確認)
 営業時間    12:00~18:00(日によって変わるのでInstagramで確認)
 予約の可否  可(DMでOK、当記事を要確認)
 クレジットカード・電子決済  現金のみ
 座席数・喫煙可否    カウンターのみ9席程度/全席禁煙
 駐車場  なし (近くにコインパーキングあり)
 WEBサイト  instagram

 

アクセス

西鉄バス「荒戸一丁目」バス停、福岡市地下鉄「大濠公園駅」から徒歩3分。

降りたら天神方面に少し戻り「大手門1丁目」の交差点で右に曲がります(公園側へ)。


⇧この吉田歯科に沿って右に曲がる。

徒歩数分で通りの左側にあります。


⇧この看板が出ています。

 

新型コロナ対策

⇧入り口に体温計とアルコール設置。

体温計を触ったら、アルコールをしましょう。

店主さんももちろんマスク着用です。

 

「tacosco(タコスコ)」美しいサラダタコスプレートとキーライムソーダ

タコスが食べたくて検索してたらInstagramの盛り付けと彩りがきれいなこのお店を発見。

もちろん、Instagramに乗ってた、「サラダタコスプレート」(1,800円)をチョイス。

「メキシコと言ったら!キーライムやん!」

テンションをさらに上げてくれそうな、キーライムソーダ(600円)をメニューに発見!もちろん、これを注文。

※アメリカ南部から中南米で親しまれてる小さなライム。

初めて見た!普通のライムはあるけど、キーライムはない!嬉しすぎる!

「サラダタコスプレート」1800円は、糸島野菜のスープ(日替わり)がついています。


⇧この日はビーツを使った冷製スープ。

美味しかったです。キーライムソーダとバッチリ合います。アルコールが飲める方はキーライムサワーもあるのでそちらを頼んでみてね。

 


⇧野菜たっぷりブッダボウル。

ブッダというネーミングには、なんか神聖さを感じますな(いちいちネーミングに反応する人)。

野菜やソースを全部説明していただきましたが、覚えきれませんでした(ショボ笑)。

赤いソースはビーツ、生姜のソースもあり、にんにくが入ったやつもあったと思います笑。

その野菜をタコスに巻いてソースをまぶしていただくというスタイル。


⇧まずは白いトルティーヤに色んな野菜を突っ込んでソースをふりかけます。

・・・美味しい!!

タコスってジャンクフードという認識だったけど、これはこれでいけます!(もちろん、欧米かぶれはジャンクフードよりのタコスも大好きです笑)。

わたしも大人になったなと、野菜だらけのタコスを食べながら思いました笑。(20代だったら野菜に1,800円も払わんかったやろな笑)



「tacosco(タコスコ)」の魅力

野菜がいっぱい食べれる

店主の方が毎朝仕入れる新鮮な糸島野菜をたっぷり食べることができます。

野菜もこれだけあったら、ほんとおなかいっぱいになります。


⇧後ろ側から見た図。ちゃんとズッキーニやじゃがいもも焼いて香ばしく仕上げてあります。

この「サラダタコスプレート」は、用意できる数が少ないようなので、売り切れたら終了するようです。食べたい方は開店と同時くらいに行く方がいいでしょう。

このアルミのお皿も南米って感じで素敵!

 

好きな具を組み合わせて楽しめる


⇧黒いトルティーヤに挟んだタコス。

色んなソースがあって味変ができるのと、野菜の種類がいっぱいあるので飽きないです。

写真映えする組み合わせを自分で考えながら包むのも楽しい。

 

トルティーヤがトウモロコシ100%


⇧3色のこれまたおしゃれなトルティーヤ(タコスの皮)。

なかなか厚みもあって、パリッというよりしっとりした生地で食べごたえがありましたよ。

小麦粉のトルティーヤが多い中、本場メキシコみたいに、トウモロコシ100%は嬉しい(雰囲気に弱い人笑)。

着色料は一切使わず、トウモロコシの種類を変えてこういう色にしているらしい。


⇧こういう色違いのとうもろこしをそれぞれ粉にしたんだろうか・・と思いを巡らせてみる♪

トウモロコシの粉は「マサ粉」といいます(人の名前みたいね笑)。

 

メキシコならではのメニューも楽しめる


⇧キーライムソーダ。600円。キーライムサワーは700円。

メキシコ産キーライムを丸ごと絞った、甘くないソーダ(ノンアルコール)。

もちろん、テキーラもあります!

雰囲気重視としては、ここで巻き舌で「テキーラ!」と言いたいところだが・・・(泣)。

憧れのキーライムのドリンクを飲んで大満足。

 

他にも色んな種類のタコスメニューあります

●糸島豚のカルニータス(ラードで低温調理した豚肉)
●ラムの柔らか煮
●玄界灘産甲イカのミキュイ(ミキュイとは半生という意味)
●地ダコのグリル
●アスパラガスの焼きチーズ
●桃とモッツァレラチーズ

桃!?桃ってどうなんだろうとは思うけどクレープにも入ってるし、意外にタコスに合うかもね。

こんな具のタコスも単品で頼めるので、一人がサラダタコスでもう一人はこういう単品ものを楽しむというのもいいですね。(600円~700円)

 

「tacosco(タコスコ)」の店内のようす

「tacosco(タコスコ)」は、ワインバー「魔灯路場amber」の店舗を昼間だけ間借り営業しているお店です。

外観・入り口


⇧この看板が出てたら営業している印。

不定休なのでInstagramで必ず当日にチェックして出かけることをオススメします。

 


⇧これが入り口。時間になったら、ドアの横の黒板が「OPEN」に変わります。

 

カウンター

「tacosco(タコスコ)」は、間借りのためか、席はカウンターのみとなります。(テーブル席もあるけど、使えません)

9席くらいありました。

⇧もともとワインバーなのでワインのボトルやグラスが並ぶ店内。

こういう間借り営業って、初めて商売始める方にいいシステムだなあと思います。

夜しか開けないバーの方も家賃がもらえるからありがたいよね。



「tacosco(タコスコ)」まとめ

フリースタイルのタコス、見て、挟んで、食べて、3回も楽しめてレジャー感覚で楽しかったです♪

店主一人でされているので、時間はかかるのを踏まえて行きましょう。

ただ、店主の方がたぶん「ものすごい人見知り」(カフェ檸檬級笑)なので、普通の飲食店を想像していくとギョッとしてしまうかも笑。

開店前に外で待っていた私たちに「お待たせしましたーー」と声もかけずに、ただ「OPEN」の看板をヒックリ返しただけでサッと店の中に引っ込んでしまったのには、なかなかの強者だと感じました笑。

笑顔もないので、ここは「タコスを楽しみに来た」と割り切りましょう笑。

Instagramの返事や投稿がとても丁寧なので、そのギャップに「えっ 同じ人?」とビックリします笑。

InstagramのDMで予約可能と書いてありますが、予約していてもその日のOPENが遅れたり、それを予約したお客さんに知らせなかったり、友達と約束してるこっちとしてはハラハラさせる不安定な一面もあります。

なので、「開いてたらラッキー」くらいの気持ちで行くことをオススメします(ラテンのノリで!笑)。

 

「tacosco(タコスコ)」の情報

※新型コロナウイルスの関係で営業時間が変更になる場合があります。

 店名
「tacosco (タコスコ)」
  住所  〒810-0074 福岡市中央区大手門1-8-15-1F
魔灯路場amberで間借り営業
 TEL  非公開
 店休日  不定休(Instagramで要確認)
 営業時間    12:00~18:00(日によって変わるのでInstagramで確認)
 予約の可否  可(DMでOK、当記事を要確認)
 クレジットカード・電子決済  現金のみ
 座席数・喫煙可否    カウンターのみ9席程度/全席禁煙
 駐車場  なし (近くにコインパーキングあり)
 WEBサイト  instagram

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA