『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 トム、続編成功!面白かった!


こんにちは。
ネイバーズカフェの店長KYOKOです!

昨日は、映画の会のN田さんが寄ってくれたので『ジャック・リーチャー』の感想を言い合い、二人とも「面白かった!」で一致♪

いやあ。トムちゃん、よかった!!
前回1作目の『アウトロー』は、「流れ者」というイメージとトムとが結びつかなかったのと、悪役の顔が嫌い(関係あるか?)というのと、ストーリーがちょっと物足りなかったので 続編が出来ても見にいかんだろうと思ってたけど・・・(;^ω^)へへへ。

なんだかんだ言いながらもアクション好きなわたくしは行ってしまうなあ。
(ドウェイン・ジョンソンなどは行かないが)

映画の会のM・Fちゃんが言ってたけど、「やはりトムは皮ジャンですよね!!」

「スーツだと身長の低さが目立つし」(アメリカ人にしては低い170cm)

確かに。皮ジャン以外のトムと言えば・・・。
『コラテラル』。スーツにグレーヘア。
イケメン俳優のたどる道、「演技派」と言われたくなる瞬間が必ずある(笑)。
『コラテラル』は その第二波かな(^▽^)/
無口で残酷な殺し屋という触れ込みだったけど、ふたを開けたらとってもいい人(笑)。

トムもおじさんとしてどの道を歩もうか悩んでたのかもね。
(1回目の波は『7月4日に生まれて』だと思う)

今回は、この前の「流れ者」=無口というのをやめて、(笑)ちゃんとふつーにしゃべるトムちゃんだったので良かったです!!
イーサン・ハント(『ミッション・インポッシブル』のトムの役名)と何が違うのかって??(笑)

仲間と最新の武器を持たないことと、バスでやってくる、くらいでしょう(笑)
車とバイクが好きなトムちゃんは、バスでやってきても 必要な時は車をちゃんと盗みます(笑)あははは

⇑今回は、私の大好きな要素「軍の陰謀」がお話に入ってたので これまた嬉し♪
ヒロインは、軍の少佐、スーザン(コビー・スマルダーズ)。(一番左)

⇑この女優さん、キラキラ派手女子じゃなく、スッキリ美人系だったので軍人役にピッタリだったーー!!この軍服、着てみたい!!
いいよね~勲章!!

「軍の陰謀」が絡むのと、女子の少佐、トム。
『ア・フュー・グッドマン』を思い出した(*^^)vあれ、好き(この時の女子の少佐はデミ・ムーア)

気になったのは、娘役があんまりかわいくないこと。(ほっとけ!)
(二個上の写真、中央)
まあ、トムが目立つからいいっちゃいいね(笑)
『宇宙戦争』じゃダコタ・ファニングの可愛さと演技力が目立っちゃったもんね(・_・;)

今回、前作と違って嬉しかったのは、「流れ者=無口」は、やめたけど、「流れ者感」は、背景に取り入れてたこと!!

⇑流れ者=家を持たない=モーテル暮らし(笑)
私の好きなモーテルがちょこちょこ出てきた♪
これぞ、アメリカの田舎町!!わーい。
アメリカのエアコンって日本みたいに上についてなくて下にあるんだよね。

⇑流れ者=家庭がない=一人食事=ダイナー♪
これも色々出てきた♪くすんだワインレッドのソファーがいい♪
破けてたらなおいい(アホ)
テーブルの上の「ハインツのトマトケチャップ」、よっアメリカ!!
ネイバーズにあるようなプラスティックのフードカバーもあるでしょ♪ふふふ

⇑私の愛する、アメリカのダイナーのテーブルセット(笑)
フレンチマスタードと、塩コショウ、ハインツのケチャップ、『I am sam』に出てくるようなダイエットシュガー満載のシュガー入れ。
トムが、「Iーhop」(アイホップ)で朝食を食べるのだーーー(『Iam sam』のサムが好きなファミレス)

⇑CMでもあったシーン。捕まった保安官に「今から90秒後に電話が鳴る」
「何いってんだ」 RRRR・・・・・。

鳴って、保安官が驚く。このお約束なシーンが素敵!

このアクション映画定番のシーンと、ダイナーの風景で一気に心臓をえぐられるKYOKO(笑)
『ミッション・インポッシブル』が外国中心なら『ジャック・リーチャー』はアメリカ国内中心♪(主に田舎)

なので、MIシリーズとはまた別の、大好きな要素がタップリ

⇑今回はトムを追う悪者もイケメンなので◎!!
(単に『アウトロー』の悪者がイヤだっただけ・・・)

⇑もう一人の悪者は、途中で思い出したけど、
『トランスポーター3』で ステイサムの腕に爆弾腕輪を仕掛けるやつ!!(よくぞ思い出した!)
「陰謀」はあるものの、誰が悪いか探るサスペンスでもなく、悪役はすぐわかるし、単純明快アクション!!
(バカにしてるんじゃないよ)

⇑『007スペクター』とかぶった感じの、(笑)ニューオーリンズのハロウィン♪
(007はメキシコの死者の祭り)

M・Fちゃんとラインで感想で燃えたのが、トムのハダカ談(笑)

「あんなに堂々と脱がれると肉厚のトム、クセになってきた」

(笑)

確かに、何回もシャツを脱ぐ。
ダニエルなんてスペクターで一度も脱がなかったのに!!
(まだ根に持ってる・・・笑)
本当に重たそうなトムのカラダ(笑)
太ってるわけじゃなく、M・Fちゃんの言うように「肉厚」なのだ!(笑)あははは

ぜひ、トムのハダカとアメリカのモーテル、ダイナーを楽しんでね(*’▽’)

なんとKYOKOランキング、8位!

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のキャスト

@『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(2016年 米)

ジャック・リーチャー・・・・・トム・クルーズ

スーザン・・・・・・・・・・・コビー・スマルダーズ

【2016】ジャスミンKYOKO 私的映画ランキング

1位・・・・・『レジェンド 狂気の美学』

2位・・・・・『ROOM』

3位・・・・・『サウスポー』

4位・・・・・『スポットライト ~世紀のスクープ』

5位・・・・・『我らが背きし者』

6位・・・・・『ハドソン川の奇跡』

7位・・・・・『ジェイソン・ボーン』

8位・・・・・『ジャック・リーチャー never go back』

9位・・・・・『レヴェナント 蘇りし者』

10位・・・・・『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

11位・・・・・『ターザン REBORN』

12位・・・・・『ボーダーライン』

13位・・・・・『インフェルノ』

14位・・・・・『ブラック・スキャンダル』

15位・・・・・『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

16位・・・・・『ロスト・バケーション』

17位・・・・・『インデペンデンスデイ リサージェンス』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー