96時間レクイエム 


こんばんは!!!
見て来ましたよ!!!昨日!!!

ひゃっはー!!
かっこよかった!!リーアム・ニーソン!!

6年前の第1作「96時間」から
今回は3作目であり、シリーズ最終章。

原題は「TAKEN3」。
TAKENは「拉致」という意味。
96時間」と言う邦題は、1作目、
パリに旅行に行った一人娘キム
人身売買組織に
誘拐される。
96時間以内に救出出来ないと
生きていないか、国外に連れ出されて
行方は永遠にわからない・・そこからつけられたらしい。

2作目の「96時間リベンジ」は、
トルコで家族旅行をしようとした妻と、ブライアンリーアム・ニーソン)が
バザール(市場)の中で拉致される

で、今回の3作目は・・・・・。

やったー!!!
ロケ地あてクイズ(※1)は当たり!!!!!
ロサンゼルスだった!!!

  (※1)・・・毎回 背景の景色を見て、自分だけで
         「あ!ここは○○だ!」と当てて喜ぶ、
         店長KYOKOだけが参加するクイズのこと(笑)

元妻レノーアとよりが戻りそうな時に、
ブライアンの自宅で妻が殺されていた・・!!

LAPD(ロサンゼルス警察)は、
ブライアンを容疑者として逮捕しようとするが、
悲しみの中、ブライアンは逃走。

警察は愛娘のキムと必ず
連絡を取るとみて キムを監視する

妻を殺したのは誰なのか?
ブライアンにかけられた疑いは晴れるのか????

108分、
ノンストップです!!!
今回、アクションはリーアムの年も考えてか、
コマ割りカットが多くて 今回は見にくい場面が多いかな。
その辺はちょっと「LUCY」(去年の秋のスカーレット・ヨハンソンの映画)っぽい。
それでも スタイルいいし(身長193cm)、
63歳でも走り回るのが シビレます!!
でも、水に濡れたとき、ちょっとフケたかなあ・・
(1作目から6年も経ってるしね

今回は 友情がいいです♪
1作目で出てきた、もと工作員仲間が色々
体を張って助けてくれたり。

こんな仲間ものに弱いわたくしKYOKO・・・
アツくてクサイ女なのだ!(笑)

ロス警察の刑事にフォレスト・ウィテカーが出てて
「おっ」とビックリした♪

悪役がちょっと今回コミカルな人がいて
オーナーK氏と終始笑ってしまったので、
ラスト、緊迫感がないまま終わった感じ・・私たちだけかな???(笑)

最強、無敵のお父さんは、
娘のたった一言に傷つく。(笑)
かわいいのである

娘とブライアンが 警察に気づかれず
連絡を取る、その方法を見て

帰りの車で案の定、
「もし 君と私だったら どんな方法で連絡を取る??」

という アホな会話で盛り上がったのであった(笑)

映画に自分を重ねて 生活の参考にするのが(参考になるのか??)
わたくしKYOKOの日課なのである(アホ)

96時間シリーズは
やっぱりシリーズ1が一番好きだけど、
今回も楽しかった~♪

リーアム・ニーソンを好きになってない頃、
映画館であった「バットマンビギンズ」が
BSであったので
録画した♪
今度じっくり見ようっと♪

本日のお休みは、録画してた「ミスティック・リバー」、
コンタクト」「アンストッパブル」の
3本を観ました 大満足♪

来月は、クリント・イーストウッドの戦争ものの
映画があるので それも行かなくては!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 @「96時間レクイエム」(2015 米)

  ブライアン・ミルズ・・・・・リーアム・ニーソン

  ドッツラー・・・・・・・・・フォレスト・ウィテカー

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー