『猿の惑星 聖戦記』人間の愚かさを反省する日

出展:https://ja-nk.com/?p=4036

こんばんは!!『猿の惑星』を観た帰りは毎回、中洲や天神のビルを観て

「地球をわが物顔でこんなにしてしまってごめんね(・_・;)」と心の中で謝りながら

家路につきます、ジャスミンKYOKOです(笑)。

人類は増えすぎて まるで自分のモノのように地球を改造し続けてる・・・。動物園や

水族館は大好きだけど、行くと「もし 自分があっち側だったら?」という妄想を

一度はします(笑)。常に映画かぶれだからなのか、興味の対象が広いからか、

「俯瞰的」に物事を観るクセがあり、そこがいいことに作用する場合と、こうやって

そこらを飛んでる蚊や蟻、虫たちの気持ちなども考えてしまい、自分自身の生活を

ビビらせてしまい、自分で自分を脅かしております(笑)。

『猿の惑星 新世紀(ライジング)』(2作目)が私にはあまり面白くなかったので、

今回は見送ろうかと思っていたが、K氏のつきあいで行ってみたら、面白かった!!

行ってちゃんと新シリーズの完結を見届けてスッキリ♪

SFチックだから長年『猿の惑星』シリーズは観ていなかった。

だけど、洋画劇場で元祖の1作目があったのをチラ見した時、面白いラストに感激し、

少し興味を持ち、新シリーズの1作目『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』主役が

ジェームズ・フランコにつられて行ったらすっごく面白くてハマったのだった。

科学者の彼は、老人性痴ほう症の治療に効く薬を開発していた。

そのプロジェクトが、とん挫し実験台の猿をすべて処分することに決定されたが、

会社に黙って子猿を持ち帰り、シーザーと名付けて育てた。

成長し、知能が人間並みになったシーザーはある時、家族の一員として育てられたのに

外では相変わらずペット扱いされることにに疑問を抱き始める。ひょんなことから人間に

危害を加えたシーザーは動物の施設に入れられてしまう。最初は収容されていた猿たちに

嫌われていたが少しずつ仲間を増やし、脱獄の算段を考え、リーダーとなっていくとこが

『グラディエーター』のマキシマスっぽくてゾクゾクした。

2で人間とサルとの全面戦争になり、今回の3は最終決戦。

猿のウイルスで人類のほとんどは死に絶え、残った人類は、存続をかけて猿に戦いを

挑む。人間に育てられたシーザーはいつまでも和平への道を模索していたが・・・。

3はすべて猿目線で描かれ、全編に渡ってサル語(笑・・・ウホウホウホだらけ。字幕付き)。

吹き替えってどんな感じになるのかな^_^;。

出展:https://movie.jorudan.co.jp/cinema/32447/

↑シーザー(中央)の側近の猿がいつもシビレるのよね。ボスを敬愛し、身を捨てることも

いとわない。こういう友情に弱い。『猿の惑星』の新シリーズは、いつもゴリラがいい味

出してて素晴らしい。「借りは返したぜ」的なイカしたゴリラが多いんです(アホ)。

ゴリラのシーンでは毎回泣いてしまう私(笑)。政治家が腐った派閥でなあなあやってるのを

観ると、こういう映画を観て、初めて出馬しようと思った時のあの気持ちを取り戻そうよ!!と

思ってしまう。明日は選挙ですね(^_^;)

出展:https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=014852

今回の人間側はウッディ・ハレルソン。あまり好きじゃないので感情移入できなそう

だからきっと面白くないだろうと思ったが、逆に彼だから良かった。徹底的に猿側の視点で

描かれる今回。

ウッディ・ハレルソン演じる大佐が、とにかく残忍でムカつく。

ハレルソンだから私情挟まず、躊躇なくムカつける(笑)。

でも、考えてみれば世界の大半が猿になって、人類がもう絶滅する寸前ならば、

この男くらいみんな非道になるんじゃないかな。自分の家族や自分の未来がもうないと

なれば、「動物愛護の精神」もへったくれもなくなるような気もするよね(・_・;)

シーザーも人間に憎しみを持つようになり、憎しみの感情を募らせる度に1と2の登場

人物?コバという猿の幻影が出てきて、苦しむ。

1、2を観てから行った方がより楽しめるけど、時間がなかったらせめて2を観ないと、

「?」になることあるかも。まあ、観て行かなくても想像でカバーは出来るとは思うけど。

出展:https://ameblo.jp/addicto/entry-12319600423.html

↑今回の注目は2キャラ。3作とも出てるオランウータンのモーリスもいい味。その横の

少女が上手かった!!かわいいし!!猿軍団は、人間に恨みを抱いてるのに一人でいるこの

少女をほっとけなかった。アマンダ・セイフライドみたいな顔立ちで、きっとまた美人に

なりそうな感じ~✩

出展:https://chaako.com/

こんな美少女が次々出てくるからすごいよね!なぜ、ジャージ着てこんなにカワイイの~。

アミア・ミラーちゃんというらしい。

この子の役名が今までのシリーズファンからすると「おっ!」という名前らしい。

あと、もう1つのキャラが今回ツボにハマった、バッド・エイプ

出展:http://www.cinemacafe.net/article/2017/10/17/53286.html

↑人間たちに「バッド・エイプ(悪い猿)」と言われいじめられた過去を持ち、

名前が「バッドエイプ」と思ってる猿。このキャラがすごく面白くてシリアスな

このシリーズに時々「ぷっ」と笑いを与えてくれる癒しキャラ。

日本語吹き替えは柳沢慎吾がやってるらしい。ピッタリだと思う~( ̄▽ ̄)。

シーザーのかっこよさとこのバッドエイプの癒しキャラが加わって、3は

面白く仕上がってた♪『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード123のような

元祖1作目につながる仕上がりで、「なるほどね!」と思わせてくれます♪

バッドエイプのTシャツあったら買いたくなるくらいキュートでした( ̄▽ ̄)。

『猿の惑星 聖戦記』を観て、人間の傲慢さを反省し、この世の便利さのありがたみを

感じましょう♪今年は期待したのがハズレて、期待しなかったのが面白い年のようです(^_^;)。


@『猿の惑星 聖戦記』(2017年 米)

シーザー・・・アンディ・サーキス

大佐・・・・・ウッディ・ハレルソン

 

@『2017 映画KYOKO私的ランキング』

1位・・・・『ワイルド・スピード ICE BREAK』

2位・・・・『マリアンヌ』

3位・・・・『マグニフィセント7』

4位・・・・『T2 トレインスポッティング2』

5位・・・・『夜に生きる』

6位・・・・『パトリオット・デイ』

7位・・・・『ハクソー・リッジ』

8位・・・・『ザ・コンサルタント』

9位・・・・『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

10位・・・・『スノーデン』

11位・・・・『沈黙ーサイレンスー』

12位・・・・『LA・LA ランド』

13位・・・・『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』

14位・・・・『エイリアン コヴェナント』

15位・・・・『猿の惑星 聖戦記』

16位・・・・『ベイビードライバー』

17位・・・・『ローグ・ワン/スター・ウォーズストーリー』

18位・・・・『ビニー/信じる男』

19位・・・・『エル ELLE』

20位・・・・『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』

21位・・・・『ジョン・ウィック チャプター2』

22位・・・・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

23位・・・・『バーニング・オーシャン』

24位・・・・『ダンケルク』

25位・・・・『スプリット』

26位・・・・『ネオン・デーモン』

27位・・・・『バイオハザード ザ・ファイナル』

28位・・・・『雨の日は会えない 晴れた日は君を思う』

29位・・・・『ナラタージュ』

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー