ジョン・レノンよ、永遠に。 ~ダコタ・ハウスinNY~

こんばんは。ジャスミンKYOKOです~♪

本日は一日、ジョン・レノンを聴きながら過ごしました♪

昨日、12月8日はジョン・レノンの命日。

ジョン・レノンが凶弾に倒れてもう、35年。
40歳で亡くなったから、もうジョンの年齢を超えちゃったよ・・・。( ノД`)
生きてたら75歳か・・・。う!うちの父上と1個違い・・・。違いすぎる・・・(比べるな!)

TOP画像はそのジョンが妻オノ・ヨーコと住んでたアパート、「ダコタ・ハウス」。(Dakota apartments)。
この自宅前で マーク・チャップマンに撃たれる。

ハリウッド映画に狂ってるのでCIA疑惑などに興味がある、わたくしジャスミンは当時、ベトナム戦争に反対してたジョンの、若者への影響力が大きいことから、きっとCIAに暗殺されたに違いないと思ってた。

でも、犯人はまだ獄中に生きてるから、もしかしたら単独行動かもね・・・・(ケネディを暗殺した人はすぐ殺されたし・・・)
陰謀なら、秘密を知る人を消すはずだし・・・映画の見過ぎ?

外に出ると、レノンのファンに殺されるかもしれないから、仮釈放は 何回も却下されてるらしい。(・_・;)
そんだけのスターを殺しちゃったということだよ・・・

ジョン・レノンは1971年にニューヨークに移住。

わたくしジャスミンは、ニューヨークには3回行って、3回ともこのダコタハウスに行きました♪
セントラルパークに面していて、いい立地♪地下鉄の駅もすぐそば♪

↑1回目NY。ジョン・レノンを意識したわけじゃないんだよ!
この頃流行ったサングラスなんだから!(笑)
ネガを無理やりデータ化してるから 画像がレトロだね(*’▽’)
初めてのアメリカ、初めてのNYで、
長年の夢が叶ったので大興奮なのです!
日本みたいに電柱がないので、信号はこのように宙吊りになっとります♪(*’▽’)

この写真を写したカメラがある側にセントラルパークの入り口があり、
そこからパークに入ると、ジョンを偲ぶためにオノ・ヨーコが出資して作った、
小さな広場がある。
ビートルズの楽曲にちなんで「ストロベリー・フィールズ」と名付けられている。
その中央に「イマジンの碑」があるのだ!!

↑2回目NY。これが「イマジンの碑」。
タイルのモザイクで地面に作られたサークル。
世界中からファンが訪れては 花やキャンドルが飾られてる。お花がピースマークになってるとこがいいね♪
なぜにびっくり顔の子供ちゃん?

↑3回目NY。

ビートルズもジョン・レノンも好き♪
オーナーK氏もジョンが好きなので、
二人でNYに行くことがあったら またここに行くだろうなあ。
マニアというほど詳しくはないけど、
いつか、ジョン・レノンやビートルズが生まれた街、
イギリスのリヴァプールに行きたいっす!
ミーハーはいくつになっても止まりませぬ!

↑3回目NY。
マンハッタン周回のヘリコプターに乗ったとき、受付のおじさんから
「KYOKO!?オノ・ヨーコみたいで覚えやすいね!」と言われ、むふふふ♪
名前が昭和でイヤだったけど、お、意外と外人ウケしていいかも!と思った(笑)

↑オノ・ヨーコとジョン・レノン。
ロンドンのギャラリーで二人は出会う。

ダニエルも黒髪が好きだし、(歴代彼女、黒髪)
意外とオリエンタルっていいかもよ~(いつも考えが不純・・・)

今でも オノ・ヨーコが住み続けてるダコタ・ハウス、ぜひ行ってみてね~

 

旅メモ

@ダコタ・ハウス   Dakota Apartments

1W72nd St.Newyork NY 10023 USA

※中には入れません

@ストロベリー・フィールズ  Strawberry Fields

セントラルパーク内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー