マンハッタンの夜景とブラッディムーン「TOP OF THE ROCK」(BOSTON・ニューヨーク#53)

こんばんは。ジャスミンKYOKOです。

今夜は、「TOP OF THE ROCK」から眺めた夜景をお贈りします。

お向かいにあるエンパイアステートビルは、『めぐり逢えたら』『キングコング』の映画の舞台でもあるから、他のタワーとはまた違ったテンション。
『めぐり逢えたら』 『キングコング』

ここ「TOP OF THE ROCK」は、あまり映画の舞台にはなってないけど、夜景がとにかく素晴らしかった。




予約時間10:00PM15分前

⇧冬はスケートリンクになるカフェの感じはこんな感じ♪ お昼はパラソルがいっぱいになります。

予約時間の15分前になったので、レストランの会計を済ませ、またG.Eビルの地下1Fへ。

 

「いざ!マンハッタンの夜景へ!」。

初日は移動などで疲れたら、詰め込まず、夜に夜景だけを観るというのもあり。

私たちは3日しかいないので詰め込んだけどね。

とにかく初日はニューヨークらしいものを観ると、「来たアアアアア」とテンションが上がるのでお勧めです( ̄▽ ̄)。

1階にもエレベーターあるけど、それはこのビルで働いてる人用。

展望台に昇るには、地下スタートなのだ。

 

シティパスのチケットを見せて、セキュリティチェックを抜け、地下からエレベーターでまず2階にあがる。

シティパスのメリットと予約のやり方

2階で一気に70階まで行くエレベーターを待つのだ。

 

2階で「TOP OF THE ROCK」の歴史と建築風景を観ながら待つ

こわ!!この後、どうやって移動したかが気になってしょうがない(-_-;)。怖い。

ここを建設中だった1920年代に、作業員の服としてリーバイスのジーンズがブレイクしたらしいね。

その頃はダブダブで作業しやすい幅が広いジーンズだったらしい。

2階には、「TOP OF THE ROCK」のG.Eビルを建築した様子とか、その頃の歴史の様子がパネルなどで展示してある(^^♪

 

 

⇧窓から見える、向かい側のビル、「ラジオシティ・ミュージックホール RADIO CITY MUSIC HALL」。ラインダンスが有名な劇場だ( ̄▽ ̄)。

あの脚線美はすごいよね!!ここはもう、だいぶ前からあって、マンガ「CIPHER」の風景にもよく出てきたから、初めてのアメリカ来た時は感激した。

 

高速エレベーターで一気に67階へ

このサミットシャトルと呼ばれる高速エレベーターが変わっていて、天井に映像が流れるのだ。

⇧の画像はよく撮れてないけど、キング牧師だ。

 

⇧これはアポロ11号の月面着陸。

アメリカの歴史が音楽と共に次々と画像ででてくる♪。エレベーターも楽しい。

ピースの綾部が昇ったエレベーターは金色と赤のエレベーターだから、セレブが良く来る最上階のレストラン用なのかも(^^;。

一気にアメリカかぶれが爆発(笑)。

 

ニューヨーク、久しぶり!!

うわあ、最高!!

エンパイアステートビル(一番左)を初めて上空から眺めたわ♥。

 

今日のエンパイアは、白。

2012年の工事によって、すべてをLEDに変え、色も600万色も表現できるようになったらしい。

独立記念日や、9.11、セントパトリックデイなど、行事や記念日によってカラーを変えるのだ。

今日のイルミネーションの意味を知りたかったら、エンパイアのHPで調べるといいよ。

毎日更新されています。 エンパイア・ステート・ビルのHP

TOPページの「Tower  LightS」をクリックするとその日のライトがでてきます。

2018年の6月30日にさかのぼって調べたけど、この日は特に意味がないみたい(T_T)/~~~。

 

@googlemap

⇧上の夜景はこんな感じでマンハッタンの南側を観ている。

「眠らない街、東京」より「眠らない街、ニューヨーク」の方がアメリカかぶれの私にはグッとくる。

⇧70階から見た、69階の人々。

「TOP OF THE ROCK」は3階構造になっていて、67階に着いたら階段かエスカレーターで70階へ。

⇧このビルの中にあるNBCというTV局のパネル。

『ER』(一番上の右端)もこの局であったのね。ジョージ・クルーニーが若い♪ビッグやジェニファー・アニストンも写ってる。

『フレンズ』もここの局だったのね。フレンズを観たブラピから誘われたらしいから最高のご褒美だったね(羨)。
『ER/緊急救命室』
『フレンズ』

まとめ

⇧みんながざわついて写真を撮っていたので、何々??と思って観ると、ブラッディムーンが。

イルミネーションに負けない光を放っている。わーLUCKY!

18歳で車を持つと、とにかくあちこち出駆けて、運転が好きだったので夜景は片っ端から観に行った(とにかく元気)。

長崎の「弓張岳-ゆみはりだけ-」や「稲佐山-いなさやま-」、福岡の「油山-あぶらやま-」、北九州の「皿倉山-さらくらやま-」「めかり公園」。

で、その集大成が23歳のニューヨークだ。

都市に行けば、ミーハー旅なので名物のタワーはだいたい昇る。

シアトルタワーも、シカゴでジョン・ハンコックタワーやシアーズタワー(今はウィリスタワー)。

エッフェル塔ももちろん、昇った。

外国に行っても観光地は回らないという人もいるけど、私は映画や教科書、本に出てたら行く(笑)。

だから永遠に行きたいところは増え続けて行く(^^;)。

そして「自分で行く」ということに何より魅力を感じている気がするなあ。

連れて行ってくれる人を待っていてはいつまでも行けないから、自分で動く( ̄▽ ̄)。

外国に行きたいと思っている人は、言葉なんてしゃべれなくてもどうにかなるから、英会話を習うより、まず行ってしまうのが大事だと思う~(←なんでも見切り発車の人)。

時間は待ってはくれないのだ。

マンハッタンの夜景を観ながら、「あの時の私はこうして4回も来るなんて思ってなかったろうな」としみじみ。

帰りは真夜中になったので、イエローキャブに乗って帰りました♪

最近はレシートに乗車時間まで載ってて、NYのタクシーも変わったなあと感心。

さて、翌日の7月1日は、メイン行事は「自由の女神」と「ニューヨークヤンキースの試合観戦」です!

この日の夜22時頃、ヤンキースの観戦チケットがメールで送られてきてた( ̄▽ ̄)。日本時間のメールだからニューヨークの朝9時に送られてたんだろうな。

お楽しみに。 ヤンキースチケットをお願いするならNYのここ

⇩次回の記事

 




旅メモ (BOSTON・NY2018  #53)

@JUN/30/2018(SAT)

@トップ・オブ・ザ・ロック TOP OF THE ROCK


@googlemap

【OPEN】毎日8:00~24:00(最終23:15)無休

【入場料】大人36$ シニア(62歳以上)32$、6~12歳28$、6歳未満無料

※シティパス対象

【地下鉄】B/D/F/M線 47-50th.st Rockfeller Center駅より徒歩3分

入場は50丁目1階入り口から。地下1Fのチケット売り場へ行こう。

旅のスケジュール

21:45 The Summer Garden 会計、出る

22:00 G.Eビル地下1階からセキュリティチェックを受けエレベーターに乗って2階へ

22:10 2階で高速エレベーターの順番を待つ

22:25 高速エレベーター サミットシャトルへ乗る

22:30 67階「TOP OF THE ROCK」入り口へ

70階、69階を巡り満喫。

23:21 Yellow Cab乗車

23:32 Hotel「The Redbury Newyork」へ到着

旅のMONEY

※Top of the rock  Charge  36$×2 計72$(City Passの代金に含む)

Yellow Cab   11.76$ Tip含め、15$支払う




 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー