映画好きが集まる「隣人映画の会」5月部告知With『クリミナル 2人の記憶を持つ男』

こんばんは。ジャスミンKYOKOです。↑出展:http://eiga.com/movie/81933/gallery/

毎月、月の始めは悩みどころ。映画の会の宿題を考えるからです。日にちはだいたい決まっているのであまり悩まなくていいけど 宿題は1週間くらい悩みながら通勤したり、何かをしていても頭のはしっこにあります( ̄▽ ̄)。でも楽しいけど。

さて、今回の映画の会の告知のお供の映画は、『クリミナル 2人の記憶を持つ男』。

 

ケヴィン・コスナーに悪役が務まるのか?

映画の会メンバー男子の数名が映画館に観に行って「なかなか面白かった」と言っていたので、前情報なしで観ました♪わたしも当時、見たかったけど、行けなかった映画。

面白かった!!!ケヴィン・コスナーはどうにも手がつけられない囚人の設定。・・・それでもやっぱり「いい人」だけど(笑)。

だいぶ前ケヴィン・コスナーが大人気だった頃、CMで「ケヴィン・コスナーが初の悪役!!」みたいに『パーフェクト・ワールド』を大々的に宣伝してたので、「わーどんな悪役?」とワクワクして観に行ったら これも囚人だったけどそこらへんの人よりいい人だった(笑)。

トム・クルーズの「冷酷な暗殺者」と謳われた『コラテラル』もそうだったけど、悪役ができない2人なのよね(笑)。こちらも求めていないから、悪役は他の人に任せていいんじゃない?と思う(笑)。

今回は年齢も重ねて、以前の囚人役よりいくらか悪人風(笑)ではあった。

出展:http://miha.at.webry.info/201703/article_7.html

ケヴィン・コスナーは善人顔なので、まず設定を「悪」にしないといけない。「囚人」「手の付けられない凶悪犯罪者」とか肩書きがまず必要なのだ。+「刈り上げ」と「ヒゲ」。

映画の会メンバー男子が「面白かった」とうなる気持ちはなんとなく分かった。犯罪映画+ちょっとしたSF感が入っている。

アメリカの核ミサイルを自由に操作することが可能なハッカーとCIAは裏取引をしようとしていたが、そのハッカーの居場所を知る捜査官が任務中に亡くなってしまう。

危機感を感じたCIAは、亡くなった捜査官の記憶を、凶悪犯罪者ジェリコ(ケヴィン・コスナー)の脳に移植し、なんとかハッカーの居場所をつきとめようとするが・・・。

 

出演者が意外に豪華!!

出展:http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5183527.html

出演俳優が意外と豪華。脳に記憶を移植する研究をしている博士がトミーリー・ジョーンズ

出展:http://eiga-suki.blog.jp/archives/criminal.html

CIA捜査官、ウェルズにゲイリー・オールドマンわたくしジャスミンの記憶では、ゲイリーケヴィン・コスナーがかつて共演したことはないと思う。初共演~わーい。

出展:https://ameblo.jp/renshuuu/entry-12253860516.html

亡くなった捜査官ビルが、ライアン・レイノルズだとは・・・。映画観てる時に、気づかず。ライアン・レイノルズに関してはよく起きる現象。なんか印象に残らないんだよね(;^ω^)。女優には人気みたいだけど・・・、私にはイケメン枠になるのが不思議な一人(;^ω^)。

出展:https://www.cinemacafe.net/article/img/2017/07/09/50856/298524.html

↑亡くなった捜査官ビルの妻ジルがガル・ガドット

ワンダーウーマンだから、侵入者なんてあっさりやっつけそうに見えるので(笑)、あまりハラハラしません(笑)。

↑『ワンダーウーマン』これも男子チーム絶賛でしたが見てません(;^ω^)。

 

ちょっとラストは出来過ぎな感じもするけど、飽きることなく最後まで楽しめた♪

出展:https://blog.goo.ne.jp/skooon/e/839e29f1cfdc4c93fe8315f384fcf5b4

『フェイス/オフ』は 顔を張り替えただけなので、悪人の心のまま、憎い捜査官の妻を抱いたりして復讐する、イヤなテロリストをニコラス・ケイジが演じてて面白かった。

これは脳みそを入れ替えるとかではなく、一部を移植するので、自分とビル捜査官の記憶が混在して、右往左往するのが面白かった(*^^)v。

それにしてもいつも思うけど、記憶が消えた男のフラッシュバックって、なんで恋人や妻とのエロシーンなんでしょうか?(笑)。それ以外に思いだすことないの?(笑)。

CIA捜査官の技術の記憶も悪人に与えることになるんだから、悪い方に働いたらものすごく怖いことなんじゃないの?とかツッコミどころはたくさんある(笑)。

アメリカの刑は加算式なので刑期150年とかの人はいてもいなくても世間にバレないから、こうやってCIAの好きなようにモルモットにされてるのかも!!(膨らむ映画かぶれの妄想)。

なかなか見られない暴力的なケヴィン・コスナーも新鮮でした。

数年前にリュック・ベッソン監督がケヴィン・コスナーをコミカルに描くCIAモノ『ラスト・ミッション』があったけど、長年のケヴィン・コスナーファンとしては、うーんという感じだった。ケヴィン・コスナーは口数が少なくてフッと笑う姿が好きなので、「コミカル」はあまり求めてないのだ。

今回は、その私の好きな感じだったので、またよかった(^^♪。

 

@ファンの私がおススメするケヴィン・コスナー作品



『アンタッチャブル』『守護神』『追いつめられて』

 

隣人 映画の会 5月の部 告知

映画の会、5月も楽しく開催です♪

映画好きが集まって 今月観た映画や過去作品などについて語り合う会です。オシャレ映画は観てない(^^;)というあなたも大丈夫!

主催者がスタローン好きなので安心していいですよ!(スタちゃんを自虐ネタに使うな笑)。

さて、今回の宿題は、

●第二次世界大戦・ナチスもののオススメ映画

●詐欺・泥棒・強盗オススメ映画

●世間では絶賛されたり、マスコミが取り上げて話題になった映画だったけれど、自分はイマイチ魅力が分からなかったもの(笑)

第二次世界大戦に関係するものは色々出てるのであえて 区切らせてもらいました(^▽^;)それ以外の戦争で、第一次世界大戦以降はまた違う時に出題予定。(女子からクレームきそう・・笑)

今回はおススメとはまた違って「イマイチ」な映画を宿題と出してます( ̄▽ ̄)。もちろん、スタちゃん映画も出してもらってOK(笑)。

Uさんが「下手な作品出すと袋叩きに遭いそう」と言ってたけど(笑)、男子チームの大変さがにじみ出ています(笑)。『トゥルーロマンス』の良さが分からなかったと言ったら女子全員からブーイングを受けたのがトラウマになっているかも(笑)。

怖がらないでくださいね。ブーイングは仲良くなった証です(笑)。

そういえば、映画メシの大会をしたのが去年の5月。あの時はほんと楽しかった(*^^)vもう1年経ったのねえ~。あの日は食べるのも忙しくてほんと3時間じゃ足りなかった(笑)。またやりたいなあ。

映画好きの方はぜひ、「お問い合わせフォーム」から申し込んでみてくだされ。




@『クリミナル 2人の記憶を持つ男』(2016年 米)

ジェリコ・・・・・ケヴィン・コスナー

ウェルズ・・・・・ゲイリー・オールドマン

フランクス医師・・トミー・リー・ジョーンズ

ジル・・・・・・・ガル・ガドット

ビル・・・・・・・ライアン・レイノルズ

@「隣人 映画の会 5月の部」

5月29日(火)

20:00~23:00

場所:スペースイングリッシュ

福岡市南区大橋2-13-15 3F

※会費600円

食べ物飲み物持ち込み可 (汁物はNG うどんやラーメンなど)

ポットがあるので温かいコーヒーや紅茶も30円でOK

(スティックコーヒーやティーバッグあり)

自前のティーバッグなど持ち込む方はお湯代30円

※要予約 jasminekyoko.neighbors@gmail.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー