【福岡市中央区大濠公園 カフェ】「FUK COFFEE Parks(フックコーヒーパークス)」飛行機好きは行って欲しいカフェ

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

春吉のFUK COFFEE(フックコーヒー)も気になっていたが、いつもインスタ女子が長蛇の列(席数が少ないため)なんだよね。

それならと、新しく大濠公園近くにオープンした2号店「FUK COFFEE Parks(フックコーヒーパークス)に平日に行ってみることに。

ドリップコーヒーもすごく美味しくて、クラシックカスタードプリン(写真は黒ごま)も脳天はじけるほど美味しかった♪

もうすでにまた食べたくなっています笑。

天神からバスですぐ行けるのでおすすめですよ♪



「FUK COFFEE Parks(フックコーヒーパークス)」の情報

※新型コロナウイルスの関係で営業時間が変更になる場合があります。

 店名
「FUK COFFEE Parks (フックコーヒーパークス)」
  住所  〒810-0062 福岡市中央区荒戸1-4-20
 TEL  092-741-6600
 店休日  無休
 営業時間 【平日】  08:00~22:00
【土日祝日】08:00~22:00
 予約の可否  不可
 クレジットカード・電子決済  PayPay/Rakuten Pay/交通系IC
 座席数・喫煙可否    テーブル席12名、テラス10席程度/全席禁煙
 駐車場  なし
 WEBサイト  公式Webサイト
 instagram

 

アクセス

西鉄バス「荒戸(あらと)1丁目」、または福岡市地下鉄の「大濠公園駅(おおほりこうえんえき)」から徒歩3分。

 

⇧天神のパルコ新館前のバス停(新天町入り口バス停)からバスがあります。3・7・77のバスに乗り「荒戸1丁目」で降りると歩いて3分です。

 


⇧バスや地下鉄を降りたら道の向かい側に見える「平和台(へいわだい)ホテル」の広告門をくぐって歩きましょう。
歩いたら2分ほどで左側にあります。

 

新型コロナ対策


⇧入り口に自動で出るアルコール液があります。

店員さんも全員マスクをしており、テラス席もあります。

手洗い所もトイレの外に設置してあるので、手も洗いやすいです。

 

「FUK COFFEE Parks(フックコーヒーパークス)」コーヒーと黒ごまプリンにノックアウトされる

カウンターで注文を待っている間に体が冷えたので、ドリップコーヒーを注文できた。

私が頼んだのは「ホンジュラス」。酸味が強い方だけど薄いと感じることはなく、これはすごく深みがあって美味しかった!

お供に選んだのは、クラシックプリンの「黒ごまカスタード」(500円)。


⇧黒いプレート(お皿)がプリンをよりかっこよく見せます。

黒ごま好きのわたしは、濃厚な黒ごまの味にノックアウトされました!

お、美味しい・・。


⇧濃厚であっても、甘すぎないので嬉しい。黒ごまのこくと酸味のあるホンジュラス(コーヒー)がバツグンの相性。

久しぶりに最高な組み合わせに出会い、感激に震えるおやつタイムでした♪

 

「FUK COFFEE Parks(フックコーヒーパークス)」の魅力

「FUK COFFEE(フックコーヒー)」は、「空港・飛行機・旅行」をテーマにしたカフェです。

名前は福岡空港の空港コード(スリーレターコード)の「FUK」から来ています。(スーツケースに表示されるあの記号のこと)

福岡から始まり今は、「NGS(長崎)」、「OSA(大阪)」、「HIJ(広島)」と店舗展開。

福岡では2店舗目となるここ、「FUK COFFEE Parks(フックコーヒーパークス)は、2021年4月にオープンしたばかりのカフェです。

大濠公園(おおほりこうえん)から近いことから「Parks」が付いています。

 

コーヒーもエスプレッソも美味しい


⇧アイスカフェラテ550円。

アイスカフェラテは、この縦にロゴが入った細長いグラスが映えます!

美味しくてゴクゴク飲んでしまった!(朝一度来た時飲んだのだ笑)

「FUK COFFEE」では、福岡で有名なスペシャルティコーヒー※の老舗「ハニー珈琲」さんの豆を使っているらしい。

※スペシャルティコーヒー・・・産地や生産・管理方法にこだわった豆をそれに合う適正な抽出方法で淹れたコーヒーのこと。


⇧「FUK COFFEE Parks」で味わえるスペシャルティコーヒー550円。

ホットのドリップコーヒー(ここはペーパードリップです)は、縦長の陶器のカップでいただけます。カップが薄いので、口当たりがいいです♪

このコーヒー、本当に美味しかった!

黒が「エルサルバドル」、白が「ホンジュラス」550円。

コーヒーがそこまで得意じゃない方は「エルサルバドル」の方が酸味が少なかったのでオススメ。

「FUK COFFEE」(2店舗とも)で出される磁器のカップは、すべて有田焼で「iwanaga kazuhisa」というブランドらしい。(佐賀県民なのにそのブランド知らなかった、失礼笑)

 

映えるドリンクが豊富


⇧他の方が頼んでたメロンソーダ。

これも美味しそうだった!

ドリンクの種類に応じてロゴの配置を考えたカップデザインなんだろうね。

 

プリンやシュークリームがイチオシ、夏はかき氷も


⇧「FUK COFFEE」と言えば、この「クラシックプリン」500円。

手前が「黒ごま」で奥が「カスタード」です。

このノーマルなカスタードプリンも美味しかった♪甘すぎないから大人に嬉しい。

黒ごまに比べればサッパリしています。


⇧シュークリーム(220円右)もここParksのイチオシスイーツらしい。

「大人のバスクチーズケーキ」もかなり気になりました(大納言小豆と抹茶入り)500円。

「FUK COFFEE Parks」ではスイーツに力を入れており、工房も併設されていて出来たてが味わえるカフェになっています。

かき氷も登場していて、近くの席の方は桃が1個丸ごと乗ったかき氷を食べていましたよ♪。

 

飛行機のラテアートを頼める

⇧ココアのステンシル(厚紙などの型を抜いたところにココアを振りかける)で、飛行機や「FUK COFFEE」のロゴをカフェラテの上にトッピングできるようです(➕20円)。

今度冬にホットを頼んだらやってみます!


⇧このように飛行機が乗っかる感じです。

ペットと入店可能


⇧ペットのリードをつなげるフックが4箇所あります。

手前がテラス席になっており、向かい側のテーブルでペットを見ながらくつろぐことができます。

大濠公園などでペットの散歩したらぜひ寄りたいお店ですね♪(マダム気分が味わえそう)



「FUK COFFEE Parks(フックコーヒーパークス)」の店内のようす

 

入り口・外観


⇧コンクリートに木目調のシンプルなデザイン。

浮かせた店名のロゴのライトが素敵♪

 


⇧大濠公園側から来ると、こんな感じ。手前がテラス席で奥に注文するカウンターと室内席があります。


⇧正面から向かって右側の壁。コロナ禍でのオープンだったので、手前をテラス席にして風通しをよくするなど、デザインは考えて作ったらしい。私の好きな鉄骨!!

 


⇧入り口がテラス席から始まると、なんとなく涼しい感じがします。(猛暑なのでよりそう感じる)

 

テラス席


⇧テラス席はL字のベンチとスツールの組み合わせ。10名ほど座れそうです。

涼しい時に来たら、こちらの方がきっと人気の席になりそう。(この日は暑くて中にしか人がいなかったけど・・笑)

 

カウンター


⇧中に入ると、すぐオープンカウンターがあり、正面のアクリル板の前で注文、支払いをします。(PayPay、RakutenPay、その他交通系IC OK)


⇧手際をすべて見られてしまう、低いオープンカウンター。

カウンター一番右にある白いドリップメーカーは、スマホと連動していてお湯や粉の量を間違えないようにする仕組みのハイテクメーカーらしい!!

しかも、普通のドリップ(上からお湯を落とす)、フレンチプレス(お湯に粉を浸して抑えて抽出)、コールドブリュー(水出しコーヒー)の3種類が作れちゃうスグレモノらしい!

ほ、欲しい!(デザインもかわいいし)

 


⇧注文するカウンターの左側にスイーツの冷蔵庫があります。

もちろん、テイクアウトも可能です。

テイクアウト用のプリンはかわいい瓶詰めになっていてオシャレなお土産になりそう。

 

店内・テーブル席


⇧室内には2名掛けの席が5席。スタンドタイプのテーブルが2つあります。

入り口も開け放してあります。

 


⇧窓際は壁に沿ってベンチタイプの椅子になっているので、友達の荷物も置いてあげることが出来ます。

トイレ


⇧トイレのドアは未使用時は開いており、ドアノブを触らず入れます。

使用中かそうでないかが遠くからわかるような配慮もあるんでしょうね。

洗面所がトイレを出た場所にあるので、手を洗いたいだけでも利用しやすいのがいいですね。

せっかく手を洗った後にドアノブを触りたくない気持ちまで考えられているようでありがたいです。

 

ショップ棚

入って左側の壁に「FUK COFFEE」のグッズや豆が売ってあります。


⇧FUK COFFEEで使用されているマグカップと、カップ。有田焼の「iwanaga kazuhisa」ブランドの磁器です。

ラテ用のマグ(左上)2,000円、シングルオリジンカップ※(右上)2,300円。

※シングルオリジン・・・豆をブレンドせず、単一種類の豆のこと、ここでは商品名。


⇧FUK COFFEE専用に「ハニー珈琲」が厳選した豆も売ってます。(860円~)

 


⇧左側は「カフェオレベース」牛乳を注ぐだけで簡単にカフェオレができます。

右側は冷たいドリンクに映えるロゴが入ったFUK COFFEEのブランドグラス。1,800円。

 


⇧FUK COFFEEブランドのタンブラーもあります。3,300円。

 

「FUK COFFEE Parks(フックコーヒーパークス)」のまとめ

とにかく、もう一度この組み合わせを食べたい、それだけ笑。

シュークリームも大好きなので、ここもシュークリーム推しだからいつか味わってみたい。

プリン好きとしては、クラシックなカスタードプリンが流行って嬉しいこの頃。

黒いお皿には白いカップ、白いお皿には黒いカップと、友達と互い違いにしてもらってすごく写真の撮り甲斐がありました。

テラス席が涼しい季節になったらまた行きます。

 

 

「FUK COFFEE Parks(フックコーヒーパークス)」の情報

※新型コロナウイルスの関係で営業時間が変更になる場合があります。

 店名
「FUK COFFEE Parks (フックコーヒーパークス)」
  住所  〒810-0062 福岡市中央区荒戸1-4-20
 TEL  092-741-6600
 店休日  無休
 営業時間 【平日】  08:00~22:00
【土日祝日】08:00~22:00
 予約の可否  不可
 クレジットカード・電子決済  PayPay/Rakuten Pay/交通系IC
 座席数・喫煙可否    テーブル席12名、テラス10席程度/全席禁煙
 駐車場  なし
 WEBサイト  公式Webサイト
 instagram




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA