プロセスまで楽しんだ者勝ち With「ジョルジュ・マルソー」

こんばんは。今夜はめでたい晩です。ジャスミンKYOKOです。

私のかわいい姪っ子が小学生から抱き続けてきた夢、パティシェにとうとうなった

のである。しかも中学の時からずっと憧れ続けたパティスリーに内定が決まったのだ!

「ジョルジュ・マルソー」の紹介を今日は記事に載せようと思っていたら、妹から

ケーキつながりな上に、HAPPYネタが舞い込んできた。

姪っ子は小学校の時から 図書館から借りてきた、美味しそうなスイーツが載った

本のレシピをノートにイラスト付きで楽しそうに書き写していた。

休みの日には妹を巻き込んでスイーツを作っていて、私は食べる専門(笑)。

中学校では、職業体験にその憧れのパティスリーに自らアポを取り、体験に行って

ものすごく嬉しそうだった。親やおばやばあちゃんも入れ代わり立ち代わりその様子を

見に行き(アホ家族)

「これが〇〇が手伝ったケーキかも??」とその3日間は偵察組が買ってきたケーキが

家中溢れていたらしい(笑)。

高校も同じお店に研修に行きたかったが、「同じところはダメ」だったらしく、違う

パティスリーに。

ますます想いが募った彼女はこの春、洋菓子専門学校へ行き、今度こそそこへ研修に

行ったのだった。その嬉々とした様子にオーナーシェフがすぐに気が付き、

「もしかして 中学校の時も、来なかった?」

オーナーシェフは求人をその学校に出してくれたらしく、面接に行って 本日晴れて

「内定」をもらったらしい。

小さい頃から夢がブレないってスゴイね!

先生から正社員をすでに募集してた違うパティスリーを薦められても

「アルバイトでもいいから あそこがいい」と譲らなかったらしい(笑)。

見事、願い叶い、しかも予想もしてなかった正社員で内定をもらったのだ。

小さい頃から観てるけど、不安そうな顔を見たことがなく、いつも楽しそうだった。

やっぱり楽しくウキウキしながら まっすぐに毎日を過ごしたら、叶うのねえ。

彼女はわたくしKYOKOと同じてんびん座なので秋に大きな動きがあったのかな。

↑この前の週末、「梅山鉄平食堂」で和定食を堪能したあと、徒歩で近くの

「ジョルジュ・マルソー」へ。

木のぬくもりと白いストーンの大人な雰囲気。中には10席くらいのイートインが

あります♪元同僚女子が4月生まれの誕生日会の時にここのチーズケーキをバルに

持ち込みしてくれたのに、飲みすぎて 具合悪くなり、タクシーで強制送還(笑)。

彼女は一口も食べないままだった(笑)。その後にリベンジはたぶんしただろうが(笑)。

↑私は大好きなミルフィーユ。パイ生地のもいいけど、クレープのミルフィーユも

たまらなく好きなのだ。

↑ブレンドは450円。コーヒー好きとしては。「うっ・・・」

デミタスカップか(小さい)・・・・(^_^;)。

そう思ったら二杯目があったのでものすごく嬉しかった!!すごく好きなミルフィーユを

選んだのに、元同僚女子が選んだ、チーズケーキのピスタチオにあっさり敗れる。

・・・美味しすぎる!!!!!

「今度来たら 絶対これを食べる!!」そう決めてしまうほど、その一口は美味しかった。

大丸からキャナルに向かう春吉の通りの「カドノ、カシーワ」から曲がったとこにあった

ので、覚えたぞ!

焼き菓子もいっぱい。姪っ子の行くパティスリーは、わたくしKYOKOの、

小学校からの幼馴染兼男友達がオーナーシェフ&経営してるとこなのだ。

おばのことを言うのも恥ずかしいので内緒にしていたらしいが住所でバレたらしい(笑)。

その男友達も30歳で起業して、夢を着々と叶えてる。

同窓会でも一番キラキラしてた気がするなあ( ̄▽ ̄)。同窓会に行くと、20代はみんな

キラキラしてるけど、30代過ぎてキラキラしてる人は少なくなってくる。

実家はこれからすべての行事がそこのケーキになることは間違いない(笑)。

幼馴染と姪が一緒に作ったスイーツが食べられるようになるなんて幸せ!!


@ジョルジュ・マルソー

福岡市中央区渡辺通5-8-19

マイスタア5-1F

092-741-5233

10:00~21:00 不定休

※禁煙 ※イートインあり ※駐車場なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー