『ザ・マミー /呪われた砂漠の王女』トム&モンスターも悪くない♪

こんにちは。本日は仕事帰り、スタバに寄っています( ̄▽ ̄)

さっきまですごい睡魔で、エジプト2000年の呪いにかかったように

眠かった。ここには14時半には着いたのに今から書きだし(15時半)(^_^;)。

さて、昨日、お仕事帰りに15時からの『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』

行ってきました♪中洲大洋のポイントが貯まっていたのでタダで見ちゃった♪

トムはなんだかんだ言ういながらも ほとんどの作品を観てる。

「トムファン」だと公言はしてないものの、やはりファンではないかと近頃思う(笑)。

だからと言ってスタちゃんに抱くような⦅人生の師匠⦆とかいうのでもなく、

ダニエルやブラピに抱く⦅あの腕に包まれたい⦆などのエロい願望も沸かず(アホ)、

何だろうなあ。・・・・友達?(笑)

高校生のわたくしKYOKOを『トップガン』であっという間に

アメリカかぶれ女子の世界へと連れてったお方なのだ。

スタちゃんを『ランボー2』で好きになった14歳の時は、

親や教師や同級生に嫌気がさしていた反抗期真っ只中の

ティーンの救われない気持ちの時に見たので、まさしく「神」(笑)。

だから、トムとはまた違うんだよね。

トムは、ブラピみたいにジャンキーや殺人鬼の役なんてしないし、

シリアスな役もしなくて 演技派とかも言われないから

わたくしKYOKO自身も「トムが好き」と言うより、「ブラピが好き」と

いう方が「映画好き」としてカッコいいという、10代の見栄?みたいなのが

あったのかもねえ(^_^;)たはは  修業が足りん。

かっこいい部屋に見せるために『グラン・ブルー』

ポスターを貼ってたように(笑)。

でもあれから何年経っても スカッとくるハリウッドのエンターテイメントが

やっぱり今でも好きだし(笑)。好きなものは好き。

トムちゃんを好きなことに「理由」は、もはやいらず(笑)。

舞台は中東。駐留していた米軍の爆撃機が爆破したところに 偶然、

古代エジプトの石棺が発見される。発掘に立ち会った米軍のニック(トム・クルーズ)は

考古学者ジェニーと共に輸送機でロンドンに運ぶことに。

それは 眠りを妨げてはいけない棺だった・・・・。

↑古代エジプト好きとしては、こういうアヌビス神とか出てくると超ウキウキ♪

犬の頭をしている神で「死者の国」をつかさどり、埋葬されたミイラの守護神とも

言われた神なの~。

エジプトの王女でありながら、遠い中東に埋められた棺。見つかるのを恐れたかのように。

女王になりそこね、悪の力に手を出してしまった邪悪なエジプトの王女アマネットが

封印されていた棺だった。その封印をニックが解いてしまう・・・!!

古代エジプトは子供心に「神秘的」でありながら「怖い」とずっと思ってた。

小さい頃に読んだ「ツタンカーメンの呪い」がたぶん、尾を引いているのよね(笑)

あんなのを小学生の時に読んでるから ビビリになっちまった(;^ω^)。

怖がりのくせにオカルト好き( ̄▽ ̄)。

欧米のお化けよりも、エジプトのは、日本の「呪い殺す」に近いものが

あるから余計に怖いのかもね(;^ω^)。

↑包帯グルグルミイラなのに、なぜかカッコイイ、アマネット役は『キングスマン』

センセーションに脳裏に焼き付いたソフィア・ブテラ。

 

↑ガゼルの役は新しかったなあ!!

彼女が棺に封じ込まれるエピソードあたりはほんと、古代エジプト臭満載でゾクゾクするし、

2000年の封印から蘇ったところのくだりは わたくし好みでもう最高!!!!

前半はテンポよく超!!面白かった!!

残念なのは、ちょっと後半とラストが、無理やり続編につなげようとする試みが

邪魔をして 残念、惜しい!という感想になります・・・。

今回のこの映画は《ダーク・ユニバース》というユニバーサル映画の企画の

第1作目。

歴代のモンスター映画をリブートした新シリーズをぞくぞく発表するというもので

『ザ・マミー』は、『ミイラ再生』をリブートしたものらしい。

こういう製作サイドの情報は、映画の会男子チームが教えてくれるのだ♪ありがたい~。

しかし、この映画が後半ちょっと残念になったのは、その無理やり「つなげる」

ダークユニバース企画が邪魔したとも言えなくはない・・・(・_・;)。

でも、トムちゃん、がんばった!(笑)

ブラピの『ワールド・ウォーZ』より格段に面白かったよ!

先に映画を見てきたUさんが、

「KYOKOさん、トムのポッチャリ具合にショック受けるかも!」

えええーーーーーーっ!!

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のあの厚みより

さらに増したの?????Σ(゚д゚lll)ガーン

Jちゃんが

『ハムナプトラ』のブレンダン・フレイザーもポッチャリだから

トムも役作りでポッチャリになったと思って観ることにするーー」

・・・(笑)素晴らしい防御策!!。

(※ハムナプトラも古代エジプトとモンスターが出てきます)

恐る恐る観に行くと、オッ!想定の範囲内(笑)。

分厚いトムの体。やはり今回もいい脱ぎっぷりでさらしてくれましたーーー(笑)。あはは

ぶ厚さと乳首の位置の低さが気になりだしたのは

『ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル』から(笑)。

毎回ぶあつい体を惜しげもなく 披露してくれます ( ̄▽ ̄)。

何ていうの?デブじゃないんだけど、分厚くて重そうなの。

ある程度の年齢になったら、鍛えて筋肉はつけれても

全体を細くは出来ないのかも・・・(;・∀・)

『ジェイソン・ボーン』のマット・デーモンも幅広かったしねー^_^;

M・Fちゃんは「むしろ 愛着が沸いてきた」と言ってたが、

私もそう思うことにしよう~(笑)。

トムどころじゃない、デブちんのラッセル・クロウも出てますよん♪

声のセクシーさだけは健在です♪(ひどい)

トムのモンスターの意欲作、ぜひ、劇場で!! ミイラ王女の気迫を観ましょう!

ランキングは後半の残念さで『ローグワン』に負けたって感じかな?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017 米)

ニック・・・・・・トム・クルーズ

ジキル・・・・・・ラッセル・クロウ

アマネット・・・・ソフィア・ブテラ

ジェシー・・・・・アナベル・ウォーリス

@2017 映画KYOKO私的ランキング

1位・・・・『ワイルド・スピード ICE BREAK』

2位・・・・『マリアンヌ』

3位・・・・『マグニフィセント7』

4位・・・・『T2 トレインスポッティング2』

5位・・・・『夜に生きる』

6位・・・・『パトリオット・デイ』

7位・・・・『ハクソー・リッジ』

8位・・・・『ザ・コンサルタント』

9位・・・・『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

10位・・・・『スノーデン』

11位・・・・『沈黙ーサイレンスー』

12位・・・・『LA・LA ランド』

13位・・・・『ローグ・ワン/スター・ウォーズストーリー』

★14位・・・・『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』

15位・・・・『ジョン・ウィック チャプター2』

16位・・・・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

17位・・・・『バーニング・オーシャン』

18位・・・・『スプリット』

19位・・・・『ネオン・デーモン』

20位・・・・『バイオハザード ザ・ファイナル』

21位・・・・『雨の日は会えない 晴れた日は君を思う』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー