【映画ロケ地】航空宇宙博物館・自然史博物館~ワシントンDC(ナイトミュージアム2)

こんばんは!!ジャスミンKYOKOです!

今夜は「ナイトミュージアム2」の舞台になった、アメリカ、ワシントンDCのスミソニアン博物館群の中の、「航空宇宙博物館」と、「自然史博物館」をお送りします!!!

ベン・スティラーはあまり好きじゃなかったのに、なんだか、「ナイトミュージアム」のCMに惹かれ映画館に子供たちを連れて観に行ったら、ハマった!♪面白い!

それ以来、ベンの作品は好んで見るようになった、(アフレックじゃないよ・・笑)異色の博物館コメディ♪

今は、映画館で、イギリスの大英博物館が舞台の「ナイトミュージアム3」があってるけど、
その感想を書く前に、「ナイトミュージアム2」とアメリカの旅を♪

ニューヨークの自然史博物館の夜の警備員として働きだしたラリーも、最初は魔法の石版の力で
夜 勝手に展示物が動き出すのに驚き、とまどったけど(ナイトミュージアム1の話)、今はそれも慣れ、平和に暮らす毎日。

息子との仲も良好。TVショッピングのビジネスが思わず成功を収め、警備員の仕事もやめて
裕福で多忙な毎日を送ってたラリー(ベン・スティラー)にある夜、展示物の小さなミニチュアたちから電話が!!

↑このカウボーイ、ジェデダイアオーウェン・ウィルソン)とローマ軍のオクタヴィアスのミニチュアがいつもカワイイのだ!

NY自然史博物館の改装のため、展示物たちは ワシントンDCのスミソニアン(世界最大の博物館群)へ移送されることに。
間違って 石版まで送られたため、スミソニアンの展示物までよみがえってしまい、大混乱!!

TOPのKYOKOと一緒に写ってる飛行機は、映画でラリーを助ける、アメリア・イアハート(映画での役はエイミー・アダムスが演じた)が乗った飛行機。

リンドバーグに続いて大西洋単独横断を女性で世界で初めて成し遂げた人♪

↑この飛行機ね♪キャーうれしーー

↑「ナイトミュージアム2」のコーナーもあった♪

イギリス人の科学者スミソンが「知識の向上と普及」に役立ててくれと、遺産をすべて寄付。
そして作られた、世界最大の博物館群。
9つも博物館があって入場料は無料。
ワシントンDCでは、
お金をほとんど使わなくていいのよ~♪ふふふ

↑これはスミソニアンの自然史博物館の入り口♪

世界最大のゴキブリなんかもいて、昆虫を見るの好きなKYOKOと子供ちゃんは大興奮!!
触われはしないけど、虫や爬虫類コーナー見るの好きなんだよね♪

ゴキブリもまた違う時に紹介するね!!!(イヤ?笑)

↑NYの自然史博物館とはくらべものにならないくらい、デカイ!広い!!!

この自然史博物館の向かい側にあるのが、映画の中で 魔法の石版を使って(ベンの右側に石版をはめ込む)エジプトのファラオが世界征服をたくらもうとする場所♪↓

アメリアとラリーが協力して混乱を鎮めるのだけど、その中で二人が一緒に乗るのが、ライト兄弟の飛行機♪↓(世界で初めて飛行機を作って飛ぶのに成功した兄弟)

↑これがホンモノ♪
小学校から伝記を読んでたので 感激ー!!!!!!

これは「航空・宇宙博物館」にあるのだ♪

↑ロケットもいっぱい!!!(アホなやつ・・・)

アポロが持ち帰った「月の石」も展示してあって、
さわれるのだ!↓

僕らの生まれてくる ずっとずっと前にはもう~

・・歌は必要だよね(byポルノグラフィティ)(アホや)

↑この三角の部分が月の石。
ちっちゃ!と言わないでください(笑)人類の奇跡だよね♪うっとり♪

↑「ナイトミュージアム2」では、ピンチの時に、石像のリンカーンが助けてくれるのだ

そのリンカーン像は、リンカーン記念館に鎮座してる巨大な像。

この頃、小学校の新聞で「ケネディ」を取り上げてた子供ちゃんはリンカーンも知っていて、

「リンカーンって大きいって書いてあったけどこんなに大きかったの!!!???」

・・・・いや。これは大きすぎるやろ・・(笑)

↑CGの技術の進歩はすごい!

↑子供ちゃんの後ろにある デカイ建物の中にリンカーンがいる♪

↑ワシントンDCでは ナイトツアーもあって、闇夜に浮かぶリンカーンも見たよ!!

「キャー!!!!猿の惑星だ!マーク・ウォールバーグだ!」

「猿の惑星 PLANET THE APES」で、追いつめられたマークが夜、ここの前を走り去る・・・

映画と旅がリンクすると、もうどうしようもないくらいアドレナリンが出まくり、制御不能な店長、KYOKO(アホ)

「ナイトミュージアム3」の舞台、イギリス、ロンドンの大英博物館も行きました!!

でも、だいぶ前に行ったので映画を見ても、あ!ここだ!とわからず・・(泣)

映画とリンクする写真がもしあったらまたUPしますね~

旅も映画。
やはり、店長KYOKOが心躍る国はダントツでアメリカなのであった(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@アメリカ自然史博物館(スミソニアン)

@航空宇宙博物館(スミソニアン)

@リンカーン記念館

@「ナイトミュージアム2」(2009 米)

ラリー・・・・・・・・・・ベン・スティラー

アメリア・イヤハート・・・エイミー・アダムス

セオドア・ルーズベルト・・ロビン・ウイリアムス(故)

ジェデダイア・・・・・・・オーウェン・ウィルソン

1 個のコメント

  • 日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事もサヨク
    日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事における たくさんのJAL123便の元気な生存者及び、ご搭乗の昭和天皇が、日本の埼玉県警察の警察官らの襲撃(日本語で おまわりさん?らの手により)により
    http://www.marino.ne.jp/~rendaico/ainugakuin/e0011938_16494167%5B1%5D.jpg
    といった惨憺たる虐殺死体と化した

    一方、救助に奔走したのは米国のみであった

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    カテゴリー