マンハッタン教会ツアー!?「セント・パトリック大聖堂」(BOSTON・ニューヨーク#51)

こんばんは。休みの日に書き溜めしとこうと思いながらも、なかなかたくさん書けないジャスミンKYOKOです。

しかも、このニューヨークの記事のためにマンガ「CIPHER-サイファ-」と「ALEXANDRITE-アレクサンドライトー」をクローゼットから出してきて、いつでもスタンバイさせているのが災いとなり、たまに読みふけって進みません(笑)。

さて、その「CIPHER」に出てくる、「セント・パトリック大聖堂」。

「グッゲンハイム美術館」を出た私たちは、ソフトクリームをフードトラックから買って食べながら、86st駅まで歩いた。

ソフトクリームってアメリカで初めて見た!アイスクリームはよく見かけるけど。

 

この日の最終予定は「トップ・オブ・ザ・ロック」の夜景。今では、エンパイアステートビルに負けないくらい人気の夜景スポット。

「TOP OF THE ROCK」とは、ロックフェラーセンターの屋上のことなのだ。

シティパスで入場の予約が出来るので、まずはロックフェラーセンターに向かうことに。予約の時間によっては近くで夜ごはんを食べる計画だ♪

アッパーイーストサイドから、一気にミッドタウンまで下るので地下鉄が早い。

「86 st.」駅で地下鉄④⑤⑥線に乗り、「51st.」駅で降りた。



途中、見かけたクライスラービル    Chrysler  Building

51st.駅を降りてすぐ通りから南側を観ると。「おっ」。

クライスラービルだ!

『Sex and the City 』のオープニングの歌の中で写る、シルバーメタリックでイカシたビル。
『Sex and the City』
もともと、自動車のクライスラーの本社ビルだったもの。

⇧オールステンレススチールで錆びの心配がないらしい。アールデコ調な感じがかっこいいよね!

これもニューヨークの代表的なビルの1つ。

建築に興味がある方にはおススメのビルです♪

ちょっとブレております。駅からロックフェラーセンター方面に歩いてる私。

気温が若干マシになってきました(^▽^;)。ようやくピースもでたようです(笑)。

 

⇧温度が下がってくると、こんなパフォーマンスも繰り出します。

このセリフでピンと来たあなたは素晴らしい

『ダイ・ハード3』でジェレミー・アイアンズに振り回されてるマクレーン(ブルース・ウィリス)の図です(アホ)。

あの映画のシーンを観た時は1ガロンがよく分からなかったので、ピンとこなかったな。

※1ガロン=3.8リットル
『ダイ・ハード3』

見えてきた!!セント・パトリック大聖堂  St.Patrick’s Cathedral

さて、ロックフェラーセンターの真向かいにあるのが、この「セント・パトリック大聖堂」。

ネオ・ゴシック様式の真っ白な教会。

「CIPHER」で、アニスがサイファに「マンハッタン教会ツアー」をやろうとファーストデートに誘う。

「ダセー」と言いながらも楽しそうについてくるサイファ。

その教会ツアーに出てくるのがここなのだ。

クライマックスあたりでも、アニスが行方不明になった時もこの教会にいるのが見つかる。


『CIPHER』1巻

私もニューヨークに行ったら絶対「セント・パトリック大聖堂」に行ってやる!と決めていた。

初めて観たのは94年にアメリカに行った時。嬉しかったなあ。

あの『スパイダーマン』の第1作で、ピーターがMJを初めて助けた時に、このセント・パトリック大聖堂のそばのビルの屋上にMJを降ろす。

『スパイダーマン』

3月17日のセント・パトリックデーのパレードもこの教会が主体となって開催されます。

アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日でアイルランドの祝日。

ニューヨークはアイリッシュがいっぱいいるから、彼らがが多く集まって緑色のパレードになるらしい。(アイルランドの国旗カラー)。

そんなの見ると「モクシュラ!」と言いたくなるね( ̄▽ ̄)

※『ミリオン・ダラー・ベイビー』で、フランキー(イーストウッド)が、無名ボクサーのマギー(ヒラリー・スワンク)を人気者にしようと、緑のガウンの背に「モクシュラ(愛しい人、あなたは私の中を流れる血。ーアイルランドの民族の言葉ー)」と書いて一気にアイリッシュの心をつかむ作戦をした。
『ミリオン・ダラー・ベイビー』

ニューヨーク2回目の時、このパトリック大聖堂に人だかりがしていて、様子をうかがうと、葬儀が行われるらしく、棺が運ばれていた。

!!! 棺に国旗がかかってる!

映画かぶれはすぐに気づき、妹をストップさせ、その様子をしばらく見ることに。

消防士や兵士、警察官とかだったのかもね。

不謹慎だと思いつつ、映画かぶれとしては、なかなか国旗がかかった棺は見れないのでしばらく、教会の中に入って行くまで観ていた。

 

教会の着工は1858年 途中南北戦争で工事が中断したことも

設計はジェームズ・レンウィックによるもので、ドイツのケルン大聖堂を模してあるらしい。やっぱり教会はゴシック様式が好きだなあ

コワ美しい・・・

中には入ったことないけど、9000本からなるパイプオルガンもあるみたいね♪

南北戦争で工事が一時中断され1865年に再開されたらしい。

プロテスタントが多いアメリカで、ここは全米最大のカトリック教会なのだ。

まとめ

ニューヨークは、建物の1個を語るだけでも思い入れが違います(笑)。

それだけマンガに映画にたくさん出てきて わたくしジャスミンの脳内を刺激してきた街なのだ。

このセント・パトリック大聖堂は高校の時、マンガを読んだ時からずっと行きたい教会だった。これを記事に書けて今回は大満足。

さて、次回は、「TOP OF ROCK」です。お楽しみに。

⇩次回の記事




旅メモ (BOSTON・NY2018  #51)

@JUN/30/2018(SAT)

@パトリック大聖堂  St.Patrick’s Cathedral


@googlemap

旅のスケジュール

19:30 Guggenheim  MUseum  を出る

19:40 ソフトクリームを買う

19:50 Subway 「86St.」駅で④⑤⑥線に乗り、Downtown方向へ

20:00 「51st.」駅で下車

遠めにChrysler  Building を観る

20:15 St.Patrick’s Cathedral  到着

20:30 Rockefeller Center   到着




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー