『誘拐の掟』

こんばんは!!!

リーアム・ニーソン祭り、してきましたよ!!
ヒャー渋かった~

博多シティでしかあってなかったので博多駅のT-joy行ってきました♪

「96時間」が大ヒットして、50代後半から なぜかアクション俳優に仲間入りしたリーアム・ニーソン。
わたくしKYOKOも、「スター・ウォーズ エピソード1」に出てたのも知ってたし、「バットマンビギンズ」(2005年)「ラブアクチュアリー」(2003年)「ギャングオブNY」(2002年)も観たのに、正式なリーアムファンになったのは、「96時間」(2008年)から♪

リーアム、アクションの世界へようこそ!!(アホ)

いつかスタローン&リーアム&渡辺謙の競演が見られたら幸せだわあ~映画館で泣くかも!(笑)
でもね、リーアムの作品はちょっとスタイリッシュ感が漂うのよね・・・。
そこがスタちゃんと融合できるかが問題・・・。(スタファンのお前が言うな!)


⇧聞き込み姿も渋い。 こういう個人商店にほんとは行ってみたい!(映画かぶれ)

『誘拐の掟』。

アクションだと思って行ったら 違った!渋い、サスペンスミステリーですっ
リーアムがこの映画では走りません!(笑)

その前の『ラン・オールナイト』の方が娯楽性が高いので単純にスカッと楽しめるけど、これは じわじわ 恐怖が浸みわたる・・・ゾゾゾーーーっとする作品です!
彼女が恐怖映画が嫌いなら 一人で行った方がいいですよん♪

冒頭10分の見せ方がすごいです
あっという間に引き込まれます!



ストーリー

マット・スカダー(リーアム・ニーソン)は、アル中の元刑事時代に職務中、飲んでたバーで起きた強盗事件がきっかけで刑事を辞め、今は無許可の私立探偵。

・・・また アル中か!

ここ3作連続、リーアム・ニーソン、アル中。(笑)

「フライトゲーム」「ラン・オールナイト」に続き、「誘拐の掟」まで(笑)

「ラン・オールナイト」なんか、さっきまでアルコール漬けだったのにそんなにすばやく、走れますか?
・・・という疑問はおいといて、楽しみましたぜよ(笑)

今回は「禁酒の会」に通ってる設定で酒を飲むのは過去のシーンだけどね。

そんな彼のもとに裕福な麻薬のディーラーから依頼が舞い込む。

男は数日前、妻を誘拐され身代金を40万ドル渡したのに、妻は見るも無残な姿で戻ってきた・・・

警察に電話できない犯罪者の身内ばかりを狙った、連続誘拐事件。
確かに一般人を狙うより、警察介入のリスクはないし、多額の身代金をすぐ用意もできるだろうね。
でも、お金目当てなら何も惨殺する必要はない。

彼らの目的は?ただの異常者なのか?

ヒャー怖い!

ロケ地散策も勇気いりそう・・・

店長KYOKOの 旅の目的、「映画のロケ地」散策も、この映画は無理そう(泣)
今回も「ラン・オールナイト」同様、舞台はニューヨークなんだけど、マンハッタンじゃなくて、ブルックリンとクイーンズ地区。↑

最近、日本で「ブルックリン・パーラー」がヒットしたからか、ブルックリンブーム。(ユニクロのTシャツもそう)
ブルックリンのリバーサイドは開けてきて 安全な観光地になりつつあるもののまだまだ危険なエリアがいっぱいなのだ!

もうちょい安全になるまで ロケ地に行くのはおあずけかも。(やっぱり行くのか)


⇧ブルックリンのこの墓地も怖い・・・・。でも行ってみたい・・・。

ブルックリンのレンガな感じが好きでネイバーズカフェはレンガ色のビルしか考えられなかった♪
(何にでもそういうのを取り入れる人)

ハードボイルド(固ゆでたまごの意味。精神的肉体的にタフなことをさす)ムービーなので、男子にオススメです♪
「セブン」や最近では「プリズナーズ」などの心理的に追い詰められる感じのサスペンスが好きな方にはオススメ♪
もちろん、店長KYOKOも大好きなジャンルです♪ ふふふ

残酷描写はほとんどないのにもかかわらず
あたかも実物を見たかのような恐怖に襲われる映画♪すごい♪

ただ リーアム・ニーソンが一時期 雨に濡れるので
(おじさまを濡らしたらよけいに老けて見える・・・笑)
容姿の「かっこよさ」で言えば、「ラン・オールナイト」の方が○!(アホ)

心理戦に追い込むところやたんたんと調べ上げていく、渋い感じがこの映画はかっこいい。

劇中、図書館で仲良くなる黒人の男の子との関係がこの映画の怖さをやわらげる役目が。

ニューヨーク市立図書館なのかな♪


⇧このさびれたダイナーも素敵!ちょいださのウェイトレスもツボ!

意外にリーアムはアメリカ映画に馴染んでるなあ。ダニエルはあんまり馴染んでないけどね(^o^;)。

アメリカの公衆電話は、「ツー」っていう音が日本とは違うのよね♪
初めてアメリカに行った時は、公衆電話から実家に電話しただけで 大興奮♪(簡単に感動する人)

海外も途中からは携帯を持ってくようになったけど、最初は、硬貨をたくさん持って通りの公衆電話からかけてたなあ
国際電話だから硬貨が落ちるのが恐ろしく早くてほとんど話せず終わってた。(笑)
後からはホテルの中の電話でクレジットカードでかけるようにしたけど♪

こんな映画を見てもアメリカが一番好きな外国のKYOKOなのでした♪


 



映画『誘拐の掟』のキャスト

@『誘拐の掟』(2014年 米)

マット・スカダー・・・・・・リーアム・ニーソン

ピーター・クリスト・・・・・ボイド・ホルスブルック

ケニー・クリスト・・・・・・ダン・スティーブンス

TJ・・・・・・・・・・・・ブライアン・ブラッドリー

レイ・・・・・・・・・・・・デビッド・ハーパー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー