ベネチア/ムラーノ島【ジャスミンKYOKOの絵葉書ギャラリー】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

今回の絵葉書ギャラリーは、イタリアのベネチア。

このポストカードは、1995年(ジャスミン25歳)に母上とイタリアに行った時に買ったもの。

あの時はまず1週間イタリアからそのまま1週間イギリスに行ってきた長い海外旅行だった♪

うーん、やっぱり2週間行くと、さすがに「海外行ったあ」という気分になるので本当にいい♪。

また長く行きたいな。できれば1か月くらい行きたいのう♪

この時はまずローマに行き、2泊。電車で間違ってナポリに行って(笑)またローマに戻り1泊。それからベネチアに行って2泊。



ベネチアは、絶対もう一度行きたい

ベネチアには、絶対もう一度行きたい。

ここに行った時はまだ、『007カジノ・ロワイヤル』も『ミニミニ大作戦』も『インフェルノ』もまだ上映されてなかったからだ!

カジノ・ロワイヤル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]


ミニミニ大作戦Blu-ray


インフェルノ (字幕版)

ここで赤いワンピースを着てATMでお金を出したい(笑 カジノ・ロワイヤルのダニエルの恋人がベネチアでやるシーン)。

今みたいにネットで色んな情報がないから、ネット予約なんてできないし、行き当たりばったりで宿を取ってた♪

この日もベネチアに昼到着後、空いてたので「ホテル ロッシ」にチェックイン。

地球の歩き方の読者の口コミ欄に載ってたホテルだったと思う。

今は観光客多いから、この行き当たりばったりもベネチア本島じゃ難しいかも(^_^;)。


⇧ホテルの入り口。なかなかおどろおどろしいでしょ?

スペインもそうだけど、こういう昔建てたビルの壁を繰り返し使っているから、こんなん恐ろしい入り口でも中は超キレイなホテルってのが多いのだ。

悪いやつのアジトっぽくてたまらない♥。

⇧さっきの入り口から入るとこんな素敵な路地が。あの入り口からはこんな通路があるなんて想像つかないよね。

ベネチアはこんな雰囲気の路地がいっぱいあるから素敵。


⇧「ホテル ロッシ」の入り口。

私の好きなもの満載。鉄格子にレンガ、窓にはプチガーデン♪

まさかの、調べたらこのホテル今もあるみたい♪⇩

Booking.comでホテル ロッシを見る  チラ見できます

この時は2週間で荷物は最小限だったから、洗濯をしつつ、周ってた。


⇧お土産のビニール袋、どかしとけばよかった(^_^;)。

母上は「アングル」を気にしないので、私の頭が切れて『ハンニバル』のレイ・リオッタになったり、肝心の景色の部分が写ってなかったり(笑)。

ハンニバル [Blu-ray]

これもビニール袋を入れずに撮ってくれればよかったけどね笑。ドンマイ。

デジタルカメラの時代だと見直しできるけど、帰国して初めて見るのでバクチです笑。

ゴンドラは、マドンナの『Like a Virgin(ライク・ア・ヴァージン』


⇧ゴンドラの装飾がいちいちカッコいい!! あああここをダニエルがヨットで!!

高校生の時、マドンナの『Like a Virgin』のPV見て、「ああっここに行かなきゃ!」

そう決めた(笑)。

マドンナがゴンドラの上でくねくね踊りながら歌うのだ♪(^ν^)

ライク・ア・ヴァージン

だから、ベネチアに行ったら、ゴンドラに乗るのは必須。

ゴンドラのお兄さんの制服はボーダーなのだ。

母上はずっとイギリスに憧れてたけど、先にイタリア来たら、「イタリア人の方がかっこいい♥」を繰り返してた(笑)。

確かにセクシー✨。おじちゃまも素敵だし♪ゴンドラは狭い水路を通るので、水路沿いのお店の人がよく話しかけてくる。

お兄さんが歌うサンタ・ルチアを聴きながら、どんぶらこ。

でも私の心の中はマドンナが流れてた(笑)。


⇧ボンドの恋人ベスパーが閉じ込められたビル(真ん中の)に似てませんか?あーーまた確かめなきゃ。

ジャスミンKYOKOの煩悩ギャラリー


⇧この写真、良く撮れてるでしょ?

TOP画像の「ムラーノ島」はカラフルなおうちがいっぱい建っててフォトジェニックでヴェネチアン・グラスの製造がさかんな島。

ベネチアの島の1つだけど、この時、ここの情報はあまり知らなくて行けなかったのだ。

ベネチアのお土産ショップで買ったもの♪

このハガキの送り先はオードリー・ヘップバーンが大好きで(服装もヘップバーンを意識したもの)、イタリアが大好きで、NHKのイタリア語講座を毎回見ていた、元の職場の同僚女子。

彼女とはもう何年も会っていないけど、超面白い子で、年賀状のコメントも毎回大笑いする。

ムラーノ島のカワイイ建物もいつか見てみたいけど、ベネチア本島のくすんだ建物の方が好きな気がする♪

この時は富士フィルムの「写ルンです」(インスタントカメラ)に「白黒バージョン」が出たので、モノクロな写真を撮りたくて早速買っていったのだ。

今はどんな風にも加工できるからスマホ1個で事足りるからいいよね。この頃はカメラ、バッテリー、充電器、フィルム15個、写ルンです2個、フィルムX線防止袋とか、色々荷物が多かった(^_^;)。

でもそれも旅の思い出だけどね♥。ベネチアよ、待っててくれ。

Booking.comでホテル ロッシを見る  チラ見できます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー