最後までドキドキハラハラが続く!  エマ・ワトソンの魅力が光る with『コロニア』




出展:http://eiga.com/movie/84594/gallery/

こんにちは。ジャスミンKYOKOです。

本日はいい天気。お昼までの仕事だったので、

今日は久しぶりにカフェに寄って書いています。

(最近、土日の仕事の時は家に帰って書いてたけど(*^^)v)。

ツイッターを今さら始めました(笑)。ブログに埋め込んでるやつです。

ブログのように果たして続くかな??

アメリカかぶれ、映画かぶれなことをつぶやいていきます( ̄▽ ̄)。

最近dtvで見た旧作が、3本立て続けに面白かったので

1本ずつ紹介していきます♪

1本目は『コロニア』、映画の会メンバーM・Fちゃんが、

「逃亡・脱獄・刑務所」の宿題の時におススメとして出してたもので、

主演は、ハリー・ポッターシリーズのエマ・ワトソンと、

ダニエル・ブリュール

1970年代のチリで実際にあった話をもとにした映画。

いやあ、衝撃だった。ドキドキハラハラで最後まで目が離せなかった。

出展:https://in-movies.com/blog/2016/6/27/colonia

ルフトハンザ航空(ドイツ)のCAの制服のエマがかわいい!!

エマって黄色が似合うのね~(美女と野獣もだし)。

左はその頃の、ルフトハンザの写真。

ルフトハンザ航空の予約はコチラ 

CAの彼女レナ(エマ・ワトソン)は、フライトで恋人のいるチリに到着。

チリはその頃、社会主義。

反共産運動が盛んな中、初の自由選挙で選ばれた大統領を応援し、

チリ国民の生活向上のためのデモを行っていた、レナの恋人で

ジャーナリストのダニエル(ダニエル・ブリュールTOP画像右)。

出展:https://in-movies.com/blog/2016/6/27/colonia

エマの着る70年代風ワンピースがどれもカワイイ。

 

次のフライトの合間をダニエルと過ごしている最中、

軍事クーデターが起こる。

ダニエルは半分子とみなされ、逮捕される。

慈善施設がチリの秘密警察の拷問所に使われており、

ダニエルがそこに連行されたと知ったレナは、

を救うため、修道女を希望して入り込む。

その施設はレナの想像をはるかに超えた、異質で

閉ざされた世界だった。

出展:https://news.aol.jp/2016/09/27/colonia/

救い出すチャンスをうかがうも、現実は厳しく、

レナは過酷な労働を課せられ、逐一監視される。

ダニエルの居所も、生きてるかさえもわからないまま、月日はいたずらに

過ぎて行く。

セクシーな服を着てた時やラブシーンの時は、エマじゃない女優さんが

良かったんじゃないの?と思ったけど、自分から乗り込んでいき、

彼を助け出す役柄なら、勇気があって「知的」じゃないといけないね。

賢くないと!。ナタリー・ポートマンと同じく、どんな役しても

「知性」の光が消えない彼女。

アメリカの名門大学に何個も受かっちゃうし、そりゃあ仕方ないか( ̄▽ ̄)。

才色兼備ってこういう感じ?いいなあー。

修道女の恰好は「清楚」だからバッチシ似合う。

出展:https://news.aol.jp/2016/09/27/colonia/

ドイツから逃げてきた元ナチの、カルト教団の教祖パウル・シーファー

ミカエル・ニクヴィスト)。

「ん?なんか見たことある!」途中で思いだせて、嬉しかった。

『ジョン・ウィック』で、キアヌと敵対する、ロシアンマフィアの

ボスです!!この人、好き カッコイイよね!ロン毛も意外に似合う。

何でも見透かす鋭さと、冷酷さが怖かった~。

この集団の異常さと習慣が気持ち悪くて、ほんとハラハラドキドキ

でした。シャーリーズ・セロンアンジーなら、どうにかやっつけそう

だけど(笑)、エマは細くて殴られたら死ぬんじゃないかと

終始ドキドキ・・(魔法も使えないしね・・アホ)。

はー怖かった。

「尊厳のコロニー」という名前がついた「コロニア ディグニダ」は、

表向きは慈善施設だが、時のピノチェト軍事政権下では、拷問施設と

して長い間使われており、今もなお、この頃に捕らえられたたくさんの

者たちは行方不明のままだという。

教祖のパウル・シーファーはほんの、最近の2004年に逃亡先の

アルゼンチンで捕まり、チリに引き渡されて、2010年に88歳で

亡くなったらしい。

こんな恐ろしいことしてても、バチ当たらずにけっこう長生きするのが

皮肉だね(T_T)

南米にナチの残党がたくさん逃げたのは、一条ゆかりマンガで

10代の頃から知ってたけど・・(タメになるマンガ)、

チリで起きた悲惨な歴史にビックリです(゚Д゚;)

 

軍事支配下の拷問施設なんか聞いただけで、いくら好きな人が

捕まったとしてもとても潜入なんかできないよ・・・

(お前はランボーが師匠じゃないのか!)(^_^;)

果たして彼は生きているのか?

そもそも こんな恐ろしいとこから出れるのか?

 

出展:https://cia-film.blogspot.com/2015/09/colonia.html

その人になりきる必要がない時のダニエル・ブリュール(↑)は、

いつもほどよく、ポッチャリ(笑)。

エマの代わりにセクシーなお尻を披露した、

「裸にエプロン」がたまりません!(笑)。

クーデターとかこの頃の社会主義、反共産主義などに興味がある方は、

ぜひ。

70年代のファッションと、ダニエルのお部屋のインテリアの

レトロクラシックもいいですよ~✩



世界最大の口コミが確認できる旅行サイト

 


@『コロニア』(2015年 独・仏・ルクセンブルク)

ダニエル・・・・・ダニエル・ブリュール

レナ・・・・・・・エマ・ワトソン

パウル・・・・・・ミカエル・ニクヴィスト

@ダニエル・ブリュール出演でKYOKOおススメ映画

『RUSH!プライドと友情』

『フィフスエステート 世界から狙われた男』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー