九州 国内旅行 煩悩tabiマガジン(旅行)

貴族の娘になりきる私と、K氏のおなか秒読み(長崎・軍艦島2019 #4)

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

長崎ってやっぱり楽しい。

欧米かぶれにとって「長崎・神戸・横浜・函館」は、異国の香りがする街なので特別に好きな街なのだ。(全部ちゃんと行ってます)

さて、オランダ商館長の家「カピタン部屋」⇧。

⇒【前回の記事】よみがえる閉ざされた時代の中の異国情緒(長崎・軍艦島#3)



カピタン部屋内部は体験コーナー

⇧中にはミニチュア帆船も。

あの時代、モーターとかないから、風と人の力で来るんだろうね(*_*)。すごい。

羽ペンで、貴族の娘気分を味わう

羽ペン体験があった!!!これはやらねば!!

羽ペンが置いてあるオレンジの100均ケースが風情がないけど・・(文句言うな!)

オランダ商館長の家なのに、なぜか私の気持ちは「貴族の娘設定」(アホ)。

「アルプス少女 ハイジ」とかでもクララが羽ペンで書いてたし『マリー・アントワネット』でも結婚のサインを羽ペンでしたしね♥。

身分違いの恋を苦しみながら書く気持ちで書いた(アホウ)。

 

しかも「VOC」のスタンプまである!!(嬉)。テンション上がる!

ジャスミンのサインを書いてみました( ̄▽ ̄)。羽ペンってなかなか難しい!!

思うように動かなくてランボーの弓矢が逆向きになっています。(矢印じゃなくランボーの弓矢なのです・・アホウ)。

「KYOKOちゃん書いたよ」

「は?私?」「うん」

「ツノあるやん!」「そう(笑)( ̄▽ ̄)似てるやろ?」

やはり、やつは反省してないらしい(-_-)。

ここ長崎では、怒りまくる必要がないことを祈る(笑)。

(怒った場所・・寺田屋の前、倉敷、ニューヨーク・・すべて同じ原因)

ここにいるボランティアか、市に雇われてるおじさまがなかなかイカシてた。

私の前にアジア系の外国人カップルが字を書いてた。

その彼女のスマホを指さして「撮ってやろうか?」

ピクチャーの「ピ」も言わず、オール日本語で対応してたのだ。おじさまイカシてる!笑

最初、スマホを取られると思った彼女はサッと自分で手に取ったが、「せっかく来たんなら、一緒に写真撮った方がよか」とか、とにかくオール日本語で終始ニコニコしてたのを見て警戒心がなくなったらしく、スマホを渡してた。

上の私が羽ペン持ってる写真もそのおじさまが撮ってくれたもの♪

外国に行った時もあんな感じで言葉が通じるとか考えず、ただ親切にしたいって人がやっぱりいた。

言葉は通じなくても「親切にしたい」気持ちは伝わるんだねえ。

つい日本人って英語でしゃべらなきゃ!と思いすぎて外国人を最初から避けがちだけど、このおじさまみたく、オール日本語でいいんだよね( ̄▽ ̄)。

番所!(出島では(乙名(おとな))の詰め所で遊ぶ

⇧時代劇で、追っ手から逃げて隠れた主人公を演じる私(笑)。

「あ!!いいのあった!!撮って撮って!」

私はけっこう小さい時から時代劇も見てるので、こういうのに弱い(笑)。

「水戸黄門」は最後バトルがあまりないので、物足りず「暴れん坊将軍」派だった。

あの頃の松平健はかっこよかった(笑)。

⇧乙名の詰め所。雰囲気出てる♪ この番頭台みたいなのがいいんだよね♪

刀を引っ掛けておく棚なのかな。行燈の後ろの鴨居にかかってるやつ。

文机に硯(すずり)。いいなあ。

一度はやりたい「御用だ!御用だ!」(笑)。

こんな狭い出島にもいたんだね、岡っ引きが( ̄▽ ̄)。

ちゃんと草履も置いていて芸が細かい♪

歴史の教科書で習ったものも登場♪

杉田玄白「解体新書」(^^♪

⇧同じく杉田玄白「蘭学事始(らんがくことはじめ)」♪

レプリカと思うけど、嬉しい~。他には平賀源内のエレキテルを再現したものもあったよ( ̄▽ ̄)。

出た!!K氏の「おなかがすいた」

そろそろ言う頃だとは思っていた。

なにしろ、朝は9時くらいに小さなクロワッサンを4つしか食べてないんだから。

「KYOKOちゃん!!おなかすいた!!もういいやん!食べに行こう!!」

しかし、私は、まだ3カ所くらい見ていない建物があったのだ。

「こっち、こっち!!ここに座って!!」と呼んだのが、この上の写真のベンチ。

こういうこともあろうかとチップスターを持ってきててよかった(笑)。

「これを食べなさい!!」

たまに「ご飯食べる前にお菓子でおなかを満たすのはイヤだ」と言い張り、私をムカつかせたこともあったが、この時はよほどおなかがすいてたのか、ここでこの条件を飲まないと私がキレると察したのかわからんが、ちゃんと食べたのでおとなしくなった(どういう人?笑)。

だから、余裕がうまれ、この写真を撮ってくれることも出来たのだ(笑)。

平日で夏休み前で人も少なく、とっても観光しやすいこの日の出島

K氏もおとなしくなったので、あと3箇所建物見たら、ランチに向かいます。

もうしばらくお付き合いを(笑)。

⇒【次回記事】幕末好きは行くべき。出島サイダーで喉を潤す(長崎・軍艦島#5)





JUL/16/2019(Tue)(長崎・軍艦島 #4)

@長崎 出島  

【OPEN】8:00~21:00(最終入場20:40) 

※18:00以降の入場は中央・表門メインゲートのみ

【休園日】年中無休

【入場料】大人510円 高校生200円 小・中100円

※トイレも5箇所ほどあります

⇧黄色の〇がエレキテル、解体新書などが展示されてる「筆者蘭人部屋」。赤い〇がこの出島の中心に建つ、出島の管理者乙名(おとな)の詰め所。

旅メモ

12:00 カピタン部屋で羽ペン体験

12:15 乙名詰め所

12:30 K氏、チップスターを食べさせられる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。