『ゴッドファーザーPARTⅢ』酷評?ほんと?面白かった!

こんにちは!
ネイバーズカフェの、ゴッドファーザーにいまさらやられてる?
店長KYOKOです!!

お客様が映画の話をしていて
「あれ、なんやったかな??」とタイトルを思い出せないのが聞こえた時、
「○○ですよ!!」
と教えたくなる衝動を抑えるのが大変です(笑)

さて、映画の会メンバーからラインがあって
ただいまジュンク堂で
『インフェルノ公開記念』と題してラングドン教授シリーズの
映画のパネル展をやっているそうです!!

やあ。『インフェルノ』楽しみ!!
この前読んだ本の方の「インフェルノ」でラングドン教授がつぶやくセリフに
「ゴッドファーザーじゃあるまいし」というのがあった♪
1を見てたから 何のシーンのことを言ってるのか分かって ものすごく嬉しかった!
こういうの、たまりません!!

今度の映画の会には『インフェルノ』も
『ブリジット・ジョーンズの日記』も
間に合わないな(・。・;
『われらが背きし者』が昨日から始まってる!!ユアンが主演♪
『裏切りのサーカス』の作者、元MI6の作家の原作。
どうにか時間が空けば行こう!!

『ゴッドファーザーPARTⅢ』は 酷評とか評価が低いとか
知ってたからか、期待をせずにのぞんだら
・・・面白かった!!

鑑賞後、映画の会メンバー、口々に

「面白かった!!」

PARTⅡを見たときより 反応がよかったかも(笑)
シリーズで一番高評価なⅡは、期待が大きすぎて
失速してしまった感がある。
でも、アル・パチーノは最高にかっこよかったけど!!

↑PARTⅡのマイケル(アル・パチーノ)。

ファミリーを守っていくつもりが、自分の家族はどんどん崩壊していく。
「時代」というのもあるかも。
女性が地位を確立し、お父さんのヴィトーの時は支えるだけの「妻」が、
マイケルの時はハッキリ「イヤ」「やめて」と主張し、
FBIなども出来て 裏ビジネスはやりにくくなっていく。

PARTⅢは、父の名を取った財団をはじめ、裏家業とは手を切り、
合法ビジネスへのスタートを切ったマイケル。
ヴァチカンへの巨額の寄付で叙勲を受け、
慈善家としてのイメージもつきはじめる。

神の御許でありながら、長い間強大な力を誇った組織(ヴァチカン)というのは
ほろこびや腐った部分はやはりあって。
マイケルの足元を見られ、
利用されていく。

↑裏家業を、亡き長兄ソニーの子、
ヴィンセント(アンディ・ガルシア)(上写真 右)に
ゆだねることにした。(いいのか?冷静さないのに)

あ、そうか、これってアンディ・ガルシア出てたんだ!
姿を見て思い出した(笑)若い!!

↑血の気が多かったソニー兄さん♪

冷静な行動が出来ないヴィンセントを見て、マイケルが
「お前のお父さんも血の気が多かったよ」みたいなことを言うのを聞いて
映画の会メンバー、つい、噴き出す(笑)

しかし、マフィア映画では こういう「短気」な人がバカしないと
面白くない(笑)だから冷静なドンが引き立つ(笑)

芸人の人は娘が芸人と結婚するのを嫌がるように
マフィアもまた、娘にはまっとうな人生を求めてしまう・・・(;^ω^)なんでだろ
お父さんマイケルの計算違い。
大切に育て過ぎた娘というのは、世間を知らないので
「危険な香り」のする男に惹かれるものです(笑)
メアリーは、やはりいとこのヴィンセントに恋してしまった・・・。

↑マイケルの娘メアリー役のソフィア・コッポラ。
この映画の監督フランシス・フォード・コッポラの実の娘。
アクの強い顔とバブルな髪の掻き上げ方が気になった(笑)

↑後半、恋してから少し綺麗になったのか、画像に慣れたのか(笑)、
多少気にならなくなったけど・・・(;^ω^)

不思議なのは、あんだけマフィアが嫌いなケイ(マイケルの元妻)がなぜか
二人を応援してるとこ。自分たちは破たんしたのに・・・(;^ω^)

↑ソフィア・コッポラは今の方が断然いいね(*’▽’)

↑おススメは、いやらしいニョッキの作り方(笑)
映画『ゴースト』のいやらしい陶芸に匹敵します!!!(笑)あははは

※ニョッキ・・・・イタリア料理の団子状のパスタ。じゃがいもをつぶしたのを小麦粉と混ぜる

この映画で一番キョーレツだったのは、
やはり、アンディ・ガルシアの胸毛!!!!(そこ?)
美人記者が出会ったばかりのヴィンセントと寝るのですが、
日本女子の想像をはるかに超えた「毛量」に驚きを超えて爆笑!

↑マフィアのリビングに敷いてあるトラの毛皮みたいな(笑)、
アンディの胸毛。
美人記者役のブリジット・フォンダがその毛をなでる(^^;)

いやあ。アンディ・ガルシアの映画、今まで何本も見たのに、
ハダカ、出てこなかったのかな??キョーレツ!!(笑)

↑殺し屋に寝込みを襲われ、危機一髪なんだけど、もう胸毛にしか目がいかない(アホ)

この赤いガウンもなかなか日本人が着こなすの難しそうだけど、
マイケル(アル・パチーノ)の入院中に来てた、
ダークレッドのストライプのガウンが良かったよね~と
帰りの車で盛り上がった(細部まで見る女子チーム)。

この前の記事で、「ツルツル男子には興味がない」と書いておりましたが、
ここまでの毛量は、ちょっと脱毛に行っていただくかもしれません(笑)

↑ダニエルのはだかを見ると安心します(笑)かっこいい~

親子役ということで ソニー兄さんの毛に合わせたのか?
(そんなことするかい!(笑)あれもすごかった)
しかし、毛質が違う(笑)台風で倒れた稲のようなボリューム(例えがわかりづらい・・・)
毎回胸毛で盛り上がった『ゴッドファーザー』シリーズ。
(それは女子だけ・・・笑)

↑美人記者役のブリジット・フォンダ。
(ジェーン・フォンダとピーター・フォンダの娘)
あーこの頃、いっぱい出てたよねーーー
わたくしKYOKOは、『アサシン』と『ルームメイト』が
好きでした

↑『ニキータ』のアメリカリメイク版。
死刑囚が秘密裏に鍛えられて暗殺者にさせられる。
ブリジットがカワイイ

↑『ルームメイト』。いい子そうな女子とルームシェアをして
ほっとしていたが、知らない間に彼女が自分の真似をしていることに気づく。
勝手に服を借りたり、同じヘアスタイルにしたり。
女子版ストーカー。だんだんエスカレートしていくルームメイトが怖い。

↑1では仲良かった家族。3では年を取ったマイケルの、苦悩と後悔が描かれる。

↑久しぶりにシチリアで親子が揃う。
長男アンソニーのオペラ歌手デビューの舞台を見に集まったのだ。

1と同じように、優雅なオペラとともに 暗殺者がマイケルを殺そうと暗躍するのが
交互に写されてワクワク。
あーーゾクゾクしたあ。
70年代に実際に起きたヴァチカン銀行の不正や、
スイス銀行家の暗殺などを
取り入れて作ったストーリーらしい。

ソニー兄さんの子供の成長を何で今までみんな知らなかったのか
気になって調べたら、
ヴィンセントは愛人の子だった!!
(さすがソニー!笑)

最後の舞台となったシチリアのオペラ劇場の
マッシモ劇場にも行かなきゃ!!
TOP画像もかっこいいでしょ♪
今回アル・パチーノ、老けてたけど、
やっぱりかっこよかったなあ~

帰りの車で 二人とも嘆いたのは
もう「4」がないこと(笑)
面白かったでーす!!ぜひ、DVD見てね~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@『ゴッドファーザー PARTⅢ』(1990年 米)

マイケル・コルレオーネ・・・・・・・アル・パチーノ

メアリー・コルレオーネ・・・・・・・ソフィア・コッポラ

ヴィンセント・・・・・・・・・・・・アンディ・ガルシア

ケイ・・・・・・・・・・・・・・・・ダイアン・キートン

コニー・・・・・・・・・・・・・・・タリア・シャイア

@アンディ・ガルシアが出てる作品でKYOKOおススメ

1位・・・・・・『アンタッチャブル』

2位・・・・・・『オーシャンズ11』

3位・・・・・・『デンバーに死す時』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー