【福岡市博多区中洲川端 サンドイッチ】「イグニッションスイッチ」

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

中洲川端(なかすかわばた)にあるサンドイッチ専門店「イグニッションスイッチ」で、アメリカかぶれを満喫してきました。

今流行りのフルーツサンドなどではない、アメリカにあるようなボリューム満点のサンドイッチがたくさんあるお店です!

私にとっては最近のおしゃれサンドイッチよりこちらのアメリカかぶれのサンドイッチの方が心がときめきます!


⇧アメリカかぶれは、こういう時はペプシです!

クラブハウスサンドイッチが超ボリューミイ!これで一人前です(1,300円)。

ハーレー好きの店主さんが繰り出すアメリカかぶれな店内も手伝って、食べる前から私の心のアイドリングは全開です!


⇧アメリカかぶれがうなる装飾が至るところに。

TVで流れているのも「トム&ジェリー」♪

心のハザード(注意喚起のランプ)が点滅したらここに来て、気持ちのボルト(ネジ)を緩めてゆっくりサンドイッチを堪能してくだされ。




 

「イグニッションスイッチ」の情報

※新型コロナウイルスの関係で営業時間が変更になる場合があります。

 店名
「Ignition Switch(イグニッションスイッチ)」
  住所  〒812-0027 福岡市博多区下川端町8-11
 TEL  092-262-5678
 店休日  日曜日
 営業時間  11:30~14:00(現在ランチ営業のみ)
 予約の可否  可(テイクアウトのみ)
 クレジットカード・電子決済  PayPay、LINE Pay、d払い
 座席数・喫煙可否    20席/全席禁煙
 駐車場  なし
 WEBサイト  WEBサイト
instagram

アクセス

福岡市地下鉄「中州川端駅」より徒歩2分。

西鉄バス「川端町・博多座前」「博多五町」下車徒歩3分。

 

コロナ対策

席ごとに向かい合う相手との間に透明のアクリルボードが設置してあります。

入り口にもアルコール設置、セルフでお冷を注いだ際もすぐ消毒できます。

お店のスタッフさんは全員マスク着用です。

 

「イグニッションスイッチ」サンドイッチ最高!ポテトは病みつき!


⇧お皿から溢れ出しそうな「イグニッションスイッチクラブハウスサンド」1,300円。

私はアメリカに行った時にサンドイッチで迷ったら「クラブハウスサンド」をよく頼む。

薄めのパンがカリカリにトーストされているのと具沢山が好きなのだ。

なのでそれを日本で発見したら頼むしかない!

この「イグニッションスイッチ」のクラブハウスサンドも本場アメリカに負けないくらいのボリューム!!

 

「イグニッションスイッチクラブハウスサンド」には、ハムとチキンコンフィ(オイルで煮る、フランスの調理法)、レタスにトマトが挟んであります。(真ん中のお皿はザワークラウト。キャベツの酢漬けね)

※アメリカはチキンよりターキー(七面鳥)を挟んであることの方が多い

外側のパンがカリッと香ばしくトーストされているのもクラブハウスサンドの特徴。

真ん中のパンだけ黒パンというのも凝ってます。

 


⇧崩れないように刺してあるピックもハートがかわいすぎなくていい♪

ハムもチキンも分厚くて食べごたえがあって、すごく美味しい~!

さて、ここのポテトを食べたら、衝撃が走ります!

 


⇧サンドイッチの間を埋めるようにこれでもかと入れられたポテト。

「イグニッションスイッチクラブハウスサンド」を頼むと、ポテトの数が驚愕レベル!。(他のサンドイッチはここまでポテトは多くない)

でも、1個も残したくないくらいにポテトが美味しいんです!

ほくほくでカリカリで、うまうま。(わかりますよね?笑)

私の人生史上、一番好きなポテトだと言ってもいいくらい!美味しい。

(書いてたらまた食べたくなった)

ポテトをたんまり食べたい人は「イグニッションスイッチクラブハウスサンド」を注文しよう。

 

「イグニッションスイッチ」の魅力

 

サンドイッチの種類がたくさん!


⇧イグニッションスイッチのロゴはバイクのタイヤ♪かわいいです。(左上)

●週替りサンドイッチ(平日限定)              800円

●イグニッションスイッチクラブハウスサンド       1,300円

●スモークサーモンアボカドサンド              900円

●BLT(ビーエルティ。ベーコンレタストマトのこと) 900円
※BLTC(チーズを加えたもの)、BLTCA(チーズとアボカドを加えたもの)も同額です。
じゃあ、全部載せで!とチーズとアボカド➕にしちゃうよね笑。

●イグニッションスイッチラップサンド        900円
※薄いパンで丸く巻いたもの。お野菜たっぷりです。

あとは、カツサンドや、グリルチキンサンド、フライドシュリンプサンドなどがあります。

どれもボリューミイで美味しそうでした♪(他の人のを覗き見)

※土日祝日のドリンクは別です。平日はこの値段に含まれます。(ソフトドリンク300円~)


⇧ドリンクメニュー。

 

注文後に作るできたてのサンドイッチ

この「イグニッションスイッチ」のホームメイドサンドイッチは、注文を受けてから作られるので時間がかかります。

時間にゆとりがある時に行きましょう。

できたてなので、焼いたものはパンもベーコンもパリッとジューシーに、お野菜もみずみずしいままいただけるのが嬉しい。

トーストは映画『シェフ 三ツ星フードトラックはじめました』の冒頭のシーンでシェフが焼くみたいにパンを鉄板で焼いてるみたいで嬉しい♪

 

ポテトが忘れられない味

サンドイッチもすっごく美味しいのですが、ここのポテトはそのためだけに来店してもいいくらいです。

「すべて売り切れてポテトしかないですが」と言われてもたぶん入店するくらい美味しい笑。

カリッと揚げてあり、中はホクホク。ちょっとスパイシーな味が病みつきになります。

 

ジェリーに見せたいチーズケーキ

アメリカかぶれはこれで育ったと言っても過言ではない、「トムとジェリー」。

そのジェリーに見せたいケーキが注文できるんです♪

⇧穴ぼこだらけのチーズ!!・・・(じゃなくてチーズケーキだけど♪)

私もいつか、注文したい!

 

アメリカかぶれな店内

ダーツがあって、ネイティブアメリカンのポスターやハーレーのイラスト。

この赤い壁も手伝ってアメリカかぶれは点火し、加速していきます。




「イグニッションスイッチ」の店内のようす

店名の「イグニッションスイッチ」は、「点火スイッチ」のこと。

バイクを好きなオーナーさんらしい店名です。(店内至るところにバイクのイラストなどがあるからたぶんそう)

美味しい食事によって心や体のエンジンがON/OFFに切り替えられるような場所になればという願いを込めてつけられたらしい。

私のアメリカかぶれのスイッチは完全にONになりましたよ!笑

 

入り口・外観

お店の入り口。この紺色にオレンジのロゴがプリントされた生地がかわいい。

 


若干ゴチャゴチャ貼り過ぎな感じもしますが、今の世の中、色んなものを貼らねばいけないからしょうがない。

そんな中、アメリカの車のナンバープレートぽい「OPEN/CLOSE」の表示になっているのが高ポイント。あれ、欲しい。(この写真を撮ったのは店出た後だからCLOSEになっています)

 

入り口左には、サンドイッチの種類がズラリ。(テイクアウトも出来ます。予約可能)

 

トンネルを抜けると・・・そこはアメリカだった・・・!!(川端康成の雪国風笑)

 

このハードな内装が大好きです!

 

カウンター

赤い壁沿いにカウンター席があります。3席ほど。

 

一番左端はオーナーさんの作業用PCコーナーのようです。

カウンター下の「イグニッションスイッチ」のロゴが入った、ハーレーの額縁がそそります。

 

店内

この排気ダクト(通気孔の配管)むき出しの天井がやっぱり大好き。

ダクトレールに吊り下げられた黒い大きなカバーのライトもゴツくてかっこいい!

店内は上にあがった席(右)と下の席と高低差があって、これがアイアンのパイプで仕切られているのがアメリカっぽくていい♪

平面にするより、断然かっこいいです。

 

この一面だけビビッドに塗る壁がインパクトあって、かっこいい。

 

ビビッドな赤い壁に、落ち着いた木のテーブルセットの組み合わせと腰壁(こしかべ。腰まである高さに木を貼り付けるアメリカではよくある壁の装飾、右の壁)が、たまらない。

アメリカの田舎でハーレーに乗ったロン毛のおじさんグループのたまり場になりそうでワクワクします。

 

たまりません!このくすんだアイアン(鉄)の棚!

ウォーターボトルとアルコールが置いてあるだけなのですが、こういうハードな家具を使っているのにいちいち目が惹きつけられます。

 

アメリカかぶれは黒板に目がないので、黒板もチェック。

ドリンクもアメリカかぶれ御用達、「バニラシェイク」発見!

このボードに描かれた絵がまたキュート。エビの絵がたまらない♪

 

カトラリー入れもコロナビールの名前入りのブリキのバケツ。小物も1つ1つがワイルドで素敵♪

塩コショウ入れもシンプルでアメリカのダイナーにある感じで好み♪

 

ハーレーにカウボーイにバニラシェイクに、ビールにコーヒー。

これぞアメリカ!全部出しのコーナーです笑。

鉄製のポスターは、アメリカ気分を倍増させる必須アイテムなんだよね。(毎回欲しくなる)

 

「イグニッションスイッチ」まとめ

書いていて、またここのポテトをたまらなく食べたくなりました笑。

また色んなサンドイッチを食べたら追記します。

気分がガス欠したら、ここでチャージを♪

お腹も元気も満タンになります!


⇧好きすぎてイラストを描いてみた笑。

 

「イグニッションスイッチ」の情報

※新型コロナウイルスの関係で営業時間が変更になる場合があります。

 店名
「Ignition Switch(イグニッションスイッチ)」
  住所  〒812-0027 福岡市博多区下川端町8-11
 TEL  092-262-5678
 店休日  日曜日
 営業時間  11:30~14:00(現在ランチ営業のみ)
 予約の可否  可(テイクアウトのみ)
 クレジットカード・電子決済  PayPay、LINE Pay、d払い
 座席数・喫煙可否    20席/全席禁煙
 駐車場  なし
 WEBサイト  WEBサイト
instagram




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー