ネイバーたちの沈黙 (映画の会 ダイジェスト 10/9 )

こんばんは

まだ10月のを書いてます(笑)
でも、書くのと映画が好きなので
書かせてください(笑) あははは

TOPの写真は、
映画の会でも サスペンスやFBIもの、猟奇殺人鬼の
話になると、
必ず出てくる、「羊たちの沈黙」。

この映画が出てから、
「セブン」や「コレクター」、「ボーン・コレクター」などの
猟奇殺人の映画がいっぱい出たもんね!

FBIの新人捜査官クラリス・スターリング
(ジョディ・フォスター)に、
連続女性誘拐殺人の捜査がくる。
殺人の異常さから FBIは、
元精神科医で、患者の人肉を食べて逮捕、収監されている、
レクター博士(アンソニー・ホプキンス)に目をつけ、
犯人のプロファイルをさせようと、
クラリスを向かわせたのだった・・・・。

↑新人FBIのジョディ・フォスター、かわいい♪

この映画の話になると、ジョディとアンソニー・ホプキンスという
俳優名ではなく、
クラリスとレクター博士
という役名で話す映画の会。(笑)いいですねえ

それだけ、20年以上も前に上映されたのに
いまだに色あせない、
映画好きをうならせてやまない作品みたいである♪

↑クラリス・スターリング。

太った女子(自分と同じサイズ)を誘拐して 皮を剥いで
その皮で自分の女装に使う服をミシンで塗ってた、
バッファロービル(犯人の仮称)。
ひええええええ コワ!!!!
人皮ワンピースなんて 考えただけでも ぞおおおおお

実際、アメリカ犯罪史上、人の皮で装飾品を作った連続殺人犯が
いたらしく それを参考にしたとも言われる・・・(怖)

「羊たちの沈黙」は、この手の映画で
珍しく、アカデミーの作品賞を取り、アンソニー・ホプキンスも
ジョディ・フォスターもそれぞれ主演男優・女優賞という
快挙!! すごい♪

この映画の話が出ると 決まって
次作の「ハンニバル」は・・・・ねええ・・・・
という話が出る(笑)

1作目があまりにもセンセーショナルだったために、
レクター先生とクラリスがキスするという設定にも、
ジョディが降りたため、クラリス役がジュリアン・ムーアに変更になったことも、
なんだか 納得できない上に
最初の映画の会のダイジェストでも
書いたように、
レイ・リオッタが生きたまま、脳みそをステーキにされたりと。
コメディに近い要素がいっぱいで
ミステリアスな部分が皆無だった感じ(笑)

3作目の、レクター博士が どうやって捕まったのかという、
描写の入った「レッド・ドラゴン」は好評価♪

エドワード・ノートンにハーベイ・カイテル、
レイフ・ファインズ、フィリップ・シーモア・ホフマンと、
豪華キャストだったのだーーー!!!あーまた見たくなったなあ!!

↑「レッド・ドラゴン」のレイフ・ファインズ。

この頃、「スターウォーズエピソード1」みたいな感じの、
大ヒットした1作目の、
前の話シリーズの映画がいっぱい出たんだよね

4作目の「ハンニバル ライジング」は、もう、
アンソニー・ホプキンスももう出てこない、ベツモノ(笑)
わたくしKYOKOは見ていないが、
レクター博士は 日本人の叔母に育てられたという
妙なエピソードも盛り込まれてるらしい(爆笑)

映画の会では こんな細かいエピソードの話で
爆笑することもしばしば♪(笑)

で、10月7日の映画の会では、
「羊たちの沈黙」の前に流行った、
「ツイン・ピークス」の話が出ました♪。

デビッド・リンチ監督の連続ドラマで、
今のSex and the cityや、Xファイル、
「24」なんかのアメリカドラマの
日本でのブレイクの発端みたいな気がするよねえ、と。

ツタヤにずらりと並んでたなあ、当時。この顔が↑。

キャッチコピーが「世界一 美しい死体」。だったもんね

わたくしKYOKOは このシリーズ見てないんだけど、
アメリカのとある田舎町、ツイン・ピークスの湖で
女性の死体があがる

それは連続殺人の始まりだった・・・。

みたいな感じだったと思う(笑)
このドラマで 一躍人気が出たのが
カイル・マクラクラン♪
舌をかみそうな名前で、ギャル語ではやった「・・なくなくない??」
・・みたいな感じ(・・アホ)

↑カイル・マクラクラン演じるクーパー捜査官が人気に♪

カイルの名前があがると、
必ず、その頃 彼にはまった女子なら見たであろう、
「ヒドゥン」が出る(笑)

私は洋画劇場で見たけど、エイリアンが
フェラーリが好きで
フェラーリの持ち主を見つけては
次々と乗り移っていく・・・という設定の斬新さにウケた(笑)

「トレマーズ」同様、B級なコアファンを
今でも持ってる、「ヒドゥン」。

廃版になってるかもだけど、
見つけたら お試しあれ(笑)

指から光線を出す、映画「ヒドゥン」のカイル・マクラクラン。(笑)

で、この「ヒドゥン」の映画と
おそろいで出るのが、「ショウガール」。
たぶん、みんなカイル・マクラクランに一時期ヤラレたから
その2作を見てるんじゃないだろうか(笑)

アメリカンドリームの街、ラスベガスに
貧困の田舎町から ショウガールを夢見て 上京?する一人の
女子のお話。
ラスベガスは 劇場やホテルでさまざまなショーがあってる♪
ブロードウェイとは また違ってスケールと派手さが魅力♪

どんどん売れっ子になっていった主人公が恋する男が
例のカイル・マクラクラン♪

ラスベガスの天と地を表した映画ですよん♪

「ザ・ロック」も出ました♪↑

わたしの大好きな映画です
もちろん、この映画の舞台、
サンフランシスコ沖のアルカトラズ島にも行きました♪

脱獄不可能な刑務所 アルカトラズは
以前 このダイジェストでも紹介した、
映画「告発」の裁判で、
告発され、廃止になり、
観光名所になっている。

そこを元アメリカ軍の将校が、細菌兵器を搭載した
ミサイルを盗み、アルカトラズを占拠して、
報われずに死んでいった部下たちのために
政府に対してクーデターを起こす。

ほんとに部下思いの上官にエド・ハリス。↑
わたしはこの映画で、エド・ハリス大好きになったんだよねえ♪
(ストーリー上の人物に俳優をつい、重ねてしまう人・・笑)

ほとんど大作にはまだ出てなかったニコラス・ケイジが、
この映画でブレイク!!

グッドスピード役のニコラス・ケイジ。
役名もちゃんと覚えてる私(笑) 下がりマユだからか、
こういうちょっと情けない役が合うんだよねえ♪

手に抱えてるのが、緑色のスーパーボウルがつながったような、
細菌兵器。

この映画の オマケな部分は、
密かにネイビーシールズ(海兵隊)がアルカトラズに
潜入するんだけど、その隊長が
愛するマイケル・ビーン(キャ!)

「ターミネーター」のシリーズ1で、
未来からサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)を助けに来る役♪
そして サラに恋してしまう~
わたしもマイケル・ビーンに恋してしまう~(アホ)

「T2」では、もう、守らなくていいほど、
強い、サラ・コナーだったけど(笑)

当時、サラ・コナーになりたくて
買った黒のタンクトップ(アホ)
今でも大事に持ってます(笑)
胸元にはシルバーのターミネーターがついてます(笑)

シュワちゃんは その後、整形したのかと思うほど、
「T2」ではマイルドな顔になってるけど、
最初は、超ゴリラ顔(笑)
まあ、インパクトはあったけどね あはははは

これ以降、悪役をすることは まったくなくなったなあ・・

マイケル・ビーンに 何も興味ない人から見たら
ムダな写真かもしれないけど、(笑)
キャー!!!な写真をどうぞ♪

この胸板!!かっこいいいいいい

さて、しゃべりすぎました(笑)

この10月9日のダイジェストは、
足りなかったので 二部に分けてお届けします(笑)

お正月は 夜中にテレビで
「ランボー 最後の戦場」があるので
よろしく!!!(笑)

太っちょランボーをお楽しみあれ(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@隣人(ネイバーズ)映画の会

10月9日

20:00~

※ この会は好評につき、終了いたしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー