GODIVAのクリスマスと、鬼滅は「長男」が活躍する!?【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

映画『鬼滅の刃』が始まってどれくらい経ったのだろう。

早く新年のどさくさにまぎれてブームが消えてほしいが笑、なかなかこのブームは終わらなそうだ。

会社でも前方から後方からバッサバッサと「まだ見てないの?」の刃の嵐。

「ワンピース」のゾロみたいに「背中の傷は剣士の恥」と言わんばかりにキメハラ裂傷だらけの毎日笑。

ようやく休みに突入し、親の小言をイヤホンつけて聞こえなくするような反抗期のティーン状態から解放された笑。

しかし、映画の会の最後の日に、気になることを聞いてしまった。

「長男だったから我慢できたけど、次男だったらできなかった」

鬼滅の中のセリフをUさんが言ったのである。




GODIVAのチョコをイヴに空友サンタから

2020年の空友との締めくくり。

久しぶりの福岡空港での納会(空港に行くのが好き)に現れた空友Yから、「メリー・クリスマス」とGODIVAのチョコをもらった。

う、嬉しい!

一緒に写ってるのは、最近コーヒーがすぐ冷めるから、ブログを書く時、保温ボトルに入れているのだ。

ジャスミンKYOKOの煩悩メモ


⇧同僚女子から京都のお土産。「京ばうむ」にサブレがあったんだね!

Uさんが言ったセリフが気になって仕方がなかったので、うちの息子ちゃんに「煉獄という人は兄ちゃんなの?」

「・・・そうだよ」

主人公の炭治郎はルフィみたいに強くないと息子ちゃんから聞き、興味を失っていたのだが、一応Aちゃんに聞いてみたら、炭治郎も兄ちゃんらしい。

私はマンガ「NARUTO」の中で、うちは一族の「うちはイタチ」(サスケの兄ちゃん)が好きなのだ。

以前も書いたが、「兄ちゃんや姉ちゃんが妹・弟のために死ぬ」「妹・弟のために復讐する」という映画やマンガはいっぱいあるが、その逆はほとんど見たことがない。

(イタチもエースも死んだじゃないかー怒)

私はその「リスクを背負う覚悟がある」という人がたまらなく、好きなのだ。

なんでいつも死ぬのは兄・姉やねん。という不満もある(笑)。

体張らんかい、お前らも!なんで助けてもらう前提でいるんだよ!

夜にMちゃんからラインがあった「Jちゃんもハマりそうですよー、KYOKOさん早く行ってください」

「・・・うちはイタチみたいな兄ちゃんなら気になるけど」

「その動いた心で足も動かすのです!劇場へ!!」

笑。Mちゃんの表現は最高です。

兄ちゃんキャラは好きでも、殿様でもないくせに未だに家事をしないでいいと思っている「昭和の長男」キャラはやだね(笑→K氏を筆頭に)。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA