「映画とアートの古書市」と「すしざんまい」【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

せっかくしょっちゅう出歩いて美味しいもの食べてるんだからと、グルメ記事を書こうとはいつも思っているけれど、日記に書いた時点で満足しきってサボりがちだった私笑。

でもこんなにもお休みなので、それくらいがんばろうと思い立ち、「博多明太生パスタ」からやってみている笑。

今日は3記事目「すしざんまい」を書いた。チェーン店だからあえて書かなくてもいいかと思ったけど、せっかく決めた目標なので、やりました笑。

この日の本来の目的は、ジュンク堂で開催中の「映画とアートの古書市」に行くこと。

スタちゃんグッズがあると映画の会情報で聞いて最終日に行ってみることにしたのだ。

2人とも映画『KCIA 南山の部長たち』も見て「すしざんまい」でたらふく食べたので、忘れようとしてた笑。 アブナイアブナイ。




「すしざんまい」初めて行ったら、回る寿司じゃなかったのに驚き

美味しかったー。空友Yのリクエストで、「すしざんまい」に初めて行ってきた。

「すしざんまい」は、回転しないのねー、初めて知った。

⇧ボリューミーなこのセットは「はな」セット。1,580円(税抜)。よくある8貫のセットがなく、まっすぐ11貫ってすごいね笑。

おなかすいてたから、これは嬉しかった!


⇧お味噌汁がついています。この日は「あおさ汁」。

磯の香りがふわっとして美味しかったー。

空友Yの「海鮮ちらし」もすごい!1050円(税抜)。お味噌汁付。

これに茶碗蒸し(500円)つけて、私と同じ金額になっていました笑。

⇩詳しい記事はコチラ

ジャスミンKYOKOの煩悩メモ

「映画とアートの古書市」。往年の映画ファンみたいなおじさまなどがいた。

『パルプ・フィクション』のサミュエル・L・ジャクソンみたいな髪型をしたスタッフの男性がレジをしていた。

彼が映画好きなのかはわからないが、ジュンク堂の中で一番このコーナーにふさわしいから選ばれたのかもしれない笑。

70年代の映画も黒人文化も好きだけど、自分の彼氏があの髪にしてきたら、どう感じるかな笑。

スタちゃんグッズあったあった!・・・しかし今はモノを減らしてる最中。

しかししかし、しかし!いらないモノをその分捨てて、スタちゃんだらけにしたら良いではないか。

さて、何を買ったかは次回に!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA