インテリアへの思いと失敗談「ボストン ゼネラルストア」(ボストン・NY#35)

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

なかなかハーバードに行かないけど、ごめんね。

自分の記録も兼ねているのでごめんよ、ブルックラインに結構いいお店があったのよ笑。

自由旅行のいいところは、こういう風にフラッと寄れるところ。

エジプトなどはツアーに頼るかもしれないのに、こんなに自由さを満喫してたら、そうなった時に馴染めないかもしれないとおもいつつ(^^;)。

さて、静岡のハラダ製茶さんが出してる「Gen Sou En」を何も食べずに出て(笑)、隣にあった、ナチュラル系の雑貨やさんへ。




 

BOSTON GENERAL STORE  ボストンゼネラルストア

カフェ時代、チョークでここまで書く根気なかったなあ笑。

 

無印みたいにナチュラルウッドな包み紙で統一された雑貨たち。

ファーム雑貨も一通り憧れました。うちには、その果ての、ブリキのバケツ、ホウロウのバケツ、ブリキのトレイ、小さなホウキなどがあります(笑)。

インテリアってどうやって好きなものを統一したらいいの!!

こういうナチュラルも好きだし、アーリーアメリカンも好きだし、バリ・インドネシア風や、パリ、ロンドンロック風も好き、ギリシャや南仏風も好きだし、アフリカの染め物なんかも大好きです(^▽^;)。

部屋ごとにインテリアを変えれたら、私の家の、色んなモノも落ち着くのに・・(T_T)。

モノがゴチャゴチャあるのに、なぜかセンスある部屋の持ち主っているよね。あれが長年理想だったのに・・・。

そしてとうとうモノの管理能力がないことに気づいた今は、身軽になるように断捨離してる訳なのだ。

 

お部屋のフレグランスの缶。こういうのが並んでるのも憧れる。

缶をちゃんと並べて撮ればよかったなあ。(;・∀・)。

 

「NAKED(ネイキッド)」(ハダカ)という名前の、石みたいな石鹸。

石鹸もこういうオシャレなロゴ入りの紙を巻いてるだけで買いたくなるのはなぜだろう。

石けんを買いたくなるのは、フランス。お土産や自分用に爆買いしてしまった過去が(T_T)。

フランス、シャボーンというイメージが私を狂わせるのだ(笑)。

反対にアメリカでは石けんを買いたいとあまり思わない(笑)。アメリカには繊細さを求めていないからかも。ふふふ。

 

憧れていました。この意味もないカモの置物があるリビングに(笑)。

こういうシャビー(錆び)感のあるブリキの入れ物も好き。でもこういうシャビーなものって、オシャレな人が持つとかっこいいけど、そうじゃない人が持つと、ただの管理怠慢にみえてしまうから難しい(T_T)。

銅製のお鍋も壁一面にかけるのが憧れだったけど、しょっちゅう磨かないと青サビが出て・・オシャレな家に一番必要な「マメさ」がないため、ステンレスに逆戻り(笑)。

こういう雑貨を語らせると、悪夢のように出てくる失敗談(笑)。

でも、それでもインテリアの夢を語るのは楽しい、何歳になっても。ふふふ

次は、お土産に困ったら!ここへ行こう「トレーダー・ジョーズ」!!




旅メモ (BOSTON・NY2018  #39)

@JUN/29/2018(FRI)

@ボストンゼネラルストア  BOSTON GENERAL STORE

↑HPも素敵です

OPEN       11:00~20:00(WEEKDAY)

10:00~20:00(SATURDAY)

11:00~18:00(SUNDAY)


@googlemap

旅のスケジュール

12:00 BOSTON GENERAL STORE

12:10 店を出る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー