『オリエント急行殺人事件』ゴージャスとあの時代感にウットリ。

こんにちは。今、ちょっと眠たいジャスミンKYOKOです。

TOP画像出展:https://arayasu.com/orient-review/

今朝は、8時30分から健康診断だったので 会社へ行くより早く天神に。

でも朝一番のおかげで とっとと終わった。帰る頃にはいっぱいの人が待合室にいた。よかったー。

朝食抜きが必須だったので、朝一は空腹の時間が少なくてすむのでいいね。

ファミマでサンドイッチと、コーヒーを買ってその足でそのまま、中洲大洋に。『スター・ウォーズ』が始まってしまってたので残念ながらスクリーン1じゃなかったけど。




嘆きの壁からのスタートです

出展:http://imgrid.net/post/1666948837795481430_5552673617

最初にこの金色のモスクが出てきた時は嬉しかったけど、あれ?イスラム圏の話なの?

エルサレムの嘆きの壁だ!!今、トランプ発言で問題の地の。セリフにもこの事態を予測してたかのような言葉が出てきます。

「3大宗教の危機です」

『ワールドウォーZ』と『キングダム・オブ・ヘブン』を観たのと「十字軍」に弱いので、嘆きの壁には一行ってみたいと思ってはいるものの、しばらく難しそうだ。

 

オリエント急行の何かも分からず、勝手にヨーロッパを走ってるものだと思い込んでた、アガサ素人の私(笑)。

どっかでシベリア鉄道と混同してたり。(^▽^;)。そっかあ。トルコからイギリスまで行くのね。新鮮でした(ダサ・・・笑)。

出展:https://blogs.yahoo.co.jp/btw623t/12816780.html

まっさらないい地図を見つけることできなかったので、インターコンチネンタルとアヤソフィアの赤い囲みは意味なしです。

私の行きたいとこがギッシリ!!アヤ・ソフィアにブルーモスク、トプカプ宮殿。そこに今回「シルケジ駅」が加わった♪。

『96時間 リベンジ』、『インフェルノ』『007 スカイフォール』のロケ地が詰まった地域に、オリエント急行の駅が。素晴らしい~。

 

豪華キャスト!


出展:https://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2017-12-04

いやあ、すごいキャストだったなあ。あまり役が合ってなさそうな人たちもいたけど(笑)。

そう思ったのは、ウィレム・デフォーとペネロペ・クルス( ̄▽ ̄)。

映画の会メンバーでは賛否両論。「寝た」というメンバーもちらほら(笑)。

わたくしKYOKOは、この圧倒的なゴージャス感と、映画に出てくる景色のすばらしさに惹かれたけど、肝心の「ミステリー」部分には、うーん。

最大の見せ場である、エルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が、犯人の推理を披露する場面が、ちょっと退屈だった(^▽^;)。残念。

出展:https://www.fashion-press.net/news/30894

↑イスラエルからトルコの景色を楽しんだ後、オリエント急行は、トルコのシルケジ駅からイギリスに向かって発車します。

休暇中の、名探偵エルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)は、トルコで偶然友人に会い、その友人のツテで、オリエント急行に乗ることになる。

優雅な列車の旅を楽しんでいたが、アルプスの山々に差し掛かった時、雪崩に巻き込まれ、列車は脱線。

脱線自体はしばらくしたら 復旧しそうだったが、事故直後、乗客の一人が殺されていることが発覚。友人に頼まれ、休暇を返上し、事件を推理することになった。

どの乗客も次々とウソをつき、すべてが怪しく、珍しくポアロが苦戦を強いられる。

真犯人は誰なのか??

 

欧米かぶれがたまらない列車の内部

出展:https://www.fashion-press.net/news/30894

↑ミシェル・ファイファーは相変わらず、スレンダー(^^♪。

豪華寝台列車の素敵な部分。この素敵な廊下。

コンパートメント(個室)付きの列車にはイタリアで乗ったし、寝台列車にはフィンランドで乗ったけど、こんなゴージャスな造りは乗ったことない。

すべて木製に、真鍮の取っ手やドアノブ。素敵。いいなあ。

一番素敵だったのは食堂車。バーと、テーブルクロスがかかったテーブルにグラスで出される飲み物。いいなあ。乗り物、大好き。

フィンランドの寝台列車は、カードキーで施錠、お部屋に洗面所もついててよかった。

アメリカのアムトラック(大陸横断鉄道)では、いそいそと食堂車に行ったけど、NY~ワシントンDC間の短い区間だったからか、コンビニみたいなのがあっただけでがっかり(^▽^;)。

物語の中身は知らなかったけど、「オリエント急行」の名前だけはずっと前から知っていて、「高級感」のある列車ってことで おばあちゃんになったら乗ってみたいと思ってた~。

ゴディバとタイアップ

出展:https://twitter.com/hashtag/

↑骨董を扱う富豪のラチェットを演じるジョニー・デップ。

最近、白塗りしないから嬉しい~(そこ?)。この時代の悪党を演じるの似合うねえ。

映画の会Aちゃんはケネス・ブラナー推しだったけど、私はあまり心を動かされず(^_^;)。

ジョニー・デップか、超短気な伯爵を演じた、バレエダンサーの人が良かったかな( ̄▽ ̄)。

出展:https://twitter.com/hashtag/

映画の会Tさん情報↑。今回この映画はゴディバとタイアップしてるらしく、ポアロのヒゲがついたチョコがあるんだって!美味しそう~。

先にオリエントを見てきた会社の友達が、仕事帰りに「はい、オリエント急行」と言ってGODIVAのチョコを1つ机に置いて去っていった。

そんなセンスにシビレます。(→映画ネタの会話に死ぬほど弱い人)

映画の半券をゴディバに持ってくと試食チケットがもらえるらしい。※キャンペーンやってる店舗が限られていて、福岡は対象じゃなかった(>_<))

このヒゲマーク、ジョニデのヒットしなかった映画『チャーリー・モルデカイ』のマークとほとんど一緒だよね(^_^;)。

ジャスミンKYOKOの煩悩だらけの映画トーク

出展:https://gigazine.net/news/20170602-murder-on-the-orient-express/

この食堂車はウットリします。ちょっと前にBSであった、アガサ・クリスティの生涯を追ったTV番組を見て、イギリスのアガサの住んでいた家に行ってみたいと思った。

その家の庭には、彼女の小説に出てきた毒の元になった「毒草」がすべて植えてあるらしいのだ。見てみたいよね♪

後は、完璧主義のポアロが「パーフェクト!」と叫ぶ、トルコのパンが美味しそうだった!!

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00010002-dmenueiga-movi&p=3

↑「ラマザン・ピデ」と言ってラマダン(断食)の期間しか作られないパンなのでその時期に行かないと食べられないんだって。どんな味か気になるなあ。

劇中、ゴディバのチョコ出てきたらしいけど、それには全く気づかなかった(笑)。

あと、惹かれたのが、こだわりの強いポアロを示す道具として、ゆで卵が冒頭に出てくる。

エッグスタンドにキュン。

出展:https://movie.smt.docomo.ne.jp/article/1095872/2/

やはり日本人としてはゆで卵の上部を殻ごとナイフで切ってスプーンですくう食べ方には馴染めないけどね。スタンドに立てても手で殻を剥いた方が早いんだもん^_^;。

アメリカ人が言う、「今は禁酒法があるから アメリカには住みづらい」というセリフにもトキメいた。

家具や食器、ファッションのすべてが優雅で ウットリすることは間違いない。

『女神の見えざる手』のような予測不可能なサスペンスを好む人にはちょっと退屈かも。ヨーロッパの優雅さを楽しむ映画かな。

映画の会までに観に行けてよかったーーー!!




映画『オリエント急行殺人事件』のキャスト

@『オリエント急行殺人事件』(2017年 米)

エルキュール・ポアロ・・・・・・ケネス・ブラナー

ピラール・エストラパドス・・・・ペネロペ・クルス

ゲアハルト・ハードマン・・・・・ウィレム・デフォー

ドラゴミノフ夫人・・・・・・・・ジュディ・デンチ

エドワード・ラチェット・・・・・ジョニー・デップ

ハバード夫人・・・・・・・・・・ミシェル・ファイファー

メアリ・デブナム・・・・・・・・デイジー・リドリー

アンドレニ伯爵・・・・・・・・・セルゲイ・ポルーニン




【2017】 ジャスミンKYOKOの映画私的ランキング

1位・・・・『ワイルド・スピード ICE BREAK』

2位・・・・『マリアンヌ』

3位・・・・『マグニフィセント7』

4位・・・・『T2 トレインスポッティング2』

5位・・・・『夜に生きる』

6位・・・・『パトリオット・デイ』

7位・・・・『ハクソー・リッジ』

8位・・・・『ザ・コンサルタント』

9位・・・・『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

10位・・・『ドリーム』

11位・・・『女神の見えざる手』

12位・・・・『スノーデン』

13位・・・・『沈黙ーサイレンスー』

14位・・・・『LA・LA ランド』

15位・・・・『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』

16位・・・・『エイリアン コヴェナント』

17位・・・・『猿の惑星 聖戦記』

18位・・・・『バリー・シール/アメリカをはめた男』

19位・・・・『ベイビードライバー』

20位・・・・『ローグ・ワン/スター・ウォーズストーリー』

21位・・・・『ビニー/信じる男』

22位・・・・『エル ELLE』

23位・・・・『ザ・サークル』

24位・・・・『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』

25位・・・・『ジョン・ウィック チャプター2』

26位・・・・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

27位・・・・『バーニング・オーシャン』

28位・・・・『ダンケルク』

29位・・・・『スプリット』

30位・・・・『ネオン・デーモン』

31位・・・・『バイオハザード ザ・ファイナル』

32位・・・・『オリエント急行殺人事件』

33位・・・・『雨の日は会えない 晴れた日は君を思う』

34位・・・・『ジャスティスリーグ』

35位・・・・『ナラタージュ』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー