『ゴーン・ガール』ベン・アフレックがイジメぬかれる映画。

女の嘘は女にしか 見抜けない・・・

そんな言葉がピッタリくる映画。
ヒャー 怖かった!!

しかし、面白かった!!!!!サイコー!!!

映画の会のFさんが観終わったあと、ずーーんと来たと言ってたのもうなずける!

これは、わたくしジャスミンの中の歴代サスペンス、コワい女ランキングで、「ゆりかごを揺らす手」のレベッカ・デモーネイを抜くかも!!!!

今回、一人で行きましたが、K氏の反応を見たかった!と思いました(笑)

・・・反応見たさにもっかい行くかも(笑)

男子は、間違いなく 震え上がる一本です!!!(笑)

 

ストーリー

物語は ミズーリの田舎町に住む夫婦の、妻のエイミー(ロザムンド・パイク)が突然、失踪。

家には荒らされた跡が・・・・。

妻の失踪事件のはずが、いろんな事柄や、どんどん加熱するマスコミのあらぬ報道により、だんだんニック(ベン・アフレック)が妻を殺したのではないかという疑いに変わっていく・・・

妻はどこにいるのか??本当にニックが殺したのか???

ワイドショーのキャスターの主観に惑わされがちな今

日本でも、「美人妻○○殺人」とか大衆が食いつきそうな話題のニュースだけがワイドショーに取り上げられ、世の人々も キャスターの個人的主観に惑わされてる感がある感じあるよね・・・

「悪人」という日本映画でもあったけど、そういうのに 簡単に踊らされて自分が被害者でもないのに イジワルまでしてしまう人の方がよっぽど「悪人」と言えるかも・・・???

そんな TVやインターネット社会の怖さも浮き彫りにします。

 

最後まで気が抜けない正統派サスペンス

ほんと、緊張しっぱなしの、ずーっと、目が離せない、スプラッタ(血みどろ)シーンはほとんどなくて人の心理だけで 「怖い」と見せる、正統派サスペンスです!!!!

この春に見た、ヒュー・ジャックマンのサスペンス「プリズナーズ」みたいに終始、ドキドキが続く、1級スリラー!!!

Fさんが言ってたけど、

「ベン・アフレックって こんなにもっさりしてた??」というくらい、太っててカッコよさゼロだったらしいけど、その通り(笑)

田舎感を出すのと 無職でダメ男を演じるためなのか、ほんとに今、そういうカラダなのか・・・(笑)

ベン・アフレックのアゴネタが出てたのが笑った(笑)

「最近、雑に扱われてる気がする・・・」

と思ったらぜひ、夫や彼氏をこの映画に誘うといいですよ!!!

震え上がること、間違いなし!!!あははは!

ふだん、映画に行かない方が誘うと効果絶大です!!!!!(笑)

「・・・オレ なんでこの映画に誘われたんだろ・・・」
考えさせましょう(笑)

 

映画『ゴーン・ガール』のキャスト

@ゴーン・ガール (2014年 米)

ニック・ダン ・・・・ベン・アフレック

エイミー・ダン・・・・ロザムンド・パイク

監督・・・・・・・・・デビッド・フィンチャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー