夏に気軽にスリルを味わえるヒヤリ映画with『コップ・カー』

こんにちは。暑いですね!!今日は休みというのに、油断して10時半に起きてしまった!

不覚!休みの日は仕事の日より早く起きたい(君には無理)。

昨日の夜は、この映画を観ました♪映画の会では この映画の公開時、Uさんが

「見たい!」と言ってた。デビュー当時青春スターだったケビン・ベーコンは、

今や悪役だったらこの人!というくらい、超怖い演技で絶賛されるスターになった♪

以前の記事で書いた『激流』をきっかけに「悪役もできるケビン・ベーコン」の

活躍ぶりはすごく、それから主役にこそならないもののずーーっと出ずっぱりだよね♪

この映画でもほどよく枯れたケビン・ベーコンが悪徳保安官を演じ、パトカーを

盗んだ子供たちと対峙する♪

少年たちは、森の中で無人のパトカーを発見する。

最初は用心してたものの、誰もいないことが分かると、乗っただけで

嬉しかったのに、運転をしてみたくなり、鍵があったものだからエンジンをかけ、

遠くに行ってみる。

ケビン・ベーコンにあまり期待をしすぎるといけないので、言っちゃうが

あくまでも子供たち二人のスリルに重点が置かれている作品です♪

映画の冒頭、子供たちの汚い言葉だけが延々続き、ケビン・ベーコンも終始無言で

始まるのが変わってて面白い♪

⇧子供の頃、近所の庭の木のぐみや、ザクロを取って食べたりしたけど、

さすがにパトカーは盗んでないな(笑)

昭和のおじさんたち、きっといつも実がなくなってたの知ってたのに

知らんふりしてくれてありがとう(笑)

とにかく子供たちが、悪ガキなんだけど、考えはやっぱり子供だから

面白い♪ 危なっかしいやりとりを見るだけでハラハラしてスリリングです~。

何でも器用にやる子と何でも鈍くさい子のコンビも面白い♪

私は何でも鈍くさい子の方だったなあ(´;ω;`)ウゥゥ

逆上がりはできずに居残りだし。跳び箱も出来ない・・・。

姉妹の中で 私には町民運動会のスカウトは来ない。

町中が「鈍くさい」ことを知ってるのだ(笑)。

鈍くさい者にとっては小学生時代というのは、苦痛以外何もない・・・(笑)。

「体育」というものがなくなった大人は最高だった(笑)。

子供時代に戻りたいという人がたまにいるが、わたくしKYOKOは戻りたくない方だ( ̄▽ ̄)

ケビン・ベーコンのやさぐれ感もいいです♪多くを語られない映画なので

犯罪映画が好きな観客が妄想で楽しむ映画になっております!!

アメリカかぶれの萌え点としては、アメリカの田舎あるあるの、ピックアップトラックが

いいし、古い車を盗む時の鍵の開け方がいい♪

今の車しか知らない人には分からないだろうけど昔は定規などで簡単に開けれた(笑)。

わたくしKYOKOはこれまた鈍くさいのでよくキー閉じ込みやってたの(;^ω^)

(カギをつけたまま、車をロックしてしまうこと。これも今の若者には想像つかないかな)。

だから自分でロックを外しながら

「キャーアメリカの犯罪者みたーい」などと思っていた(アホ)。

今は鍵を取らないとピーピー鳴ってお知らせしたり、鍵そのものを持って出ると

自動的にロックしてくれたりと、私のような者のために開発されたようなシステムがすごい。

鍵がない時の、コードを切ってつなげてエンジンをかけるやつも、

犯罪映画あるあるなので、習いたいけど工学的なことは鈍くさいのでムリだろうなあ。

映画かぶれの後輩と「何か起きた時のために、あのコードをつなげてエンジンかけるの、

知っときたいよね」とアホな話をしていた(笑)。

映画かぶれにとっては、バケモノや自然災害から逃げる時は、アナログな技が一番重要と

映画を持って知っているからだ(こんなことを語り合う女子って・・・)。

いつかモールス信号も習いたいと思っているわたくしKYOKOであった(アホすぎる)。


@『コップ・カー』(2015年 米)

ミッチ・・・・・・ケヴィン・ベーコン

トラヴィス・・・・ジェームズ・フリードソン

ハリソン・・・・・へイズ・ウェルフォード

@ケヴィン・ベーコン出演映画 KYOKOおススメ

『告発』

『フットルース』

『ミスティック・リバー』

『激流』

『ア・フュー・グッドマン』

『スリーパーズ』

『パトリオット・デイ』

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー