【福岡市中央区高砂 カフェ】「Pin (ピン)」サイフォン仕立てのコーヒーと、デザートが美味しい

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

結構な量の雨が降る日にお目当てのカレー屋さんに振られ、ガッカリ気落ちした後に、近くにあったこのカフェ「Pin(ピン)」に行ってテンションを取り戻しました♪

ハンドドリップが多い最近のカフェ情勢の中、この「Pin 」は、なんとサイフォン式!※

※フラスコ内の水を沸騰させ、気圧の変化でお湯を移動させながらコーヒーを抽出していく方法。

ポコポコ目の前でコーヒーが踊る様子を見てほっこりしました。

深みがあってクセがなく美味しいコーヒーです♪

 


⇧このピスタチオのレアチーズケーキがすごく美味しかった!!

店内は狭いので、インスタ女子がいなさそうな雨の日やオープン一発目の早い時間などがオススメです。



「Pin (ピン)」の情報

※新型コロナウイルスの関係で営業時間が変更になる場合があります。

 店名
「Pin (ピン)」
  住所  〒810-0011 福岡市中央区高砂1-12-2
 TEL  092-753-9790
 店休日  不定休(月の休みはInstagramで確認要)
 営業時間 【平日】  12:00~19:00
【土日祝日】12:00~18:00
 予約の可否  不可
 クレジットカード・電子決済  PayPay
 座席数・喫煙可否    7席/全席禁煙
 駐車場  なし
 WEBサイト  Facebook
 instagram

 

アクセス

西鉄バス「高砂(たかさご)」バス停より徒歩1分。西鉄平尾駅より徒歩14分。

 

新型コロナ対策

入り口入ってすぐのカウンターにアルコールが設置してあります。

店主さんがいるキッチンとカウンターの間にはアクリル板が設置してあります。

7席の小さなカフェなので、あまり長居はしないほうがベストです。(晴れた日は店の外のベンチでも飲めます)

店主さんもマスク着用です。

 

「Pin (ピン)」サイフォンのコーヒーとピスタチオレアチーズケーキがたまらない


⇧「Pin(ピン)」のコーヒーは紙カップで提供されます。

 


⇧サイフォン式※で淹れるコーヒー。カウンターで観ている方も癒やされます。

コポコポという音を聴きながら自分のコーヒーが出来上がっていく過程を見るのは至福のひとときです。

コーヒーも深い味わいで、美味しかった。豆も好き嫌いが分かれがちな個性的なものより、安心して飲める種類のようです。

 

ここの「ピスタチオレアチーズケーキ」(550円)は絶品でした!

目の前にデザートを見つけちゃったら、よほどのことがない限り頼んでしまいます♪


⇧「ピスタチオレアチーズケーキ」。550円。

ピスタチオとチーズってどうなんだろうと思うけれど、どちらも主張しすぎず、いいフュージョン(融合)ですっごく美味しかった! 甘すぎず軽いのでお代わりしたかったほど!

この上にかかっている、「垂れそうで垂れないクリーム」もビジュアルをより引き上げています。

下のクッキー生地も甘すぎずしっとりとして美味しかった。

メニューに小さく載っているデザート欄をぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

「Pin (ピン)」の魅力

「Pin (ピン)」の店名は、「長寿と夫婦愛」をテーマにした日本の能の演目「高砂」に登場する「松(フランス語でPinパイン)」からつけられたらしい。

もしかしたら住所が「高砂(たかさご)」だからかしら♪

「ピン芸人」のピンと同じで、「一人で来やすいカフェ」という意味も兼ねているようです。

 

サイフォンのコーヒーが美味しい

⇧昔ながらの喫茶店にはよくあったサイフォン式のコーヒーセット。

今のカフェは「ハンドドリップ」と「マシン抽出」の2種類を併せ持ったお店が多いけれど、ここ「Pin (ピン)」は、昔懐かしいサイフォン式をあえて取り入れてるんですね。

警固(けご)の「シロウズコーヒー」さんで指導を受けられたらしく、ここで売っている豆も「シロウズコーヒー」さんの自家焙煎の豆です。(100g640円~)

注文してから淹れ始めてくれるので、自分のコーヒーが出来上がっていく過程を眺めるのはほっこり気持ちが安らぎます。

ビーカーを温める炎と、コポコポという音は、癒やされ効果バツグンです。

 


⇧その淹れたてのコーヒーをカフェのロゴが入った紙カップで提供してくれます。

サイフォンのホットは400円、アイスは450円です。

エスプレッソマシンもあるので、もちろんカフェラテ(500円)やカフェモカ(500円)などのエスプレッソメニューもたくさんあります。

自家製レモネード(500円)や、バナナスムージー(650円)もあるので、コーヒーが苦手な方や夏の暑い日にもバッチリですよ。

 

サンドイッチは「アマム・ダコタン」のシェフが監修


⇧カウンター上の小さなショーケースに入った、サンドイッチ。

この日は、「オムレツサンドイッチ」(280円)と「オムレツソーセージサンドイッチ」(380円)が入ってました。

オムレツが丸ごと入っていて、断面もまん丸で写真の撮り甲斐もありそうな、ボリューミイで魅力的なサンドイッチ。

福岡で今大人気のパン屋「アマム・ダコタン」の平子シェフが監修したサンドイッチだそうです。

今回はデザートを食べたけど、次回はサンドイッチも食べたい!

 

デザートは、もう一度食べたくなるほど美味しい


⇧今回のデザートは「ピスタチオレアチーズケーキ」550円。

デザートプレートが、グレーのスクエア(四角)でまた、素敵なのだ。

 


⇧食べ進めていくごとにわずかに垂れてくるTOPのクリームがクリーミイで美味しい。

コーヒーの味を奪うことなく、主張しすぎないけどたまらない美味しさでした。

通常あるデザートには、ガトーショコラ450円、チーズケーキ450円などがあります。

 

テイクアウトは50円引き

ドリンクもスイーツもテイクアウトは50円引きになります。

 

福岡のイラストレーターの作品が見れる


⇧白壁には福岡のイラストレーター「KYNE(キネ)」さんの作品が飾られています。

時々作品は変わるそうなので、それを目当てに行くのも楽しそうです。




「Pin (ピン)」の店内のようす

「福岡清川郵便局」のすぐ隣で、FBS福岡放送のビルの向かい側にあります。


右隣には外観が派手な中華麺店「鶴と亀」があります。

「鶴と亀」と「福岡清川郵便局」に挟まれた真ん中が「Pin(ピン)」です。

 

入口・外観


⇧「Pin(ピン)」の入り口。 晴れた日は外にベンチがあります。

 

カウンター

コンクリート打ちっぱなしの壁に、柔らかな光とドライフラワーの組み合わせがおしゃれな店内です。

右端にあるのがメニュー表です。

 


⇧キッチン側にあるカウンターには3席座れます。

デザートやサンドイッチが入ったショーケースとサイフォンセット、自家製レモネードの瓶が並びます。

 

店内・客席

ハンギングされたかごにドライフラワーと白い壁の天井。

 

たくさんのドライフラワー。ただの枯れた草みたいに見えるけど、センスのある人にかかれば、この通り。

燃えたりしないんやろか・・(余計なお世話笑)。

 

イラストの奥がトイレになります。

 

⇧日赤通りに面した入り口のガラス戸。壁側には4席あります。

 

向こうに「FBS福岡放送」のビルが見えます。手前の大きな道が日赤通り。

ハンガーラックもあるので、冬に来た時はコートをかけてくつろげそうですね♪

 

「Pin (ピン)」まとめ

「一人で来やすいカフェ」という意味も兼ねた店名なんですけど、7席の小さなカフェなので一人で来たら気まずくて私なら早く帰ってしまいそう笑。

たぶん、また来る時もピンでは来ないでしょう(へたれ笑)。

女性の店主さん一人で切り盛りされていて、いつも外に誰か並んでいるのを見かける人気カフェです。

この日は平日で雨だったからか、あまり次々にお客様が来られずゆっくり出来てよかったです。

春のいちごのスイーツも美味しそうなので、Instagramでチェックして出かけてみてください。

 

「Pin(ピン)」の近くのおすすめのお店

 

「Pin (ピン)」の情報

※新型コロナウイルスの関係で営業時間が変更になる場合があります。

 店名
「Pin (ピン)」
  住所  〒810-0011 福岡市中央区高砂1-12-2
 TEL  092-753-9790
 店休日  不定休(月の休みはInstagramで確認要)
 営業時間 【平日】  12:00~19:00
【土日祝日】12:00~18:00
 予約の可否  不可
 クレジットカード・電子決済  PayPay
 座席数・喫煙可否    7席/全席禁煙
 駐車場  なし
 WEBサイト  Facebook
 instagram

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー