オリンピックと、キャリー・マリガンの変貌【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

とうとう、オリンピックやっちゃいましたね!

日産のキムタクじゃないけど、「(コロナだけど)やっちゃえ、日本!」でした笑。

オリンピックで記憶にあるのは、中学の時のロサンゼルスオリンピックの宇宙服着た人が飛ぶ開会式と、高校の時に地理の先生に無理やり見せられた(たぶん先生が見たかった)ソウル五輪の水泳。

後は、遊びに忙しくて夜いないのと、興味がないので全然開催日を知らなかったりで見ておりません(汗)。

オリンピックのために4連休になったのもつい最近知ったし笑。

オリンピックのせいで、楽しみな毎日の三国志が休みなのでガッカリ。

TOP画像は、最近K氏が買ってきてくれた、「ぶどうゼリー」。

プリン派だけど、このゼリーはすごく美味しかった♪ぶどうの数がすごい♪

 

『プロミシング・ヤング・ウーマン』観てきました♪

男が震え上がる映画って最高です笑。

映画の中のカフェや部屋のインテリアがピンクやブルーを基調にしていたりして、とにかくPOPでキュートでかわいい。色使いにこだわった映画だった。

主演のキャリー・マリガンが、思ったよりフけてたので驚いた。

顔はかわいいけど、鼻と口のあいだのシワが気になりました・・・・・・。

キャリー・マリガンの方がずっと若いのに、シャーリーズ・セロンより肌が若々しくなかった。

ワンピースやTシャツの1つ1つがかわいかったけど、やっぱりロングよりショートが似合うなあ。

話も、想像を裏切られながら進んでいくのでワクワク♪

バーなどで酔いつぶれた女子を持ち帰って悪さしようとしてる男子を1人1人ひっかけてやっつけていくのだけど、話はもっと深くて面白かった♪

映画が面白いと、その後行くカフェがまた盛り上がるよね。

「バカよねー、男って」

「ただ、あの単純でバカなところが男の良さでもあるから、責めまくってスマートすぎる男ばかりの世の中になってもつまらんよね」

などと言いながらカウンターで笑う私たちを優しくもてなしてくれた、カフェの店長(男)には感謝します笑。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー