アメリカかぶれのパン屋「THE ROOTS(ザ・ルーツ)」リベンジ訪問で大満足【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

夜ご飯に「チキンタツタ」を食べたあの日、実は薬院大通り駅に近いパン屋さん「THE ROOTS neighborhood bakery(ザ・ルーツ ネイバーフッドベーカリー)」に行って玉砕したのだった。

18時半に行ったら、本当に何もなかった。すごい(^.^;。

なので開店と同時にリベンジすることを映画の会のAちゃんと決意。

だって、お昼にまた行ってこの前の状態だったら悔しいもんね。

2人は出勤と同じくらいの時間に出発。

ここまでする欧米かぶれの2人。

さて着いたはいいが、張り紙がしてある。嫌な予感。

9時から開店がまさかの「今日は人手が足りないので10時からです」

えーーーー!!!衝撃だった(ToT)。Facebookに書いててくれよー。




 

出鼻をくじかれたが「THE ROOTS」は最高だった

仕方ないから10時になるまでその辺を散歩笑。

1時間経ってきたら、開店10分前なのに、もう開けててお客様が満員状態・・・!!

急に10時からにしたんなら、ちゃんと10時に開けてくれよおお。

入ってすぐの冷蔵庫にこれでもかと並べられたサンドイッチを見たら、そんな不満も消えた笑。

「KYOKOさん!!合鴨とりんごの組み合わせなんかありますよ!!」

「合鴨とりんご」とかある、くうううアメリカかぶれにはたまらん組み合わせ。

この前来たときはここは何もなかった!! 感激!!

クロックムッシュだ!!3種類とも美味しそう!!

なんか、食べたいのばかり。しかもお惣菜パンの確率が高い。

後で調べてみると、ここは「お酒に合うパン」がコンセプトらしい。

・・なるほど!!

だからおじいちゃんとかはあまり見かけず、大人女子が多いのか!

大人女子の買い方は2000円超えが多い笑。だからあっという間に無くなるんだろう笑。

私が陥りがちな罠、クリームパンがなかったのが幸い?で、そのおかげでクロックムッシュを買うことができた笑(カスタードの誘惑にはものすごく弱い)。

かぶれベーグルや、キッシュもある。

最近のパン屋さんは、トレイに並べず、こうやって直線スタイルの並べ方が多いね。でも、このギッシリ感がいいよね。

もちろん、甘いパンもあるけど、けっこう大人が好みそうなラインナップ。

バナナフレンチトーストにアップルパイ、シナモンロールに、クイニーアマン。

固くなったパンをカードスタンドにしてる技もすごい。

お店にお客様はたくさん入ってくるけれど、このいっぱいを写真に撮っていないといけない、一度トレイを持ったら取りにくい・・・ということでみるみるなくなるパンをヒヤヒヤしながらもバシバシ写真を撮る私。

「ブ、ブロガーはさすがです。写真の撮り方にちゅうちょがない」出遅れたAちゃんが笑いながら言った笑。

詳しい記事はコチラに書いたのでこちらも見てね⇩

 

ジャスミンKYOKOの煩悩メモ

お店のロゴに惹かれたのと、美味しそうなパンやベーグルに惹かれてやってきた一回目の訪問。

何より驚いたのは店の内装!!

みんなパンの写真はブログやインスタに載せるけれど、このポスターに注目する人はいないのか!

マルコムXだぞ!!!しかも右側のはマリファナの映画らしい(後から調べた笑)。

「I HAVE A DREAM」だぞ!大事なこと見落としてないか!?マーティン・ルーサー・キングJrだよ!?

しかも、パンの上の棚にはこれでもかと飾られたブラックカルチャーの本。

この前、パンが無かった時に内装だけ撮らせてもらって正解だった。お客様がいっぱいでおちおち撮られないとこだった。

マルコムXのポスターを写真撮る時、間違って連写ボタンを押してしまい、お店の奥様から「お好きなのが伝わりました笑」と笑われた私笑。

Aちゃんもその時はバシバシ撮ってたから、パンじゃなくてここに注目する珍しい2人と思われたかも笑。

ブラックカルチャーゴリ押しのトガッた店内から想像するに、レゲエな頭でサーファー肌なご主人かと思いきや(勝手な想像)、日本人の中でも白いお肌っぽかったのでビックリ(勝手にビックリするな)。

だって、ブラックパンサー党の本置いてるのよ?そういう想像もするでしょ?笑

穏やかな感じのご家族がされていてまた、いい感じです。

あの店内で「アメリカ南部」を妄想しながらパンを買ったのはたぶん私たちだけでしょう笑。

ベニエとか、コーンブレッドとか置いてくれないかな(アメリカ南部名物)。

薬院の川がミシシッピに見えた素敵な朝であった。

 

 




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー