薬院の公園で朝ごパンしたり、綾野剛がよかった【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

この前、映画の会のAちゃんと、「THE ROOTS(ザ・ルーツ)」にリベンジ訪問した時、やはりその場で1つは食べたいと思い、近くの公園で買ったパンを食べることにしたのだった。

場所は薬院にあった公園。

住宅街の公園なんて、あまり意識して眺めてないから知らなかったなあ。

朝からお父さんと子供が鉄棒したりしてる、ご近所御用達の公園のようだった。

小さなグランドの方にしかベンチがなかったので、不本意ながらそこで食べることにした。

うーん、サッカーなんてしないでくれよ、すぐ食べて退散するから。その間だけは。

グーグルマップで見た時にはけっこう木が生えてる感じの写真だったが、大通りに丸見えの土と遊具しかないような公園になっていた。

アメリカの公園みたいに大樹の木陰で食べたかったのにな笑。もうセブンでコーヒーも買っちゃったし、仕方ない。

TOP画像は一日持ち歩いてると、帰った時には原型をとどめていないのを懸念して、食べないけど写真だけ撮ったピスタチオクリームがたっぷり入った、ピティビエ。




綾野剛、いい!!映画『ヤクザと家族』よかった!!

邦画はほとんど映画館に見に行かないけど、ヤクザ映画は別だ笑。

高校時代、夏休みのヒマな日はレンタルやさんで借りてきてたのは高倉健のヤクザ映画とスタちゃん、シュワちゃんなどのアクション映画。

今回2本ヤクザ映画が公開されるのは知ってたけれど、内容が更生とか、ヤクザが今生きにくいというような内容だったので、行くつもりがなかった。

映画の会のラインで「ヤクザと家族、面白かった!」と感想が続々と。

待てよ、もし『孤狼の血』みたいなすごいヤクザ映画だったら、映画館で見なかったことを後悔するかもしれない。

一応、聞いてみよう。「抗争シーンがあるかどうか」

なかったら行かないつもりだった(何を基準に見てるんだ笑)。

「抗争シーン、ありますか?『孤狼の血』みたいなら行きたいと思ってるんですが」

「『ヤクザと家族』の方は前半抗争ですよ♪『孤狼の血』っぽいです。『素晴らしき人生』は暴力シーンは少ないです」※素晴らしき・・は役所広司主演

そうか、じゃあ、綾野剛と舘ひろしの『ヤクザと家族』の方を見に行こう!(単純な決め方)

結果、すごく面白かった!綾野剛、うまい!!十代から30代まで演じるなんてスゴイなあ。

舘ひろしのヤクザの親分が、どうかなと気になったけど・・・かっこよかった。

でもちょっとヤクザにしてはジェントルマン過ぎたかな?奥に秘めた怖さが見たかったけど。

まあ、いつまでも「血気盛んな危うい若い衆」をずっとはやれないからね(西部警察ではそんな感じだった)。

以前中村倫也くんも、『アラジン』とか歌ってる時は、「なんじゃーあれ」と思ってたのに笑、『孤狼の血』のチンピラ見て、「うまい!!!」と感動してからは、ダイワハウスのCMの頼りない姿でもかわいく見えてきた。(180度変わり過ぎや!)

この2人がヤクザ映画を背負ってくれるなら(誰も背負うなんて言ってない)、安泰や(アホ)。

とにかく面白かった。市原隼人もよかったなー。

 

ジャスミンKYOKOの煩悩メモ


⇧これもこの時は写真撮っただけ。 ベンチがいい味出してるー。

この公園で食べだしたら、鉄棒で微笑ましかった親子(父と子どもたち3人)が、急にキャッチボールを始めた。・・・嫌な予感。

私たち滞在時間短いんだからさ、もうちょっと始めるの待ってもよくないか?

しかもあろうことに、私たちのベンチめがけてお父さんが投げる。ベンチの目の前でそれを受けるのは子供。

キャッチボールは、ベンチと平行にするやろ、配慮ある大人なら。

まあ、百歩譲ったとして、ベンチに向かってキャッチボールをしても子供は下手で受けれないんだから、お父さんの方が私たち側になるのが思いやりでしょう。(野球少年とかじゃなく、4~5歳)

毎回受けきれずボールがこっちに転がってくる。しかも怖いぞ!

どうやら歓迎されてないらしい笑。

ほうれん草のクロックムッシュを食べ終えたら、そそくさと退散した。

お父さんよ、みんなの公園だよ?笑




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー