アメリカ東部の移動はアムトラックでラクチン快適♪

こんにちは。旅に出たら その土地の乗り物にすごく乗りたくなる、

ジャスミンKYOKOです(^^♪

たとえば、NYパリロンドンだったら地下鉄

シドニーマイアミモノレール

ヘルシンキトロリー

ベネチアはもちろんゴンドラサンフランシスコではあの、坂道を下る、

ケーブルカー北極圏に行く時は白夜の中を寝台列車

バスや電車を使って移動するのは、調べるのも楽しいし、着いた時、

「やった!」と達成感もある(笑)。

車もそうで、NYイエローキャブや、フランスTaxiプジョー

黒塗りのオースチンのロンドンタクシーWデッカー(二階建てバス)。

自転車もカリブ海に浮かぶ島キーウエストで二人で漕ぐ自転車に乗ったり、

ハワイではバナナボート潜水艦

そんな乗り物好きなわたくしジャスミンが、高校1年の頃から憧れていたものがあった。

アメリカを走る横断鉄道、アムトラックだ。

チェッカーズの歌の「Free Way Lovers」という歌の歌詞に

アメリカを縦断するのがあって

その歌を聞く度に ずっと自分も大人になったらアメリカを縦断したい!と

思ってたんだよね!!

その歌に出てきたとおり、初めてのアメリカの旅は、

ミシシッピ川沿いに縦断して、歌詞にでてくる、ニューオーリンズから始まって、

メンフィスシカゴニューヨークと順に長距離バスで縦断した♪。

他の歌の歌詞にあったと思うけど、アムトラックにも

乗りたかった。アムトラックは全米を網羅する長距離鉄道。

手軽に乗るには、ビジネスマンが利用するNYワシントンDC路線♪

NYペンシルバニアステーションアムトラックは乗り入れているので

NYからDCに日帰り観光も可能なのだ♪

ペンステーションの発券機。

2009年に初めて乗った時は 旅行会社にチケット取ってもらったけど、

2011年は自分でネット予約♪

進化してるでしょう~✩( ̄▽ ̄)

朝6時台のアムトラックに乗る。DCには3時間半かかるからだ。

さすがに朝が早すぎるのか、

ペンシルバニアステーションはガラガラ。

この上の端末にプリントアウトしてきた紙に

書いてある予約番号を入力してチケットを発券。

ヒャー 出てきた出てきた。

この瞬間が毎度ドキドキ。

↑これは参考までに、フィラデルフィア駅のアムトラック乗り場。

チケットを発券したら ゲートに向かい、乗る。

日本は高架が上にあるイメージだけど、アメリカは、駅のホームが上で

下に列車が走っているので ゲートごとにあるエスカレーターで下に降りる。

アムトラックの中は快適♪ 食堂車の代わりに、パンやピザを売ってる売店がある。

朝早いのでペンステーション(ペンシルバニア駅)の売店で

ベーグルを買ってきたの♪NYのビジネスマンみたいでいいでしょ。

↑セサミベーグルにクリームチーズ。

↑3時間半かかって ワシントンDCのユニオン駅に到着。

DCの駅って 暗いのよね。わざと明かりを落としてあるのか、地下鉄も結構

証明が暗い。駅内を暗くしても、ここはアメリカ政府のおひざ元だから

治安に自信あるのかしら(^▽^;) DCに来たら最初はもちろん、ホワイトハウス

議員の秘書を意識した格好っす(笑)。

飛行機の移動は 前後がとにかく時間かかるから たまには列車も

リラックスできていいですよ~。

ボストンに行く時は NYからアムトラックで行きたいな♪快適です!!

夏の車内は冷房がキンキンなので 上着の用意を抜かりなく~✩

ネットで予約するのも そこまで難しくないからぜひチャレンジを。


tabiメモ  (Amtrak)

①旅行会社、インターネット、当日窓口で 購入可能

②ネットや窓口で自分で買う場合はRegionalは各駅停車なので Acela Express(特急)を選ぶ

③インターネット予約分は、メールで送られてきたeチケットを印刷してくるか

予約番号を駅の端末に入力すると発券できる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー