九州 国内旅行 煩悩tabiマガジン(旅行)

電車で行く九州の旅もいいぜよ!新発見の長崎。(長崎・軍艦島2019 #1)

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

新鮮なうちに書きたいと思ってる旅の記事も次から次に新しい旅が追加されると追いつかない(笑)。(サボる日がなければそうならない)

1記事をサクッと書けばそれでいいんだけど、何分、ミーハー旅なので映画やマンガの舞台だとそれを省略して書くのはまず出来ない。

情報だけを知りたい場合は「ジャスミンの、身軽女子へ脱皮ブログ」を見てくだされ。

軍艦島のツアー4社を比較した記事

今回の旅で、発見したのは「電車で行く九州」っていいなと思ったこと。

車を持ってた以前は、もともと運転も好きだったので「九州くらいは車で行く」って感じだった。

でも、今回電車で長崎に行ってみて、「電車で行くのもいいなあ」と思ったのだ。




平日の朝 博多駅から特急に乗る嬉しさ

JR博多駅の中央改札口から在来線の乗り場へ行く。

この日は平日の8時台なので、通勤の人でいっぱい。

平日に働いてる身としては、みんなが働いてる時に遊びに行くのはちょっとした優越感を感じる(やなやつ)。

旅に出駆ける時はいつもゴキゲン( ̄▽ ̄)。この日も例にもれず嬉しくて超早起き(笑)。

白いかもめに乗るのは久しぶり(^^♪。

 

⇧入ってすぐのところの電話コーナーには「のれん」が。いいねえ!

 

夏休み前の平日なのでガラガラの指定席( ̄▽ ̄)。

かもめは全席革張りシートという触れ込みでデビューした。

私が30代のはじめ頃、スキーにハマって?芸北(げいほく。広島のスキー場)へのバスツアーに行ってた頃にこの白いかもめって出たから、かなりシート年季入ってた(笑)。

※スキーは正確に言うとハマっていない(笑)ほとんど下のロッジでコーヒー飲んでた(笑)雰囲気を味わいたかっただけ(笑)。

※白いかもめ情報・・・Wi-Fiなし、コンセントあり、ミニテーブルあり

⇧朝食に選んだのは博多駅構内の、「ミニヨン」のクロワッサン。

JR長崎駅 到着

長崎駅は2時間で着いた。グレイハウンドバスの4時間半に比べればチョロい(笑)。

残念ながら、Wi-Fiはなかったのでブログは車内で書けなかった(>_<)残念!。

K氏はグレイハウンドの時と同じく、最初から最後まで寝ていた。

私も途中30分くらい寝たけど、乗り物が好きなので、やっぱり起きてしまい、スマホで週間占いを観たり、これから観光する場所なんかを見ながら過ごした。

 

改札を出て右手の「観光案内所」で路面電車の一日乗車券(500円)を買って、長崎観光へ。

今度は路面電車へ

路面電車で観光したの、19歳くらい以来じゃないかな??

その時も車で初めて来て、路面電車仕様の道に、初心者ドライバーは疲れ、出島のパーキングに停めて路面電車で周ったんだよね(;^ω^)。

路面電車のある道って、風情はあるけど、車の運転は、とにかく焦る!!

駅出てこの歩道橋を上がって、道の真ん中にある、路面電車の駅へ。

ここから青い路線に乗って、「出島」※に行きます。

※江戸時代、鎖国下の日本で外国との貿易が許されたのは長崎の出島のみ。オランダと中国のみが貿易出来た。その商船の乗組員たちなどが住んでいたのが、埋め立てて造られた出島。

テレビで見て、あの出島が新しくリニューアルされたと知って行きたかったのだ。

前に行った時は出島の壁だけしか残ってなくて、街と一体化してたから、寂しかった。

日本史大好きな私としては、その壁だけでも嬉しかったけど、友達はあまり興味なし(笑)。

映画の会のみんなと行ったら、みんな歴史好きそうだし、楽しそう 

市内どこまで行っても130円は嬉しい。路線が少ないからすぐ慣れる。

 

さあ、次回は出島を書きます!妄想がさく裂します!(笑)。

欧米かぶれでもありますが、日本史も好きなのです( ̄▽ ̄)。

【次の記事】出島で欧米かぶれの血が騒ぐ(長崎・軍艦島#2)




JUL/16/2019(Tue)(長崎・軍艦島 #1)

@JR博多駅

@MIGNON(ミニヨン)

@JR長崎駅

@長崎電気軌道(路面電車)

@googlemap




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。