夜のソウル。「カフェOnion安國(アングク)店」で韓屋を満喫【2019/ソウル旅-14】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

ソウル14記事目。

サムギョプサルを食べた後、夜は安國(アングク)にあるカフェに行くことにした。

韓国の伝統的な家屋「韓屋(ハノク)」を使ったカフェで雰囲気バツグンだったよ!


⇧伝統的家屋だけど、ガラスとライトアップでモダンに仕上げてあり、オシャレ!

わざわざ電車で行かないといけないし、最終日の朝食に行こうと思ってたけど、焼き肉の後はコーヒーが飲みたくなるもの・・。

まだ早い時間だし、行ってみよう。21時まで開いてるのでここでまたブログを書くことに。

ソウルのオシャレカフェでブログを書く第2弾。いいわあ。

とにかく、この旅は、「食べる」&「カフェめぐり」とテーマが決まっているので、あまりショッピングなどもしないし、こういう日程でいいのだ。

美味しそうなパンがいっぱい!でサムギョプサル直後に行ったことを少し後悔するくらいだった(T_T)。

しかも、パンがデカイ!小腹がある程度すいた時に訪問するのをオススメします(笑)。




地下鉄3号線安國(アングク)駅で下車。

アメリカの場合はカフェやダイナーが最先端じゃなくても、アメリカかぶれなので超楽しめるが(どちらかというと、ダサい田舎のダイナーにキュンとくる)ソウルの場合はやっぱりオシャレな方がいい♪

使い慣れた地下鉄乙支路3街駅からそのまま3番線に乗るだけで2駅で着けちゃうのがよかった。

安國(Anguk)駅を降りてK氏のグーグルマップで検索。

@googlemap

⇧2番出口にでてしまったので、出口を出てすぐの「Bukchon-ro」沿いを歩いたけれど、(上の写真の道)、カーブした道沿いに歩いて「Gyedong-gil」(上の地図真ん中の道)を通った方が近かったみたい。

⇧地図で位置を確認しながらこの小さな路地に囲まれた飲食店街を通って裏側に向かう。


⇧どこも超美味しそう~。

結局、突き抜けたら「Gyedong-gli」に出た。


⇧「Gyedong-gli」の道。

この道沿いに入口を見つけた♪

 

古き良き伝統家屋「韓屋(ハノク)」を利用したカフェ

もう、最初の門からテンションあがります♪。韓屋(ハノク)雰囲気いい~。

「カフェオニオン 安國(アングク)店」(Cafe Onion Anguk)です。カフェオニオンは他に2店舗あるらしいけど、ここが一番新しく、2019年3月に出来たんだって。

ちょっと「オニオン」って名前がうーん?だけど。なぜに玉ねぎ?(余計なお世話)。

中に入るとまず前庭。

ここにもテーブルセットはあるけど、中に入るのがオススメです♪

⇧うわあ、ワクワク!!ここが入り口です♪

雰囲気最高。回廊と、小上がりと、モダンガラス。


⇧入り口を入るとすぐに見える景色。中庭と取り囲むようあるお部屋と廊下。

吹き抜けにしてガラスで仕切ってあるので雰囲気は最高。

分厚いガラスで、暖房バッチリなので寒くても大丈夫。

ここからすぐ右側にコーヒーを注文するカウンター。上の写真の右側はパンコーナー。

左側と正面がカフェコーナーで、上がってコーヒーを飲めるようになってるのだ。

パンが超美味しそう。韓国のパンはデカイ!


⇧ベーカリーコーナーを中庭から見た感じ。

伝統家屋の「韓屋(ハノク)」の柱、瓦葺きの屋根を活かして、ガラスを取り入れて伝統とモダンをミックスしたベーカリーカフェ。

まずここでパンを選び、カウンターでドリンクを注文して会計を。


⇧物色中のK氏。

パン1つは5000ウォン(500円)くらいするけど、何しろ1個がデカイ!

後から知ったけど、このトンガリのパン⇧はこの「オニオン名物」なんだって。


とにかくレイアウトがオシャレ。壁一面にならべられたカンパーニュ。


⇧イチゴのデニッシュ。悩む~。


⇧これ、絶対美味しい!なんだこのバターの厚み!あんバターサンド。

ドリンクのカウンターもカッコいい

好きなパンを選んだら、このカウンターでドリンクを注文してお会計。


⇧グラインダー(マメを挽くマシン)やエスプレッソマシン、ドリップケトルもすべて白で統一。

カッコいい~。泥の塗り壁と古い柱とのコントラストが素敵。

お座敷で、王妃の気分を味わう笑

ドリンクが出来たら、トレイを持って中庭へ。見渡してどこに座るか決める。

もちろん、座布団置いてあるお座敷の席に!


⇧大満足。

チマチョゴリ※着て「王様!」って言いたい(常に下働き女子ではなく王妃の座と思ってるのが図太い)。

※韓国の民族衣装

韓国ドラマは見ないけど、見てる人だったらこのカフェ余計にハマるだろうね。

ここは王宮にも近いから、チマチョゴリを1日レンタルして、ここと王宮を周るのもいいかも。


⇧選んだのはこの2つとホットコーヒー。

2つともコーヒーにピッタリのデザート代わりのパンをチョイス♪


⇧プラスチックフォークで切ったから断面が残念だけど、チョコがぎっしり!!

お座敷と回廊、韓屋の雰囲気に浸りながら、チョコがぎっしり入ったパンをはんぶんこして、コーヒーを飲む。美味しい~。

コーヒーはやはり薄め。韓国のコーヒーはちょっと薄めが主流なのかも。

パンを食べ終わったら、テーブル席に移動してブログを書く

テーブル席もあります♪

ずっと横座りはきついし、何より低い座卓でのパソコンは大変なので、テーブル席に移動。

「Cafe Onion」のフリーWi-Fiもあるよ♪

私達は、せっかくレンタルしてきているので、WIHO!(ワイホー)Wi-Fiで。

ここで2時間くらい作業してホテルへ帰ったよん♪

まとめ


別棟にあるトイレ⇧

トイレはちょっと残念(^o^;)。扉を見るとテンション上がるくらい、モダンなんだけど、忙しいのか、みんながお尻を拭いた紙がもう、ゴミ箱からあふれてた(ギャー)。

しかも腰より上くらいまであるデッカイゴミ箱が、です!!ヒエー。

まあ、スゴイものは見なかったのでホッとしたけど・・・(^o^;)。

それを除けば、素敵でオシャレなカフェだったよ~。

ビルの狭間にある、雰囲気最高の韓屋(ハノク)を使ったカフェ。韓国もこういう昔ながらの民家を使ったカフェが流行っているらしい。

韓屋を使ったカフェに行ってみたかったので、本当に大満足だった♥

王宮に行く時の朝食にも近いしテンション上がるし、いいよね♪(朝7時から営業)。

今度行ったら、絶対「あんバター」を食べる!!(誓い)

Cafe Onion Anguk instagram



旅メモ

17:40 ホテルを出る

17:47 地下鉄「乙支路3街(ウルチロサムガ)駅」から3号線に乗る

18:00 地下鉄「安國(アングク)Anguk」駅に到着

18:05 Cafe Onion 安國店に到着

18:15 パンを選び、コーヒーを注文

20:20 カフェを出る

20:25 地下鉄「安國駅」から3号線に乗る

20:35 地下鉄「乙支路3街」駅に到着

20:40 K氏、セブンでタバコを購入

20:55 シオソホテルソウル到着

旅のMONEY

前回までの合計      32,558円

地下鉄往復2名分                    540円(135円☓2枚☓2名分)

パン2つ                             950円

コーヒー1杯          450円

メビウス(タバコ)       450円

【合計】          34,948円




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー