『フューリー』戦車が主役の、珍しい戦争映画!

いやあ よかった!!!

久し振りに ブラピの作品を映画館で見ました!!!
面白かった!!!

この映画の感想を 例のごとく、カフェのトイレに早速貼ってたら、それを読んだらしい、オーナーK氏が、

「あのさ、フューリーってKYOKOちゃん、観たの?」

「うん♪ そーだよ!!面白かったー」

「えーーーーひどい!!!一人で行くなんて!!」

「君はエクスペンダブルズをバカにしたから 一緒にもう行かん」

「えーー!!あれは 単純だから寝てしまったと言っただけじゃん!」

そういう低レベルな会話が続いた、昨日の夜でした(アホ)




 

ストーリー

時は、第二次世界大戦。
ナチスのヨーロッパ侵攻が進んでおり、連合軍は なんとか食い止めるためヨーロッパに集結。

その中で、戦車「フューリー」の隊を率いる隊長が我らがブラピ♪

(こんなことを書くと アンチブラピ派の友達にアホ呼ばわりされるけど・・笑)

この刈り上げカットが気に入らないが、それは、しゃーない、陸軍だもの(泣)

数々の戦いを乗り越え、この小隊を守り抜き、時には厳しくしかりとばし、部下の命を守って来た。

そこに 人事の間違いとしかいいようのない、ひよわな新入隊員が、配属される。

戦場では残酷にならなければ、チームが全滅する


↑あまりにも残酷な戦場。
人を殺すことをためらう新人に ブラピが残酷なくらいひどく無理やり 殺させる。

非情にならなければ 仲間が殺される。
キレイゴトじゃ 命をつなぐことは出来ないのだ。

最初は みんな この男の子のようだったのかもしれないのだけど、長く戦場にいると 心を正常に保つことが難しくなってくる。

うんうん、そうだよね。映画を見ながら うなずく。

「ランボー4」にきれいごとを言う女子がいてほんとに気に食わなかった(怒)。

あなたは 何人も平気で殺してきたのね」みたいなことを言った記憶が・・

平気なわけ ないでしょーが!!
戦場は生きるか死ぬかなんだよ!アホ!とか言いながら観てた。
(すみません、ランボーには感情移入がひどいんです)

そのくせ、ランボーに護衛してもらうなんてほんと、ムカつく!!!

と、今までさまざまな戦争映画を見てきました。

 

頼りない新人が戦場で成長していく物語

これは 「プラトーン」に近いかな。

弱々しい男の子が、人の死や仲間の死、あっという間に命ってなくなるんだな・・とそんなことを短い間に体験しながら、たくましく 成長し、仲間を守る、頼もしい戦士になっていくお話です♪

ブラッド・ピット主演だからか映画館の力の入れ方がハンパなくてエレベーターの扉までブラピが全面シール貼ってある!!!(笑)

なんだ なんだ
こんなことしても 戦争映画だから、通常の女子は あまり来ませんよ(笑)。

私みたいな軍モノが好きなやつくらいしか・・・・。

↑部下にこの人がいたから 嬉しかった♪マイケル・ペーニャ。

マーク・ウォールバーグの「ザ・シューター」で一緒にマークと組織の悪事を暴く、頼りない新人の役がツボだったのだー♪

 

戦車が主役の映画は珍しい

戦争モノはいっぱいあるけど、「戦車」の部隊が主役というのは 珍しかった。

最後の一基になってもナチスを倒す。

そんな部分は「300-スリーハンドレッド」みたいな感じ♪

いやあかっこよかった!!!

↑主役じゃないと シャイア・ラブーフもまあ、いいかな♪(右端下)

今、ネットは便利じゃあるけど、ネットから飛び出して 「体験」しなくちゃ。

映画もネットの批評ばかりを観て決めるのではなく、自分が見たいと思ったら ぜひ、映画館に足を運んでね♪

「見て損した!」という体験も貴重♪

批評を見て 高評価じゃなかったから行かなかったら お金は減らないかもしれないけれど、「体験」は確実にひとつ減る。

最近は「オススメ」や「ランキング」に頼って 損することを回避する人が多そうな感じ。

何でも いっぱいチャレンジして いっぱい失敗した人が話が面白いっす!!

見たい!と思ったら ぜひ♪ふふふ
ジャスミンの感想は無視して(笑)どの映画も観てね!!!!

映画『フューリー』のキャスト

@「フューリー」 (2014年 米)

ドン(ウォーダディ)・・・・・・ブラッド・ピット

ボイド(バイブル)・・・・・・・シャイア・ラブーフ

ノーマン(マシン)・・・・・・・ローガン・ラーマン

トリニ(ゴルド)・・・・・・・・マイケル・ペーニャ

グレイディ(クーンアス)・・・・ジョン・バーンサル

ワゴナー大尉(オールドマン)・・ジェイソン・アイザックス

マイルス軍曹・・・・・・・・・・スコット・イーストウッド




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー