パリの三大美術館。駅舎の中の芸術、オルセー美術館

こんにちは。美術館って見飽きない人と、見飽きる人種といるかと思うけど(笑)、

わたくしジャスミンも、一日2か所はエンジンが途中切れちゃうタイプ(^▽^;)。

日本の美術館の比ではない、フランスの美術品の展示数。

だから途中、アートで頭がパンクして

コーヒーなどのブレイクタイムがいるのだ(笑)。

なーに言ってんの?と言われそうだけど、この日はオルセー美術館

ルーヴル美術館を掛け持ちで見たので、脳内飽和状態(笑)。

なんで、そんな切り詰めてみようかと思ったかというと、↑これ。

パリミュージアムパスの2daysパスポート。(Paris Museum PASS)。

2日で6200円(2日連続使用)。

パリにはたくさん美術館があるので、それぞれ周る度に入場券を買うと

結構な金額に。

ただ、これを使うと、いろんな美術館がこれ1つで色んなとこが

まわれちゃうのだ。

例えば・・・

●ルーヴル美術館

●オルセー美術館

●オランジュリー美術館

●ピカソ美術館

まだまだ たくさんの美術館がある上に、建造物まで見れてしまう。

〇パンテオン

〇コンシェルジュリー

〇ノートルダム寺院の塔

〇凱旋門

〇アンバリッド(ナポレオンの墓)

郊外の、ヴェルサイユ宮殿トリアノン宮殿まで見れてしまう。

さすがに2日でこれだけ周るのは難しいが、パリ市内だけなら

3~5か所は夏だったら日も長いし、いけそうな感じ。

ルーヴルの金曜日の夜の展示なんかもうまく利用すると、

結構オトクに回れちゃいます( ̄▽ ̄)。ただ、この通り、飽和状態に

なるから、結構カフェでの休憩が多いの、私(情けない・・・笑)。

日本でも前もって買える日本人用サイトがあるので便利♪

↑この日は朝の散歩がてら 早くに到着。9:30からの開館を待って

すでに長い行列が。ルーブルが休みの火曜日だともっと多くなるらしい。

こんなに早く来たのに、あそこに並ぶの(*_*;と思ったら

↑よく見ると、予約した人はCブースと出てたのでラッキー。

ミュージアムパスを持ってる人はCブース。こちらは並ばず入れた♪

パリには3回目だったけど、オルセーに来たのは初めて。

初めての場所はやはりワクワク。

↑1900年に建てられた駅をそのまま利用して、1986年に美術館として開館。

この通路はその昔は線路だったんだろうね(^^♪

昔の重厚な建物はやはり、かっこいい。

鉄の骨組みにガラス。そこにかけられた大きな時計が素敵。

わたくしジャスミンの美術館の巡り方は、

1つ1つを丁寧に観ていくのを前提に、まずは 自分が絶対観たいものを

あらかじめピックアップして 場所をチェックしておく。

時間が許す限り、丁寧に見ていくが、途中経過で

時間がなくなったら ピックアップのものに急ぐ。

3回目のパリは パリだけに滞在したので結構ゆっくり周れてよかった(^^♪

こういうゆったりな旅もいいなあと感じた。

フランスの美術館はほとんど撮影OKなのに、

オルセー美術館は禁止だったので(2015から撮影OKになったらしい)、

美術品の画像はないけど、素敵な館内の写真を案内いたしまする。

すぐ上のシャンデリアが素敵なレストランは、

残念ながらまだランチじゃなかったので 準備中。

「レストラン ミュゼ ドルセー」(Restaurant Musee d’ORSAY)。

オルセー美術館の2階にある。こんなとこでランチしたら最高よね!

次回行こう!!

オルセーで絶対見たかったのは

ゴーギャン 「タヒチの女たち」

ゴッホ   「アルルの女」「アルルの寝室」「オヴェールの教会」

ドガ    「踊り子」

モネ    「サン・ラザール駅」「ルーアンの大聖堂」

ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」

ミレー   「落穂拾い」

なんとか派などはわからないけれど、その時代の手法や、

その頃の雰囲気を味わえるし、TV画面や本でしか見たことなかった絵の

まぎれもなく実物を見るということはとても楽しい。

↑鉄骨とすりガラスの素敵な二階の通路。むき出しの鉄骨がまたいいのよね。

美術館の中のカフェとは思えないくらい、モダンでおしゃれなカフェが5階にある。

福岡JR博多駅みたいに時計の裏側にあるカフェっていいよね。

博多の方が参考にしたのかもしれないけど)。

「カフェ カンパナ」。5階に着くころには 美術品を見すぎて

ぼーーーっとしてるから 休憩するのにちょうどいい(笑)。

りんごジュース。濃くて美味しい。この日のパリはすごく暑くてさすがに

冷たいものが欲しくなった♪

↑オルセー美術館は、屋上に上がれるのでいいですよ!この日は暑くて

長い時間いるのが大変だったので、すぐ中に入ったけれど、

モンマルトルの丘まで一望できますよ!!

美術品だけでなく、カフェも、屋上からの眺望もオススメのオルセー美術館。

パリに行ったらぜひ、寄ってみてくだされ。


tabiメモ  (Musee d’Orsay)

① メトロ ⑫番線 Solferino

② 場所 62 rue de lille 7e

③ Open 9:30~18:00(木は、~21:45)

④ 休館日  月曜日 1/1 5/1 12/25

⑤ 9ユーロ 18~25歳 6.50ユーロ(企画展 +3€)

⑥ ミュージアムパス使用可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー