ムービーデイズ ムービーナイツ ( 映画の会 8月編 ダイジェスト1)

・・・もう最初から 「ダイジェスト1」と書くあたり、
この記事だけじゃ
書ききれないことを物語ってる・・・(笑)

今回のタイトルは、
映画ファン、一致の不評中の不評な映画、(笑)
ハリソン・フォード主演の
リゾートサスペンス??「6デイズ7ナイツ」。

この映画で しばらく、ハリソン・フォードの
映画見るのはやめよっかな・・と思わせるくらいの
面白くなかった映画(笑)
映画の会の皆さんも同じく(笑)

いくら突っ込みどころ満載であっても
わたくしKYOKOは、どうにかして
その映画の面白さを追求しようと
努力して見るのだけど・・・・これはどうしようもなかった(笑)

この映画の前後に、バイセクシャルと公表した、アン・ヘッシュと共演。
ハリソン・フォードは、やはり、愛妻家をさせて なんぼです(笑)
でも、愛妻家を演じる俳優ほど、浮気性が多いのも事実(笑)

ケヴィン・コスナーも、(浮気が見つかって離婚)、
ハリソン・フォードも、モーガン・フリーマンも(40くらい年下の
親戚の子と浮気して離婚・・笑)。

ケヴィン・コスナーには「アンタッチャブル」で惚れ、
ずっと好きだったけど、
「ウォーターワールド」で 水の中から上がってきた頭を見て
「しばらくファンやめよう」と思った(笑)

アンタッチャブル↑

ケヴィン・コスナーの映画で好きなのの一つに
「ロビン・フッド」がある

親子でケヴィン・コスナーファンだった、
わたくしKYOKOと母上は、
なんと、ロビン・フッドの伝説の地、
イギリスのノッティンガムまで行ったのである(ミーハー親子)

ノッティンガムにある、ロビン・フッドの銅像。↑


「ロビン・フッド」のケヴィン・コスナー。

この頃はかっこよかったなあ、ケヴィン・コスナー。
ロビン・フッドの伝説は、
厳しい政治のイヤな王様の支配下にあったノッティンガム。
それに反旗を翻す貧しい民衆が、
シャーウッドの森に集結して
王様に立ち向かうというお話。

アラン・リックマン演じる、イヤな王様。
手前はロビン・フッドの妻になるマリアン。

ノッティンガムには、マリアン通りとか、
リトル・ジョン(ロビンに手を貸す民衆の長)の鐘とか、
心躍るネーミングがいっぱい♪
もちろん、ちゃんとシャーウッドの森もあります♪

今回2回目の映画の会参加のAちゃんも言ってたけど、
このアラン・リックマンの王様は どこかコミカルでかわいいのだ♪

アラン・リックマンと言えば、最近では、
ハリー・ポッターシリーズの
「セブルス・スネイプ」(スネイプ先生)で有名♪

役で太って戻んなくなったのか、
「ダイ・ハード」の悪役のハンス・グルーバーないい男ぶりは
最近見られない(笑)↓


ハンス・グルーバー役の頃のアラン・リックマン。

「スネイプ先生」とか「ハンス・グルーバー」とか
そのまま言ってもすぐ通じるとこが ものすごく嬉しい、この会(笑)

この「ロビン・フッド」には、
まだかわいかった確か10代のクリスチャン・スレーターが出てる。
クリスチャン好きなAちゃんやKさんが反応♪もちろん私KYOKOも♪

一番新しい、ラッセル・クロウ演じる「ロビン・フッド」は
まだ見てないのだけど、
ラッセル・クロウが大好きなAさんがオススメなので
今度見なきゃ!!

カフェオープン以来 よく来ていただいてるAさんが
実は「映画好き」と知ったのは、
「映画の会」を開催するのを黒板に書いてから。

しかも同じく、「グラディエーター」ファンと知って
この日は、自宅からグラディエーターのパンフを
持ってきたのだ♪

自宅の本棚から 明日の映画の会に持ってくのは
どれが喜ばれるかな???と
考えながら選ぶの時間の幸せなことと言ったら!!!

TOPの写真が 私もAさんも大好きな
「グラディエーター」の1シーン♪

時は古代ローマ。
ローマ帝国が全盛期を迎え、
時の皇帝は、
民衆の関心を買うため、剣闘士同士の闘いの見世物を始めた。

コロッセオ(円形闘技場)で、
繰り広げられる死闘。
マルクス・アウレリス皇帝に
その誠実な人柄とたぐいまれな才能から
かわいがられていたローマ軍の将軍、
マキシマス(ラッセル・クロウ)。

亡き父(マルクス・アウレリス帝)からも姉からも慕われていたマキシマスを憎み
言われなき罪で処刑しようとし、
その妻子の命まで奪ってしまう残虐で哀れな皇帝の役が、
リバー・フェニックスの実弟、
ホアキン・フェニックス。

このグラディエーターがアカデミーを取るまでに人気を博したのは
今TVで流行ってる「半沢 直樹」にも通じるとこがある♪

妻子を殺されたマキシマスが 水面下で動き
剣闘士の闘いに勝ち続け、
上り詰めて最後は 皇帝と一騎打ち。

かっちょいい!!!マキシマス!!!!↑

父を自殺に追い込んだメガバンクの常務に復讐するため、
次々と昇進していく、半沢 直樹。

いつの時代もこんなストーリーは人気があるらしい♪

「半沢 直樹」はオーナーK氏が録画して
見ていたが、
私KYOKOは、見るのを避けていた(笑)

会社員時代の自分を思い出して
絶対ハマってしまうと思ったからである(笑)

その昔、機械が壊れて お客様を次々に待たせてしまい、
クレームの嵐が始まりだしたので
上司に言いに行くと
上司は それを聞いても会議に行こうとする・・・

「○○課長たちを待たせてるから・・」

「会議とお客様とどっちが大事ですか!!」

くってかかった私KYOKO(笑)
思えば 踊る大捜査線の青島を地でやってた(笑)
わーかわいくないあはははは

「事件は会議室じゃない 現場で起こってるんだ!」

こんなセリフが人気なのも、こんな上司が
実際ウヨウヨいるからだろうね(笑)

「半沢直樹」が人気なのは
彼が課長や次長になっても
気持ちが変わってないこともあるのかも(もう我慢できずに見てしまった・・笑)

みんな初めて役職になった時は燃えてるけど
(たまにイヤイヤやってる人もいるけど・・笑)
上に行くごとに悪しき風習に染まっていく人が多い(数ある上司を観察した結果)

男子社会において どんな先輩であっても
年下だったら逆らいにくいという体育会系な性質が
たまにはいい方向に働くこともあるけど、
なあなあやワイロ、派閥が出来てしまう原因なんじゃないかなあ(笑)
政治家もしかり。

興奮して長くなりそうですが、
興味ある方は読んでください(笑)

マキシマスに憧れてたKYOKOは、
いつも 上司の自分の仕事を残業時間にやらされ、
夜8時くらいにしか帰れない新人たちを救うため
作戦を考えた

「今日は絶対 定時で帰してあげるから 私の指示を
信じて!」
と朝 耳打ちし、

朝から 水面下で動き、
夕方に始める新人ちゃんたちの仕事を
細かく分け、
お客様のすいてる時間を見つけては
お客様対応は私と先輩(女性)が力を合わせてこなし
10分ごとに交代させ 夕方の作業を少しずつして、
夕方5時には すべてが完了。

「お先に失礼します!」

「そんなに早く終わるわけがない!!」と
自分の仕事を残業の合間にさせようとあてにしてた上司は面食らい
私KYOKOをにらみつける

「いえ、○○(仕事内容)も ○○も事務処理終わっております
○○主任に提出しております
失礼します!」

上司は言葉が出ないまま、
新人ちゃんを連れて退室。

出た瞬間、無言のバンザイを!!!

あーーーーあのマキシマス作戦は 楽しかったなあ!!!!!!

私の会社員時代を支えた、マキシマス↑

それと、
ランボー(笑)

ブサイクな上司にむっと来たときは、
007(笑)いい男でむかつきを浄化」(笑)↓

「007カジノロワイヤル」は仕事が一番きつい時だったので
仕事帰り、レイトショーを4回も見に行ってしまった(笑)

あんまり長いので
また ここらで終了(笑)

次回のダイジェストもお楽しみに!!!!!
(ほとんど私の変な話が多かった気がする・・すみませぬ・笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@映画の会

8月17日(土)19:00~

8月28日(水)20:00~

※・・好評につき、この会は終了しました

2 件のコメント

  • 面白すぎ???
    ・・・ウケるでしょ(笑)

    グラディエーターを書きだしてから
    指が止まらなくなりました(笑)

    この肉食感、今の男子に分けてあげたいです
    あはははは
    こんな思い出、山ほどあるから、
    本が一冊書けそうな熱血店長(笑)

    朝から ディープな内容におつきあい
    ありがとう(笑)あはは

  • !!!
    今 始業前の 空き時間に見てたんですが…

    面白過ぎます!!

    月曜日の朝には打って付けの内容(?!)でした(笑)

    次回も楽しみ~♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    カテゴリー