30年の月日は予想以上にすごかった。プレッシャーの同窓会あっという間に終わった【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、6月に招待状が来たときから、楽しみにしていた(わたしを苦しめていた?笑)同窓会はあっという間に終わりました(笑)。

ずっと頭の片隅にあったけど、1周間前は、「もう、どうにでもなれ!」と投げやりになっていた(笑)。

そう、ダイエットをしないといけないと思ったから、ずっと頭にあったのだ。

でも、会に出かけてみたら、想像以上に30年という月日は、人を変えていた(お前もそうだ)。

アメリカに行ったときのような気分になりました。

・・・なんだ、私、やせてる方やん?

サイテー?ゲスい?まあ、人間はこんなもんです(笑)。

つい、1周間前までは脳内でユーミンの「DESTENY(デスティニー)」が流れていたのに・・・です(笑)。




準備は大事

デスティニーの歌の内容は、「昔振られた彼氏を見返したくて、いつでも準備してきたのに、とうとう会った日はその日に限ってダサいサンダルを履いてた」

という感じの歌です(笑)。

痩せてたときに会は開かれず、油断しまくってる時に会は開かれる。

そんなもんです(笑)。

サッカーの川島選手のように「何が起きてもいいように、いつも準備しておく」それができないから、私なんだけどね・・(;_;)。

⇧楽しかった♪

会場で冷や汗

博多駅のプレ同窓会の時に、同窓会に行けないSちゃんから「何着て行くの?結婚式みたいなドレス?」と聞かれて、私もMちゃんも「えーーーっ そこまで気合入れたら逆に恥ずかしいよー、普通のだよー」

そう答えて出席した2人。

当日、会場には、髪を美容室でセットした女子、結婚式に呼ばれるようなドレスを着た女子や、なんと着物女子もチラホラ・・・。

えーーーっ 同窓会ってそんなに一大行事なの!?

ジャスミンの煩悩メモ

・・と会が始まった時は、私達のカジュアルさとみんなの差に冷や汗をかいていた2人だけど、時間が進んだら、もうどうでもよくなった(笑)。

まだシャツやブラウス着てたからよかったけどね。

結果的にドレス代もセット代もかからず、リーズナブルに楽しめたからいいか(笑)。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー