『007』のショックで1週間やる気なくしていた!?【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

今週はなんだかやる気が起きませんでした。

たぶん、日曜日に見た『007 No Time to Die』のせいだろう。

あれはひどい。

あれが最後なんて許せない・・・(泣)。

ここでその感想を書き出すと文句が止まらなくなるので、それはレビューで書かせていただきます笑。

ダニエルはやっぱりかっこよかった♪

しかし、なんかいらん女がいっぱい出てたな。

ジェームズ・ボンドはいつの間にか、女にサポートされる奴になってしまった。

あの黒人女子の007、ノーミがアストン・マーティンを運転して、ダニエルを乗せた。

お前が運転するなーーーーー怒!!その車はジェームズの物だ!

・・・と好きなアクション映画で女がいらんことをするとムカつく私笑。

映画の会では、「女に厳しい」「推しにワガママ」などみんな色々、私のことを言っている笑。

でもそれが楽しい笑。

映画の会では私は超リラックスしてるのだ。

「KYOKOさんが女がこういうのが嫌だとかいつも言うから、あーこのセリフ(や行動)、KYOKOさん嫌いやろうな・・って。そこだけ映画中に現実に引き戻されるんですよ!」

・・とMちゃんがクレームを言っていた笑。

ごもっとも笑。 一緒に行く人をそんな辛い目に合わせていたとは(→反省してない笑)。

女は女が主役のアクションに出たらええ。

『アトミック・ブロンド』や『レッド・スパロー』、『トゥーム・レイダー』とか、なんにも文句言ってないでしょ笑。

おととい、K氏とダニエルを再度観に行った(K氏にはもうすでに観たことは内緒笑)。

普通なら二回目見る時はテンションあがるんだけど、予約を入れる手にもため息が漏れる。

ジェリー好きの友達が、「2回目見る時は、とにかく、ダニエルだけに集中したらかなりいいよ!」とアドバイスをくれた笑(彼女もダニエル最終作なので2回見に行っている)。

なので2回目はダニエルの顔、まつ毛、ブルーアイズ、金髪、肩と腕の筋肉、胸板、キュッとしたヒップ、スーツのバリエーション、あのフッと笑う笑顔、ワルサーを構える手、すべて漏らさないように注視したら、すごくよかった。

雑魚い女は見ない。

ダニエルはやっぱり、トムみたいに乳首の位置は下がってなかった(余計なお世話)。

ちゃんと鍛えた裸を見せてくれたので、ラストらしくよかった(スペクターはなかったのでイラついた)。

2回目のラストあたりにくると寂しくなってしまった。

あーーーーーーーこんな鍛えたダニエルをもう見れないのか・・と。(すぐ太るからね)

やっぱり、かっこいい!!

K氏はとっても楽しんでいた。

「いやー久しぶりの大作って感じだったね!面白かった!!」

男はレア・セドゥが気にならないから、楽しめるのかな・・・。




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA