クリスマスケーキへの気合が減る、お土産があふれる机【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは!ジャスミンKYOKOです。

年々、クリスマスに食べるケーキは気合がなくなってきています(笑)。

予約もせず、帰りにあるケーキ屋さんにあったら買う、みたいな感じ。

3人家族なのでデコレーションは買わず、ショートケーキを3つ♪

まあ、気合を入れなくてもいいのは、前後にクリスマスランチやディナー、友達ともケーキを外で色々食べるから「家できちんと食べなくても平気になってきた」(むしろ食べすぎ)というのが正しい(笑)。

さて、最近も相変わらず色んな食べ物をもらって暮らしてる私(笑)。

TOP画像は空友Yの大阪出張のお土産、「たこ焼き味プリングルス」。

プリングルスはもともと濃い味だから、たこ焼き味も合う~。美味しかった!



お土産が机にあふれる日常

最近はお土産ラッシュで、休み明けには机にいっぱいお土産が乗っているという、嬉しい毎日。

これはシンガポール土産の、マーライオンチョコクッキー

シンガポールに行ったのは、もう20年くらい前だから、ユニバーサルやマリーナベイ・サンズもまだない時だったので、今行ったら相当夜景が綺麗だろう。

初めて海外でシンガポールに行った同僚女子は、もうハマってた(笑)。

日本人の初海外のチョイスとしてシンガポールは、正しい。

トイレも、街もきれいだし、食べ物も美味しい、治安がいい、飛行時間が短い。

・・・などと、「海外旅行がイヤにならない」条件が揃っているのだ♪

だから、うちの子供ちゃんの海外デビュー(当時2歳、今は21歳)もシンガポールを選んだのだった♪

今年からとうとう閉鎖になったマーライオン・タワー(全長20メートルくらいあってセントーサ島にある)。

私が行ったときは建ったばかりだったのに、あれから人気出なかったのね(笑)。

自由の女神みたいに中を昇れるタワーだったんだけど、やっぱりマーライオンは海沿いにある像の方が人気よね。

ウルトラマンの見すぎだった息子ちゃんはマーライオンタワー見て大泣きした(笑)。

そりゃあ、怪獣と思うよね(^_^;)。

ジャスミンKYOKOの煩悩メモ

⇧これはエストニアのお土産。タリンという城塞都市のチョコパイ。

エンゼルパイより、洋酒が効いてた(゚∀゚)。さすが、外国~。大人味で美味しい。

たぶん、イラストは旧市庁舎。エストニアはバルト3国の中の1つだ。

ヨーロッパのシリコンバレーと言われてて、現金を使わない、すべてがIT管理の先進的な国らしい。

すご!ここは北方十字軍の拠点だったらしいから(フィンランドの海を隔てた向かい側)そう聞いたら行かないわけにはいかん♪(十字軍に弱い・・)

しかし、寒いのよねえ・・・(^_^;)。




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー