教会かぶれは、映画に行く前から盛り上げる【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

昨日は、教会かぶれのAちゃんと一緒に、楽しみにしていた映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』を新しい映画館キノシネマで観てきた。

映画は、フランス映画でカトリックの神父の児童に対する性的虐待を告発する被害者たちのお話。

映画も面白かったので、かぶれトークがより盛り上がってすごく楽しい一日だった♪

かぶれの気分をより盛り上げるため、この日の午前中、Aちゃんが気になってたという、大名にある教会とそのショップに行ってきたのだ(徹底してる、かぶれ魂)。



大名にあるカトリックの教会


⇧天神にぞびえる、十字架と鐘の塔。

西通りを抜けたところにある「カトリック大名町教会」。

これから児童の性的虐待の映画を見る女がここに寄るのは不謹慎かもしれないけれど笑、本当の信者じゃないからこそ楽しめるミーハー見学です(^o^;)。

そういう暗黒の歴史も含めてカトリックになぜか惹かれる私たち。

この教会はすごく古い歴史を持つ教会だったけれど、改装をしたらしくコンクリート打ちっぱなしのどちらかというとプロテスタントの教会みたいなモダンな教会だった。(Aちゃん調べ)


⇧マリア様と奥にある教会のショップ

ミサの時間を書いてある掲示板に喜ぶ一同。

国際結婚したら苦痛になるかもしれないくせに日曜日のミサには行ってみたい映画かぶれかつ教会かぶれの2人なのである(笑)。

修道院クッキーなどの教会のお菓子があればいいなと思ったが、それは残念ながらなかった。神父さんがいる教会だからシスターのいる修道院とはまた違うんだろうね。

聖書や絵本、受胎告知などのハガキにウキウキ♪ 普通の絵本に見えるのにここに売ってあるってことは・・・物語の流れがカトリックの教えに沿っているのかも。

知らない間に洗脳されているのかもね笑(映画かぶれはうがった見方もする笑)。

聖書カバーや、メダイ、ロザリオなどが売ってあって、かぶれの心は騒ぐ♪

昔、カトリック系幼稚園出身とか聞くと、羨ましかったなあ。もちろん私は煩悩だらけのため、尼さんにはなれません(笑)。

このショップを観た後、大聖堂の方にも行ってみた。写真は撮れなかったけど、天井は高く、広い祭壇のお部屋だった。

ステンドグラスを観て感激したり、ひざまづく時用の板が設置してある椅子にちょっと座ってみたり笑。

奥に「告解の部屋」を観て「懺悔する部屋だ!」とウキウキしたり。

映画では、かなり凶悪なことをしてきた主人公が今までのすごい罪を打ち明けるけれど、それを知って人には絶対言わないんだろうか、神父や牧師さんは。(うがった見方)

電光掲示板が祭壇にあったので、教会に合わないよね、何に使うんだろうと言ってたら、Aちゃんはどこかの教会でも観たことあったらしい。

スマホで調べたら「賛美歌や聖書の今何番を歌ったり読み上げているかを来場者にわかるようにするもの」なんだって。(Aちゃん調べ)。

訪問してみると、また知識が増えていいよね(映画見るのにも役立つし)。

 

ジャスミンKYOKOの煩悩メモ


⇧ショップで買ったメダイ。

私はミーハー心丸出しで、左の赤いメダイを買った(350円くらい)。

マンガ「ベルサイユのばら」のオスカルの近衛兵隊長の制服の胸に掲げる胸章に似てるから笑。

メダイとはポルトガル語で、英語ならメダル、フランス語ならメダイユ。

記念コインのようなもので、お守りとは違い、お祈りの道具の一種らしい。

これを買ってテンションがあがった2人。出島や長崎の教会の話をしたり、グラバー園の話で盛り上がる。

グラバー園って私は「幕末の香り」と欧米かぶれが騒ぐ洋館が立ち並ぶので大好きなのだけど、なかなか何回も行こうと思う人が少ない。

K氏もその1人で「あそこは1回行けばもうそれでいい」みたいな雰囲気。出島も途中で飽きていたし(T_T)。異国情緒と幕末のミックスなんて最高の観光なのに。

Aちゃんもそこは同じで一緒に何回も行く人がいないらしい。かぶれの叶えられない不満もお互い言えるのも楽しい。

日本史、世界史とか宗教史や美術も興味がある人じゃないとここまで徹底的に語れないので、映画の会は最高の人材の集まりなのである♪





 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA