カフェ巡りは楽しい。田園風景とサンドイッチ。【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

1日半、実家に帰ってゆっくりしてきた。実家でブログを書くと言いながらしゃべりすぎて、投稿が結局昨日、自宅に帰ってからになってしまった。

実家に泊まった日、大雨警報アラームが朝の4時と6時に鳴ったのでよく眠れず昨日の夜は爆睡。

1日目は吉野ケ里の「窯焼きピザ フェリーチェ」に行ってきたが、翌日は江北町にある「AOGU(あおぐ)BAKE&SAND」というサンドイッチ専門店へ。

片道40分の快適なドライブ(妹運転)。



田園風景を眺めながらサンドイッチをほおばる


⇧入り口を入ったとこにあるカウンター。

素敵!!ところどころにドライフラワーが飾られ、おしゃれなかご。木のぬくもりと和とナチュラルをかけ合わせた感じ。

このガラスケースにサンドイッチがあり、トレイに自分で好きなのを選んでレジへ。

 


⇧「AOGU」の入り口。

あーーー私の好きな配置。看板とこの傘のある白熱電球のライトの組み合わせ。

自分のカフェでも、この部分がかなり好きでした♥(ネイバーズの看板は錆びさせた鉄板に文字を切り抜き)。


⇧こういう古い棚をオシャレに使えるのが、素敵。ナスが売っててもダサくならないとこが上級者!(上から目線で言うな)


⇧見渡す限り、田んぼ田んぼ田んぼ!

今はどんなへんぴな田舎でも、Facebookやインスタがあれば、カフェ好き女子がどこからでもやってくる。

景色が田んぼでもオシャレカフェになり、誰もいない山の中でもお客さんが来てくれるからいいよね。今は街の中心部に出す必要もないからいいね♪。

ほんと、ここはナビがないとまずわからないくらい目印がなかった笑。

「AOGU BAKE and SAND」のFacebookを見る

ジャスミンKYOKOの煩悩メモ


⇧カフェオレ550円と、カマンベールとマスタードチキン、もものハムのサンドイッチ480円。

サンドイッチ、美味しかった♥。

「AOGU BAKE and SAND」のFacebookを見る

考えてみれば、妹の運転で遠くに行くってなかったから新鮮だった。

いつも私が運転してたからだ。(→運転大好き)

佐賀にいる時は愛車が私を自由な世界に連れてってくれたので、ほんと車が手放せなかった。

福岡に来たら、毎回駐車場を探すのも大変で、電車の生活に慣れた♪

福岡の映画館の数に慣れたら、もう佐賀には戻れないなあとたまに思う(笑)。

保守的白人の村(私が自分の田舎を総称する例え。よそ者が嫌いで人々の噂でなりたってる町)で、ああいうオシャレカフェを開ける人というのは、ほんとうに人間もナチュラルなんだろうな。

地域の人とうまく自然にやっていける人に違いない笑。

パティシェの姪、手芸が得意な妹、発信が得意で一度カフェを開いたことがある私、日曜大工をする父上、園芸が好きな母上がいるため私の実家も改造したら、こういうカフェを開けなくはない♪笑。

何回も思い描いたことはあるが、あの町では無理である笑。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA