私のたまに働く直感、母上楽天めでたく開通【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

モーニン、ジャスミンKYOKOです。

昨日は実家に帰っておりました。「準備中」の楽天が「開通可能」になったので、どうせなら1年無料になる4月7日までに開通しようじゃないかと、休みでもあったので朝から特急乗ってやってきた。

えらいでしょ?笑

今週金曜日にも友達の誕生日で帰るのにね笑。

TOP画像は母上仕様に無駄なアプリは隠すかアンインストールした最終形態笑。

電話とカメラと時計があればこれでOK。その後LINEをインストールしてあげた。

開通して、母上にやり方を図解で書いて教え、今回はRakuten-miniのスマホなのでSDカードがないため、そのまま移すことができず連絡先をすべて手入力して帰ってきた。

帰りには後輩の母上のお通夜に寄って今回はJRで帰宅。

疲れ果てて昨日は帰ってから爆睡。

佐賀に帰ってた日だったからお通夜にすぐ寄れてほんと、よかった。

前日は後輩の誕生日だったけれど、なぜかその日は「誕生日おめでとう」のラインを送る気になれなかった。

なんか後輩がそのメッセージに対して返信を送るどころじゃない気がしたのだ。それが仕事なのか何かはわからなかったけど。

会ったときにおめでとうと言えばいいや。

ラインはしなかったのに、一日その後輩のことが頭から離れなかった。毎年誕生日は来るのにそんな変な日だった。

Rakuten開通可能になったのもその日で、本当は休みのしょっぱなに終わらせてしまいたい気持ちがあったのに、急に今日来るということで甥っ子を預かってる母上もバタバタさせてしまうし、じゃあ、7日までに開通すれば1年無料だからと、また電話して「やっぱり明日来るけん」と変更。

翌朝、バスに乗る15分前に友達から「後輩の母上が亡くなったらしい」とラインが。喪服や靴・数珠をバッグに大急ぎで詰めて乗ることができた。

誕生日のラインをなぜかしたくなかった理由がその時にわかった。

佐賀に帰る日をずらしたのも知らない間に導かれてたのかも。後輩に会えてよかった。

Rakutenの解約の仕方とe-simのデータ削除とスマホの初期化の記事を「身軽女子へ脱皮ブログ」の方で書いた♪これで宣言もう1個達成。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー