待ちわびた007、10月1日に公開決定!【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

先週の朝、駅から会社まで歩いていたら、まるでトムのように太ももをあげた走り方をする高校生に追い抜かれた笑。

朝から元気だね、よろしい笑。

早くトムの『Mi-シリーズ』観たい。

さて、この前Mちゃんが「007、とうとう決まりましたよ!!10月1日に!!」

!!!!

嬉しい!!やっとダニエルが見れる!!!

1年半以上も待たされた!ようやく中洲大洋のあの看板も報われる時がきたな。

TOP画像は、その中州大洋に貼られ続けたままのダニエル。まあ、私はずっと貼られたままの方が嬉しいけどね。

4月にMちゃんとAちゃんと中洲大洋に「午前十時の映画祭」の『ザ・ロック』を見に行った時、このダニエルの前でぺちゃくちゃ談笑していたら。

一人の女性(私と同世代くらい)が、「あの、お話中すみません(汗)そこの写真を撮らせてもらってもいいですか?」

ダニエルのポスターの写真を撮りたいらしい。

「どうぞどうぞ」と私達が場所を譲ると、写真を撮り終えたその女性が「・・・好きなんです」と照れながら言われたので、私も乗っかって「私も大好きです!!」と言って盛り上がった笑。

ダニエルよ、世の女性をこんなに待たせてるんだから、007は面白くないといけないし、007終わった後も『ナイブズアウト』みたいにまんまるに太ったらダメよ!!

幸せ太りとかネットに書いてあるけど、そんなの認めないわ!(アホ)

ボンドが黒人やアジア人になったり、女になったら、見る気失せそうだな。

世の中の流れがどうであろうと、往年のシリーズはこのままでいきましょうよ。そんなに女で作りたいなら別にシリーズを立ち上げたらいいやんか。

洋画好きの楽しみをこれ以上奪うなかれ。世情に忖度しないでくれハリウッドよ。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー