頤和園(いわえん)で癒やしの中華と目標追加【ジャスミンKYOKOの煩悩メモ】

こんばんは、ジャスミンKYOKOです。

バレンタインデー、自分のためにエクレアを買いました(笑)。

昨日、コロナの関係でなかなか福岡空港に遊びに行けないので、空友Yと今泉の美味しい中華やさん「頤和園(いわえん)」で、海鮮塩焼きそばを食べることに。

小籠包などに目移りしてしまって、海鮮塩焼きそばをついシェアしてしまったけれど、次回来た時はやっぱり一人前全部食べたい!!と2人とも改めて思うほど、やっぱり美味しかった!

TOP画像は、牡蠣の唐辛子炒め?赤いのは唐辛子で、これが多すぎて牡蠣が少なかった(笑)。でもすごく美味しかった♪




今年の目標に「相談されにくい人になる」を追加(笑)


⇧これが、すごく美味しい「海鮮塩焼きそば」!!

てんびん座の習性からか、わたくしジャスミンは「平和主義」がモットー。

なので人との調和が大事とつい考えてしまい、調和が「我慢」になってることが多くないですか?と先週の占いに書いてあった。

ずっと長所と思ってきた「相談しやすいキャラ」が、自分の首を締めてきたことをようやく最近自分で認めることが出来た。

そうか、自分のせいだったのか。

長年の悩みの、「相談相手が、私の(時間、疲れ、抱えている悩み)などを考えず、昼夜を問わず相談がエスカレートしていき 最後には逆に自分が疲れてしまう問題」がアラフィフになっても治らないのは、自分のキャラに問題があったと気づいた。

なんでそういう人ばかり、自分の周りに集まってくるのかが、ずっと不思議だったけど(笑)、自分が「相談しやすいキャラ」を長所と思いこんでいたからだった(笑)。

変に口が堅いのと、自分の色んな経験を検証してきたデータがあるのと、共感能力が高い(自分で言うな)ので、より相談者の心に寄り添うことができ、しかも具体的なアドバイスができる。

自分に頼ってきた人を助けるのは、持ってうまれた「正義感」と、それこそが相手に対する「誠実さ」と思って信念でやってきた。

しかし具体的にアドバイスをしすぎるからか、もともと依存が激しいタイプだからか、相談した人は自分で考えることを、はなからせず、「このケースは?」「これは?」「これはどうしたら?」とヒートアップしていき、私が最終的にグッタリ・・・。

ああっ これだ、今までずっとこれの繰り返しじゃないか!

方法は電話▶メール▶ラインと変わっても、私が楽しい気分のときも、仕事で疲れているときも朝からも、夜帰ってからも連絡が来て魂が削り取られていく(映画「テッド・バンディ」で書いたスペースバンパイアね)。

相談を聞いてる途中でふいに客観的にその人を眺める瞬間がある。

すると相談者は自分の悩みを解決するのにせいいっぱいで、これっぽっちも私の時間や疲れのこと、考えてないな・・・と気づく。

そしてそれに傷つく。仲良いと思ってる人だとなおさらだ。

相談受けた上に、自分が傷つくのも変だ。時間が奪われるのはイヤだけど、たぶん一番疲れるのはこれが理由だと思う。

ずっとブログでも書いてきて、お姉さんキャラだから気をつけないと!と用心しているのに、毎回知らない間に陥落(笑)。やり方がうまいんだろうなあ。

そういう人は今までの分析で、自分だけじゃなく色んな人に相談すると分かっているから、自分が先頭切ってがんばる必要はないのにバカだよね(^o^;)。

色んな人に相談してるなら、私のとこに相談しないでくれたらありがたいのにと思うだけだったけど、自分のそのキャラを封印しないと「自分の心と時間を守れない」と悟った。

自分のずっと長所だと思ってきた部分を否定するのは勇気がいったが、今年の目標は「相談しにくい人になる」だ(笑)。

 

ジャスミンKYOKOの煩悩メモ

小籠包、美味しかったなあ。もっと食べたかった。

アラフィフは、とにかく時間が大事だ。

やりたいこともいっぱいあるし、行きたい場所もたくさんある。自分の問題解決のことばかりで相手の時間を考えてくれない人との時間は、考えていく必要がある。

妙にタフだから、どんなに仕事が忙しくても対応してしまうってのもダメなとこだな(笑)。

この人は甘えれば、無料奉仕してくれるって、どっかでなめられてるんだろうな。

なかなか人に甘えることが出来ない人だけ 助けることにしよう。

甘え下手な人は一度相談に乗ったら、その後連チャンで頼らないから私がエネルギー奪われることもなく、ただ「いいことした♪」で終わるからね。

癒やしの中華と空友Yとの会話で、疲れが取れてスッキリ♪




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー